2018年2月19日 (月)

薩摩義士の話

鹿児島に行ったのは2012年だったから、もう6年くらい前になる。20180219
どうも年を取ると「ついこの前」が、5~6年くらい前になり、若い世代と時間に関するギャップを感じる。
その鹿児島に行った時のことをブログに書いたが、その中の「鹿児島の旅 その3~1日目、城山近辺へ」 でほんの少しだけ、今回のテーマに触れている。

そこでは「木曽川三川の洪水土木工事を江戸幕府に命ぜられ、苦難の中見事にやりきった人を祀った『薩摩義士碑』。」と書いてあるが、この話は私の住む地方の江戸時代の頃の話だ。

偶然なのだが、私が(多分)小学校の頃にこの話を読み、しかもとても印象深く覚えていたが、残念ながら私の地方でも、この話を知っている人はとても少ない(というか、知っている人に会った事がない)。

「薩摩義士伝」で検索すると、「平田弘史」という人の漫画がヒットするから、もしかすると普通の人は「漫画作品」として認識しているかもしれない。

ウィキペディアによると・・・・
 1753年(宝暦3年)12月25日江戸幕府老中・西尾忠尚は薩摩藩に命じて濃尾地方の木曽川、長良川、揖斐川の3河川の治水事業にあたらせた。これは幕府の、雄藩をあまり富裕ならしめないための政策手段でもあったが、この3河川は、その流域が今日の長野、岐阜、愛知、三重、滋賀の五県にわたり、とりわけそのうち南北15里、東西2里では、多くの本支流が交錯し、容易ならざる難事業であった。そのうえ寛保年間以後、11年間にわたって洪水が頻発し、惨状を呈していた。

 そのために幕府の厳命、督促は猶予がなく、薩摩藩は死力をつくしてこれにあたった。藩主島津重年の命によって家老平田靱負正輔、大目付伊集院十蔵久東らが工事を担当し、留守居山沢小左衛門盛福、普請奉行川上彦九郎親英らとともに、美濃国大牧村を本陣として、1754年(宝暦4年)2月5日から工事に着手し、5月22日ひとまず工事を中止し、同年9月21日さらに勘定頭倉橋武右衛門が参加し、翌1755年(宝暦5年)3月28日ついに工事を完成し、幕府目付牧野織部、勘定吟味役細井九郎助らあらたに江戸からくだった検使は、地元の検使とともに、同年4月16日から5月22日まで、一ヶ月余にわたって本検分をすませた。

 薩摩藩はこの工事で、数十万両もの莫大な経費を負担した。幕府側の妨害工作などによる過労のため病となり生命を落としたり、あるいは横暴な幕府側への抗議のために切腹して果てる者を多数出した。総奉行平田靱負は工事完遂を見届け、この難事業の責任を取る形で切腹した。藩主重年も後を追う様に病没した。

 1938年(昭和13年)に、平田靱負ら85名の「薩摩義士」を、「祭神」に『治水神社』(岐阜県海津市海津町油島)が建立された。

この最後に書いてある「治水神社」にあるきっかけがあって昨年末に行った。
「あるきっかけ」とは、すぐそばにある「木曽三川公園」でイルミネーションをやっていて、さらに駐車も入場も無料と知ったので、どんなもんかと思ったからだ。

公園に入る前に「治水神社」とあったので「もしかすると薩摩義士の」と思って寄ったら、まさにそうで、今も少しだけ松林が残り、薩摩藩の人たちをちゃんと祀ってあって、感慨深かった。

たまたま私は小学校の読書感想文としてこの話を読んだから知っていたが、遠い薩摩の人たちの、本当に辛い出来事を、もう少し地元としては知っておいてほしいなぁと神前で手を合わせながら思った。

特に、子供ながらに記憶に残ったのは、総奉行平田靱負の切腹。
本当かどうか分からないが、幕府の仕打ちが許せず、切腹し自分の内臓を取り出し、江戸方面の襖に向かって投げつけたという話は、あまりに壮絶で忘れられない。
だからこそ「治水神社」で手を合わせることが出来たのは、嬉しかった。
こんな感じで、なんだか最近は、すぐ足元にある史跡や記念碑などにも気づき、きっかけがあれば訪ねようと思っている。

| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

歴史と海と台風と(その3)

(続き)
少し早めにホテルにチェックイン。
夕食なしのプランで宿泊だったので、少し休憩してから事前に調べておいた「日帰り温泉(スーパー銭湯?)」に出かけた。
金曜の夜だったので、混むかと思ったがそうでもなく夕飯も「紅葉定食」とリーズナブルのものがあったので、それで満喫した。
0705
明日香村は夜になると本当に真っ暗で、ホテルに入る前にコンビニに寄ろうと思ったら、10分くらい回り道しなくていけなかった。
寝る前に、ホテルの大浴場(といっても、数名くらいの規模だが)に入ったが、誰もおらず、翌朝のお風呂でも貸切だった。

翌朝の朝食では他のお客さんと顔を合わせたが、それまでは若いカップルの一組しか会わなかったので、天気の関係や翌週に大きなイベントがある(らしい)ことなどから、空いている施設だった。

天気予報どおり朝から雨。
チェックアウトしてナビで「海遊館」へ。
大阪は慣れていない上に、高速は複雑だし雨降りで、途中でもスリップ事故があったりで、かなり気を使った運転になったが、何とか無事に到着。
近くの駐車場はとても高いと聞いていたので、少し離れたところで、しかも土日も同じ金額の駐車場に停めた。

入場券購入で並びやっと入場。
今回は、会社の厚生サービスを利用したので、通常より安い金額で入場できた。
雨のせいか3連休のせいか、入り口からしばらくかなり混雑していたが、会場アナウンスで言われていた通り、下のほうに降りていくと割りと空いていた。

メインの水槽にはジンベイザメが2匹(頭?)、他にもたくさんの種類のエイやサカナが一緒に悠々と泳いでいた。
面白かったのが、餌をもらうことに慣れきってしまって、まったく覇気のないラッコと、いわしの群れがあんなに大きな口を開けて泳いでいる姿など、他ではなかなか見られないものがあり、本来の目的だった「ジンベイザメ」より妙に印象に残った。

11時前に入場して出たのが2時過ぎ。
どうも最近はどこに行っても、ゆっくり見るようになってしまって、きっと団体ツアー旅行のペースには付いていけないなぁと思っている。
ホテルで朝食を食べただけだったので、お腹が空いて隣接する商業施設で昼食。
時間がずれているから大丈夫かと思ったが、休みの日でもあるせいか、どこも並んでいる。
結局「せっかく大阪だから」とお好み焼きの店舗に少し並び「お好み焼き」+「焼きそば」+「とん平焼き」+「ゲソ焼き」のセットを食べた。

お腹が膨れて帰路へ。
雨は相変わらず降り続いていて、行きと同じ道で帰ったが、西名阪の山の方は雨で視界が悪く、さらに対向車からの水しぶきにも怯えながら運転になった。
今まで京都とか江戸時代のものを巡る旅行はしてきたけれど、奈良はもう少し時代が古いのでなかなか行けていない。
私の住む地域からも京都と同じくらい近いから、これからも行ってみようかなと思っている。

このブログでも何度か紹介するように、いろいろなところに出かければ出かけるほど、行ってみたいところが増える。
それはそれで、健康なうちに行けるように気をつけるから良いとしようか・・・・・

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

歴史と海と台風と(その2)

(続き)
「道の駅 針テラス」 (ちなみに「針」は土地の名前らしい)で少し休憩して再出発。
最初のナビでは「天理」から南下して明日香村に向かう予定だったが、この「針テラス」は分岐点でもあったようで、「桜井市」「大和橿原」へ経て明日香村に到着するコースに変更になった。0402

明日香村は事前に調べて「レンタサイクル」で回る予定にしていた。
ネットで調べると複数の場所でやっているようで、駐車場が無料のところを選んで行って見た。
到着した営業所はちょうど無人で、電話したら「他のところではダメですか?」と言われてびっくりしたが、電話の向こうで「いいよ」と声がして、しばらくしたら係りのオジサンが来てくれた。

手続きして午後5時まで800円。さらにネットのクーポンを見せて200円引きにしてもらって自転車を借りた。
電動自転車もあったが「大丈夫じゃない?」と思ったので普通のものを借りたが、後から考えれば「電動」にすれば良かったと思う道もあった。

このレンタサイクルで巡ったのは「亀石」→「橘寺」→「岡寺」→「石舞台」→「飛鳥寺」→「酒船石」の順番。最後に借りたレンタサイクルの営業に戻ったのが3時過ぎになり、「余裕があったら長谷寺」なんて全然無理だった。
それと、当たり前かもしれないけれど、それぞれにお金が必要で、レンタサイクルとセットでパスポートチケットみたいのがあると便利なんじゃないかと巡ってみて思った。

●石造物類
巡れたのは「亀石」「酒船石」そして「橘寺」にあった「二面石」だけだったが、明日香村にはこのような石造物があちらこちらにある。
なんのためのものなのか分からないものもあるようだが、自転車でしか行けないようなところにあったりして、なかなか面白かった。

●寺社
巡ったのは「橘寺」「岡寺」「飛鳥寺」の3箇所。
事前に知っていたのは「飛鳥寺」くらいで、ここは日本最古の仏教寺であるとTVで知ってから来てみたかった。
「橘寺」は知らなかったけれど「聖徳太子(今は厩戸皇子)」の生誕の地と言われていた。お庭には昔の金堂や五重塔跡もあり、もしも現存していたら大きな寺社だったのだろうと楽しく想像できた。
「岡寺」もたまたまコースにあったので寄ったが、これが山の上にあるお寺で、息切れしてしまった。
ここは日本最大の塑像の観音像が有名らしく、そして楼門や三重塔などもあり、苦労して上がってよかったお寺だった。
そして苦労して登ったおかげで、三重塔から明日香村を見渡すことができた。
「飛鳥寺」も昔は大きな敷地だったようだが、今は本当に小さくしか残っていない。
けれど、ここは「飛鳥大仏」などの仏像を撮影して良いとのことで、せっかくなので撮らせてもらった。

●石舞台
明日香村といえばここが一番有名。
一説では蘇我馬子の墓とも言われているが、詳しくは分かっていないらしい。
外から見る姿はよく写真で見るので、そうでもなかったが、中に入って大きさを実感した。
石棺があったとしたら、どんなふうだったのだろうと妄想は膨らむ広さだった。

距離はそんなに動いていないが、1つ1つ「へぇ~~」などと思いながら見ていくので、思ったより時間が掛かる。
石舞台のそばの「旬菜館 ポカ フレール」 でランチにしたが、ここの「旬の野菜と古代米のワンプレートランチ」が美味しかった。
古代米も野菜もとても素材の甘さが良くって、1000円だったが、これが都会だと倍くらいの値段だろうけれど、ある意味とっても贅沢なランチなんだろう。

レンタサイクルを返して「高松塚古墳」へ。
これがまた思ったより狭い道を入っていって(あとからそれは裏道と分かったが)、復元された古墳と近くの壁画展示館に寄り、ホテル近くの「飛鳥資料館」 に入り、明日香村散策は終了。
全体を通して、飛鳥や古墳などの基礎知識がなくて、とっても表面的だけの散策になってしまったが、これをきっかけにこの時代のことも興味を持てそうだった。
ただ、江戸や幕末と違い資料が乏しいので、半分以上が「想像」になっていることがこの時代の特徴と言えるかも知れない。
(さらに続く)

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

歴史と海と台風と(その1)

定年再雇用になって良かったのは、今までよりも「有休とって旅行に」が言いやすくなったこと。
役職の時には、なんだかんだと会議があったり、部下のメールも確認したりしていたが、役職が外れ、さらに再雇用になり、自分の業務の都合さえ付ければ良くなった。
02
良くないのは当たり前だが収入が減ったこと。
だから「旅行には行きやすくなったけれど、リーズナブルな心がけ」が必要になった。
今までも決して贅沢な旅を楽しんだわけじゃないけれど、これからは一層緊縮財政で計画しないといけないと思っている。

と言いつつ、やっぱり「出かけられるうちに」とも思うわけで、9月に1泊2日で奈良と大阪に行ってきた。
大阪は「海遊館」、奈良は「明日香村」とずいぶん目的が異なるが、前々から「行ってみたい」と思っていたことと、私の住む地域からは同じ方向にあることで、この組み合わせにした。

最初は初日に「海遊館」に行って、奈良に宿泊。2日目に「明日香村」を巡り、もしも余裕があれば新薬師寺か長谷寺に行くというざっくりした計画でいた。
なので、奈良と明日香村との中間ぐらいにリーズナブルなホテルがあったので、そこを予約していたが、意外に距離があり、「朝から明日香村を散策」するなら、もう少し近い方が良いと思い直し、明日香村近くの施設に予約をし直した。

1週間くらい前までには「2日とも晴れ」の天気予報だったが、だんだん台風が近づいてきて「大丈夫か?」と思えるようになった。
結果的にこの台風は九州・四国・本州・北海道と日本中を上陸し、各地は大きな被害にあったのだが、とにかく「台風の動き次第の旅程」になったのは間違いない。
3連休の1日前を有休にしていたが、当初の「海遊館」→「明日香村」を逆にして「明日香村」→「海遊館」に急遽予定を変えての出発になった。

予報によると遅くなればなるほど台風が近づくことになっている。
明日香村まで3時間くらいだからゆっくりの出発でも良いけれど、とにかく天気は不安なので、少し早めに出た。
東名阪までは高速道路で行き、亀山からは西名阪国道。この道は白浜に行った帰り に使ったから、少し慣れていた。
東名阪は、いつもは渋滞する道路だが早めの出発が良かったのか、とにかく順調にクルマを走らせた。

2時間過ぎた頃から「ちょっと一休み」したくなったが、走っているのは自動車専用国道で、サービスエリアはない。「道の駅くらいは」と探しながら走っていたら、ちょうど「道の駅 針テラス」 の看板を見つけた。
入ってみたら大きな「道の駅」で日帰り温泉施設があり、かなり広い駐車場もあり、どうやらトラックドライバーには有名なところのようだった。
(つづく)

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

松山城と道後温泉への旅 その3

先週、めでたく(?)60歳になった。還暦だって!
この話題は次回にするとして、今日は前回からの続き。

「道後温泉」
からまた市電に乗って、ホテルへ。
ちょっと休憩して夕飯へ。
今回の宿泊先はビジネスホテルなので、朝食だけにして夕食は外。20170807_03
だから市内中心の「大街道」近くにホテルを取った。
ホテルにあるガイドやネットでお店を見て1件目に行ったら、「合い席なら」と言われて諦めた。
やっぱりネットで良い評価されていると混んでいる。けれど経験的に飛び込みで入っても美味しい店もある。
希望としては「鯛茶漬け」が食べられるところだったが、なかなか良さそうな所がなく、あまり高くなくリーズナブルそうなお店に入った。

これが結果として良くて、濃いしょうゆベースで食べる「鯛茶漬け」も付いていて、天ぷらもじゃこ天も、どれも美味しい定食で満腹になってしまった。
その後、「松山城」へ。
本当なら翌日の予定だったが、ちょうどその日から「光のおもてなしin松山城 2017」が始まり夜9時半まで天守閣以外は入場可能とのことで、行ってみた。

松山城は市内の小高い山の上にある城郭で、最初から歩くことは諦めてロープウエイに頼った。
近づくにつれライトアップされた天守閣が見えてきた。
お城好きとしては、さまざまな形をしたイルミネーションはちょっと邪魔だったけれど、暗闇に浮かぶ高い石垣や天守閣が幻想的で、さらに想像よりも城郭も大きく、夜のお城見物を堪能した。

そして翌日。
バイキングの朝食にも「じゃこ天」があり、前回にも書いたけれど「3食続けて」じゃこ天尽くしの松山滞在になってしまった。
13時半に松山を出発する列車なので、早めにチェックアウトして再度松山城へ。
やっぱり石垣が高い。
そして天守閣も良い。
さらに城郭としてコンパクトだけれど「升形」があちこちにあるし、「狭間」も多く、守りの堅そうな城なんだなぁと感じられた。
現存天守閣は、もう見学するだけで楽しい。歴史を読んだり、展示物を見たり、他の観光客がさっさと通り過ぎていくが、時間もあることなので、ゆっくり楽しんだ。
天守閣の窓に中国人らしい夫婦がどっかり座って動かないのには閉口したが、大きさも歴史もたっぷり楽しませてもらった。

これであとは「時間があれば」と思っていたところもあったが、あまりの暑さに高島屋に避難。
お土産もホテルで買ったし、時間まで涼んだ後に、市電でJR松山駅へ。
これ以上の場所はレンタカーが必要だと思ったが、これで松山・道後温泉としては十分に楽しんだ。
現存天守閣のうち、これで犬山城、彦根城、松本城、丸岡城、姫路城、高知城と合わせて7つ出かけた。
高知城は20代の時だったから、もう一度行きたいが、次の目標は松江城かな?

| | コメント (2)

2017年8月 7日 (月)

松山城と道後温泉への旅 その2

新幹線での岡山までは本当に「あっ」と言う間だったが、「岡山」から「松山」までは、2時間40分と少し掛かる。20170731_02

「本州四国連絡橋」を渡る時は、ちょっと盛り上がったが、島影や瀬戸内海を見ているうちに終わってしまい、四国上陸後は延々と沿線風景を眺めるだけとなった。

松山に近づくと、遠くに「松山城」を発見!そして1時過ぎに松山に到着。
到着して驚いたのが、未だに「自動改札」でない!
久しぶりに駅員に切符を手渡したが、どうやら伊予鉄道の「松山市駅」の方が中心なのだろうか?
お腹も空いていたので、駅にあるうどん屋さんで「ぶっかけ」+「じゃこ天」を食べた。
これを始めに、夕食~次の日の朝食と続けざまに「じゃこ天」を食べたが、みんな少しずつ味が違って面白かった。

予定では3~4回くらい乗るので、1日券が良いかと市電の1dayチケットを購入して市電に乗り込んだ。
ホテルは市内の中心の「大街道」なので、そこに行く市電に乗ったつもりが、その手前の「松山市駅」で電車は終着で、また乗り換えて「大街道」へ。1dayチケットにしておいて良かった!
駅からすぐにホテルがあり、チェックイン時刻より1時間も早かったが、部屋の準備が出来ており、チェックインさせてもらえた。

さっそく荷物を置いて最初の目的地の「道後温泉」へ。
しかし、今年はどこに行っても暑い。この暑いのに「温泉」と思いながらも、市電に乗って行って来た。
「道後温泉駅」に到着して、お土産通りを通って到着。
「個室は空いてますか?」と聞くと15時と中途半端な時間のせいか「今なら、すぐ良いですよ」と言われ即決。

各階に案内の人がいて、個室へ。
浴衣に着替え、最初は「霊の湯(たまのゆ)」。ほんのり温泉の匂いだけれど、肌にやさしく少し熱めで、深めの浴槽に入浴。気持ちよい~~~。
「ついに道後温泉に来たなぁ~~」と一人ニヤニヤしてしまった。
その後、「神の湯」。男性は2つあるのだが、もう暑くて片方に入っただけで、出てしまった。

この「個室コース」「坊ちゃんの間」を見られたり、「又新殿」の見学が可能で、特に「又新殿」が面白かった。ここは、昭和天皇の時代まで皇室専用のお部屋だということで、部屋の作りや武者隠しなど、興味深かった。
たまたま外人の人に通訳が案内していたが、私が道後温泉の案内にいろいろ聞くと、その答えを通訳すると言う不思議な関係で見学していたが、一番外人が食いついていたのはトイレだった。
やはり外国の人には「エンペラー」というのは、とっても厳かな感じがするものなのだろう。

最後に「道後温泉本館」を1周回って写真を撮り、お土産通りでカキ氷を食べて汗を引かせ、道後温泉公園に寄ったが、そこで出会った猫は呼んだら寄って来て、さらに私の座っているベンチに来て、ぴったりくっついて座ってきた。妙に慣れていたが、いったい野良なのか?観光客に慣れているのか?
あまりの不思議経験で、写真を撮ることも忘れてしまったが、こんな出来事も旅の面白さだ(つづく)

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

松山城と道後温泉への旅 その1

お城と温泉。
1月の終わりにも「城と温泉とパンダの旅」 として出かけてきたが、この時の本当の中心は昨年生まれた「パンダ」だった。
宿泊ホテルの温泉と和歌山城も確かに「温泉とお城」だったが、「せっかく行くなら」として温泉とお城を付け加えての旅行だった。
20170724_01
でも今回は違う。
「松山城と道後温泉」にした理由はいくつかある。
理由その1
「ブラタモリ」で2回に渡って放送され、意外と距離が近いと分かったこと。
理由その2
松山城が「現存天守12城」であること。
理由その3
道後温泉が耐震のため「今年秋から工事」になること。
特にこの「その3」があったので、今年行くことを決めた。

このブログを始めて10年以上になり、いくつかの定番記事があるが「旅の記録」も大きな定番記事になっている。
「旅行に行こうかな~~」と思ってから最初に悩むのは「行き方」だが、今回は最初から「クルマ」はあきらめた。
若い時には一人の運転で高知に行ったりもしたが、もうちょっと無理になった。
疲れるし、眠くなる。
だから今回は「JR+ホテル」のセットで申し込んだ。

これにもかなり慣れてきたので、ネットで申し込んだ。
で、1ヶ月前を切る頃にJRのチケットが届いた。7月の3連休の1日前を有給にして1泊2日、さらに出かけるところが「道後温泉」「松山城」。あとは現地で判断と、あまりガッツリ予定を立てずに出かけた。

私の住む街の駅を8時過ぎに出発する新幹線に乗り、まずは岡山へ。
岡山に近づく頃から何度かスマホに「災害情報」が流れ、局地的な豪雨が私の住む地方で発生したようだったが、新幹線は時刻通り運行してくれた。
ちなみに豪雨は本当に局地的らしく私の住む地区は大丈夫だった。

チケットを依頼したのはJR系の旅行代理店なので、乗り継ぎも少し余裕のある列車にしてくれる。
以前、鹿児島に行った時には、観光客の乗降に時間が取られ、博多に到着した時には10分ほど遅れた(この時も乗り継ぎに余裕があったから、大丈夫だったけれど)。
岡山での乗り継ぎは40分くらい。なので、乗り継ぎホームの確認も、トイレも、お土産売り場も余裕で周り、列車に乗り込んだ。
列車名は「しおかぜ7号」
岡山を出るとすぐに「本州四国連絡橋」「児島・坂出ルート(通称:瀬戸大橋)」を渡る。
四国には2回行ったことがあるが、この「本州四国連絡橋」が掛かる前で、初めての陸路だけでの四国上陸となった。そして愛媛にも初めての訪問となった(つづく)。

左にアルバムを作成したので、興味ある人は見てください。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

城と温泉とパンダの旅(その3)

さて、泊まったホテルは「アドベンチャーワールド」がすぐ近く。
開場時間に合わせて、チェックアウトして出発すると、前後のワンボックスカーも同じ目的地に向かって走る。
やはり「前日温泉、翌日アドベンチャーワールド」というのは、誰もが考えるコースのようだ。20170220_panda

到着したのは開場したばかりの時間。
すぐにチケットを購入して入場。開場したばかりだったで、スタッフが手を振ってお出迎えしていた。
まずは「パンダの赤ちゃんを」とMAPを見ながら向う。
入り口近くのコーナーには2頭が朝ご飯中。それを少しだけ見て、「赤ちゃん」のいる施設まで(一番奥だった!)まで急ぎ足で向かった。
ちょうど前日から「お母さんパンダと一緒に公開」とニュースでやっていて、それなりに混むのだろうと覚悟した。
到着したら、かなりの人だったけれど、東京のように「もの凄い数の人で何時間も待つ」という状態ではなった。
スタッフの説明が少しあって、「このあとお母さんが登場です」となり、「歩きながら見学を」とアナウンスされたら、流れながら、けっこうしっかり見られた。

「赤ちゃんパンダ」は、まだ後ろ足がヨチヨチで、スタッフが離れると一生懸命追いかける。
スタッフは、出来るだけ見えやすい位置に運ぶのだけれど、すぐにスタッフの後を付いていく。その姿が可愛くて、口元が緩んでしまった。昨年生まれた二人目の三代目を見ているようだった。

ここはパンダが7~8頭。
お父さんとお母さんの相性が良いのか、上手く飼育できているのは、2年おきくらいに赤ちゃんが誕生しており、ゆっくり確認すると「2歳」とか「4歳」とかの子供たちがいるのが分かる。
朝一番の入場だったために、どのパンダも朝ごはん中で、笹をバリバリ。
上手に手に持って、柔らかい葉っぱのところを歯で削いで食べる。その音まで聞こえて、ずいぶん活動的なパンダの姿をじっくり見られた。
ただ、あとから見直した時は昼寝中もいたけれど。

その後、イルカのショーの会場へ。
事前にアプリをダウンロードしていたので、各会場のショーの時間も分かって、ほんの少し待ったら始まった。
20年以上前の時は、シャチのショーだった記憶があったが、今回は3種類のイルカたちのショー。
スピード感があって、いろいろな芸を見せてくれて、周りの観客は大喜び。
それに、うまく演出してて、撮影しながらビジョンにスローモーションで再現したり、音楽に合わせてジャンプさせたり、完成度が高いなぁ~~と言う感想。

そして次は「サファリ号」でサファリワールドへ、「草食動物コーナー」はウォーキングでも見学できるが「肉食動物コーナー」は、この「サファリ号」のみの見学。
残念ながら、ここの肉食動物たちは、チータを除いてほとんど寝ていた・・・・。
そんな感じで、アプリのおかげで迷うことなくあちこち見学して回り、帰途へ。

今度は途中で西名阪道の無料自動車専用道路経由で行くように考えて走った。
やはり「西名阪」「自動車専用道路」とは言え「高速道路」ではないため、カーブもきつく山越えもあったが、渋滞することはなかった。
結局高速道路とあまり時間も変わらず、高速代は半分で済んだ帰り道だった。

松江城、出雲大社、厳島神社、由布温泉、道後温泉、城崎温泉、久しぶりに高知城・・・・・まだまだ行きたいところはあるなぁ・・・・(おわり)

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

城と温泉とパンダの旅(その2)

タイトルの順番で言えば、今回は「温泉」の話。
正確には「温泉」というより「宿泊ホテル」の話・・・・。20170213_koganoi

こうやってどこかに出掛けるとブログに紹介するので「あちこち行って、美味しい物を食べて、お金があるなぁ~~」と思われそうだが、かなりリーズナブルなところばかり行っている。
口コミ評価は4点以上で、部屋食でなくって、食事も量より少しずついろいろ食べられて、出来れば禁煙で(そうでない場合は、空気清浄器で消臭済み)、そしてもちろん温泉もあり、値段は15000円前後。
あまり安いと、ちょっと不安だけれど、これくらいの予算だとうまく選ぶと良い宿に出会える。

この施設も旧名とあり、最近リニューアルし、HPでは「中庭のイルミネーション」押しで、「う~~~ん、若い人向けかなぁ?」「部屋とか綺麗かなぁ」と不安ではあったが、評価を信じて予約した。
こういう昔からの建物のリニューアルは、ちょっと入り組んだ道にあり、案の定すぐ近くで一回迷ったが、無事到着。
到着してびっくり!
かなりの大きなホテルで結構部屋数もありそう。
駐車場に停めてチェックインすると、定番の食事などの説明。
そこで「今回、海外の団体様が宿泊しており、明日の朝食は、団体様とは違う時間でお越しください」と言われた。
「海外?」・・・・「中国の人たちかぁ」

昨年、箱根に行ったときはちょうど春節だったから観光バスで乗り付けるツアーにもあったが、今回もやはり春節間近ということで団体様。
決して人種差別のつもりはないけれど、中国の人はやかましいし、ちょっとルール無用だし、苦手だ。
実際に夜入浴した時に、内風呂で2人の中国の人が大きな声で、ずっとしゃべっていて、ちょっと閉口した。
これから、春節近くは避けて予約しないといけないなぁ。

とにかくチェックインして、部屋に入ると意外に広く「全室オーシャンビュー」の通り、湾が一望できる。
さらに、眼下にはイチオシの「イルミネーション」の中庭があるし、お風呂も露天と内風呂が1つずつだけれど、広く大きい浴槽。
特に露天風呂は、円形の深底で、立っても胸近くまで湯船がある。思わず、夜に一人の時に泳いでしまった。

そして夕飯。
お腹が空いていたので、早めの時間にしてもらったが、かなり美味しく、贅沢な出汁の効いた料理が少しずつお皿に盛られて、「う~~~ん、至福至福」と悦にいって食べた。
全部残らず綺麗に食べたら、かなり満腹になり、一休みしてから再度お風呂へ。
中庭のイルミネーション見学も、寒さ対策で防寒着があり、それでも寒くなったら急ぎ温泉へ行けばよい。
やっぱりイルミネーションは家族連れやカップルが多かったが、ま、こんなことを味わうのも良いだろう。

次の朝のバイキングは、言われた通り、中国の人の団体を避けたが、そういう日本客が多いようで、子連れもたくさんいて、なかなか賑やかというか、煩いというか、ちょっとだけマイナス点を付けたくなった。
でも、温泉も食事も(特に夕食)とてもよく、さらに部屋も広く、総合的には、かなりの満足度の高い施設だった。(さらにつづく)

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

城と温泉とパンダの旅(その1)

このブログで振り返ってみると6年前に「南紀白浜温泉の旅 その1」に白浜温泉に出かけている。
20170206_wakayamajo
この地方は、私の住む街からは遠い。
というか「紀伊半島」は、高野山や十津川、そして熊野古道など山々が深く高速道路が走っていない。
だから、名神高速などがある琵琶湖側に行くか、半島を海沿いに走るしかない。
今まで、2度白浜に行っているが1度目は今から20年以上前に、アドベンチャーワールドを訪れた。
この時は、行きは高速、帰りは半島の海沿いを走った記憶がある。
そして2度目は前回の「南紀白浜温泉の旅 その1」 で、この時は高速道路での往復だったと思う。

今回の目的は「温泉とアドベンチャーワールド」
いつもは、「温泉と史跡」なのだが、今回は昨年「パンダの赤ちゃん誕生」もあり、せっかくなので、そちらを優先した。
前の週には西日本は大雪に見舞われて、ちょっと心配したが、心がけが良いのか(?)初日は少し曇り、2日目は晴天と天候にも恵まれた。和歌山より南に行くと、まだ雪の跡が結構あり、相当積もったことが分かったが、もし1週間早かったら、完全に行けなかった・・・・。

さて、冒頭に書いた「白浜までのルート」だが、事前にスマホのアプリで選んでいたが、実際にクルマでセットしたら、違うルートを出してきた。
「う~~~ん、どっちが良いか分からない・・・・」
結局クルマのナビで「オール高速道路」を選択して、出発。
大きな渋滞もなく順調に進んだけれど、高速代が・・・・・。

和歌山に到着して「紀州東照宮」に。
前回来たときはあまり興味がなかったが、2年前に「久能山東照宮」 に行ってから、東照宮に興味を持ったので、再度訪ねてみた。
前回の記憶が「階段があった」くらいしかなく、行ってみたら、そんな程度の記憶が当たり前で、かなりこぢんまりしており、久能山のように家康公の霊廟もなく、本殿で参拝するだけで、中に入るにはさらにお金が必要ということで、さっさと降りてきてしまった。

ホテルに行くには早すぎるので「じゃ、和歌山城へ」と行き先を追加して出発。
全国の平城跡は、県庁などになっていることが多いように、ここも官庁街の近くにあった。
天守閣は、コンクリートの復元で、中は資料館となっていたが、有名な「吉宗公」に関するものはあまりなかったが、お城の形としては重心が低く、それなりの存在感のある天守だった。
石垣をぐるりと回り重要文化財になっている「岡口門」を見て、駐車場に向かうと無料の市民動物園が。
市民の「サポーター制度」で成り立っているせいか、すごく狭いところに入れられ、決して衛生的でなく、動物たちが可哀そうに思えたけれど、小さい子が気軽に動物を見ることが出来るから、これはこれで必要なのかなぁと思いながら、和歌山城を後にした(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧