« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月の記事

2021年8月30日 (月)

近場の史跡 田原城跡と渡邉崋山

20210830今回の史跡は「田原城」
全国的にはあまり有名ではないが、例のお笑い芸人の「オアシズ(大久保佳代子と光浦靖子)」の出身地だ。
もう亡くなってしまったがデザインの学校に行っていた頃の友人の出身地でもあったので、昔から馴染みのある土地名だが、史跡的には全く知らなかった。

ある時に小説を読んでいて「渡邉崋山」の名前が出てきた。
「蛮社の獄」とか「高野長英」など、歴史の授業や小説で耳にするワードだが、恥ずかしながら全く詳しいことは知らない。
さらに「渡邉崋山」などは、私と同じ苗字ということで、強烈に記憶に残っている名前なのに「いったい何をした人なのだろう」という情けない知識だ。
調べたら、私の住む場所からは、高速道路で1時間半くらいで行けるということで7月の後半に行ってきた。
ちょうど夏休み最初の週末で混むかと思ったが、そうでもなくスムーズに行くことができた。

訊ねたのは以下の場所。
・田原城跡
・田原市博物館
・崋山神社
・城宝寺
・城宝寺古墳

この中で博物館では「渡邉崋山」を中心に紹介していた。
なかでも「蛮社の獄」では「鳥居耀蔵」の名前が出てきてちょっとびっくり。
この名前は、いくつかの小説に出てきて覚えた名前だが、歴史的にどのような人だったのか、これまた恥ずかしながら知らない。
ただ、小説には概ね「嫌な奴」「悪い役人」という感じで登場するのだが、ここで名前が出たことで「ちゃんと調べよう」と思った。

蛮社の獄
天保10年(1839年)に起きた言論弾圧事件。高野長英、渡辺崋山などが、モリソン号事件と江戸幕府の鎖国政策を批判したため、捕らえられて獄に繋がれるなど罰を受けた他、処刑された。(Wikipediaより)
この言論弾圧事件は、老中・水野忠邦の命により目付の鳥居耀蔵が探索を行い実施した。
鳥居耀蔵と渡邉崋山は、当時浦賀の測量を命じられ、洋学的な崋山の測量が採用されたことを恨みに思ったとの通説がある(博物館でも、そのように説明していた)。
これは鳥居耀蔵の実父が、林大学頭であったことから「洋学を認めない」との見方により唱えられたようだが、実際はそうでもなかったようだ。

じっくりと資料を見ていくと、家計のために始めた画業の作品では実に「写実的」で、きっと「モノを正しく見る」という気持ちの非常に強い人だったのではないかと思える。
さらに田原藩の家老となっても「意見書」などを具申し、変な言い方をすれば「空気を読んで、あまり荒立てない」というような人ではなかった気がする。
そして幽閉中に自刃して生涯を終えるだが、なかなか強情で適当な世渡りのできない人だったと思え、周りはハラハラし、苦労もあったのではないと妄想してしまった。

そしてその「渡邉崋山」の菩提寺を周ったがそこには「城宝寺古墳」というものがあることを今回行く前に調べて初めて知った。
城宝寺古墳
渡辺崋山の墓所で有名な城宝寺の境内にある、6世紀末から7世紀初頭に築造された古墳。現存する石室は全長が8.7mで、うち玄室が長さ6.4m、幅2.4mである。羨道は長さ2.3m、幅1.2m、高さ1.5mだが、羨門部は破壊後に積み直された形跡があり、本来の羨道は現在より2mほど長かったと考えられる。(Wikipediaより)

明日香村に行ってから興味を持つようになった古墳だが、こんなに良い状態の石室が見られる古墳があるとは知らなかった。
日帰りで行ってこられるような場所に、まだまだこんなにいろいろな史跡があり、さらに知らない歴史的なことがあると思うと、やっぱり「行かれる年齢の時に、行っておこう」と改めて思う。
そのためには、毎日会社に行く生活を、きちんと考える時期に来ている気がする。

| | | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

小和田先生 オンライン講座

今年の春から「会社に行かなくなった時の趣味」として興味のある講座に出かけるようになり、さらに近場の史跡にも行くようになった。
その影響で、小ネタの掲載が続き、「週1」でアップすると決めているこのブログは、実際に出かけたり受講してから1ヶ月以上経過してからの公開になり、遅れた情報になってしまっている。
まぁ、このブログは「備忘録」としての役目も兼ねているので、勘弁してもらいたい。20210823

NHK文化センターで行われている小和田先生の講座に行ってきたことは、4月の「小和田先生のセミナーに行ってきた」で紹介した。
こういう講座は一度申し込むと、定期的に講座の案内がメールで届くようになる。
そのため「次の小和田先生の講座も行こう」と思っていたところ、メールで案内が来た。
テーマは「第3回 戦国時代の名武将たち~北条早雲(伊勢宗瑞)~」で、さっそく申し込むと前回より、少し金額が安い。
「2回目だからかなぁ」と呑気に考えていたら、開催日の少し前にメールで資料が届いた。
「前回、資料来たっけ?」とこれまた呑気に思っていたら、今度は「オンライン講座」の案内が届いた。
「あれ、リアル受講のはずなのに」と案内を良く読むと、申し込んだのが「オンライン講座」だったことに気づいた。
「しまった、先生に会えないなぁ」と悔やんだが仕方ない。

会社でPCを使ってのオンライン会議や3世たちのテレビ電話は経験してきたが、この講座で使う「Zoom」の受講は初めて。
WEBの案内を読みながら、事前にアプリをダウンロードして、接続のチェックをしてみたが、割と簡単だった。
そういえば、ブログに書いてなかったが、この春ノートWindowsを購入した。
昨年の夏に「Macを続けるか?Windowsに乗り換えるか?」を書いてから悩みに悩んで、今年の春にリフレッシュノートPCを購入した。
スペック的には問題なく「これで4万円を切っているなら、かなりお得」と思い、今では前からのノートMacと2台使っている。
このようにWindowsを持つと、オンライン講座などの設定説明が「Windows前提」が多いため、本当に楽でこれだけでもWindowsを買ってよかったと思った。

そして講座の当日、PCでアクセスして受講。
若干、会場スタッフのもたつきで資料が追い付かなかったりと気になる点はあったけれど、講座の内容は面白かった。
詳しくは規則があるので書けないが、これまでまったく知らなかった「北条早雲」の出自や、さらに新しい史料によって、どんどん歴史の認識が変わっていくというお話はこういう講座でしか聞けない話で実に面白かった。
後日「見逃し配信」の案内も来て「先生に会えないのは残念だけれど、わざわざ出かけなくてよいし、資料も事前に来るし、見逃し配信もあるなら、オンライン講座も良いなぁ」と思った。

そして次の講座の案内が来たのだが、良く読むと「オンライン講座」「リアル受講」より1ヶ月以上早く案内されることが書いてあった。
「だから、オンライン講座になっていたのか!」とやっと気づいたというお粗末さだが、おかげで「オンライン講座」も体験できたし、リアル受講で先生と歓談できる時間があるわけではないので次回も「オンライン講座」を申し込むことにした。
次回は「織田信秀」、楽しみにしている。

| | | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

豊国神社・秀吉清正記念館・初代中村勘三郎銅像

夏季休暇中に2回目のコロナワクチン接種があった。巷では2回目の方が副反応が出やすいといわれ、しかもその発生率の高い「モデルナ」の方だったので覚悟していたが、やはり出た。
接種会場は前回以上に順調に進んだが、夕方から接種部分が痛くなり、翌日には倦怠感、午後から熱っぽくなり、さらには一部関節痛、そして接種した側の脇のリンパ節も少し痛かった。
3回くらい市販の鎮痛剤を飲んで安静にしていたが、風邪の時のように辛かったが、翌々日の夕方からは楽になっていった。
一応、これで無事にワクチン接種は終わった。

このように新型コロナワクチン接種や東京オリンピック開幕など「今、その時」の話題を続けたので、今回はその影響で少し遅くなってしまった話。
昨年末にクルマを買い替えたこと、そして長期間のコロナ禍自粛が続くことへの息抜きなどで、年明けから近場の史跡を訪ねていることを、このブログで何度か紹介している。20210719
その中で「戦国時代の史跡」は私の住む地方には豊富だと書いたことがある。

このブログでもかなり紹介しているが、例えば「清須城」「小牧山城」「犬山城」「岐阜城」「岡崎城」「大垣城」などは、クルマに乗れば、1時間程度で行けてしまうところにある。
他にも先日紹介した「関ケ原」もそうだし、何より戦国時代の三英傑と言われる「信長」「秀吉」「家康」は、もちろん昨年の大河ドラマで脚光を浴びた「光秀」も私の住む地方の出身だ。

このような「戦国時代ファン」の方なら羨ましく思われる場所で生活しているのだが、不思議なことにあまりにも身近なところにいると、なかなかそのような史跡に訪れない。
冒頭に書いたように、このコロナ禍を利用して、そんな場所を訪れているのだが、今回は表題の3つの話。

「3つ」と書いたが、場所がすべて同じ「中村公園」というところにある。
この「中村」という場所名、現在は「中村区」という区名になっているが、かなり古くからある土地名のようだ。
通説ではあるが秀吉の生まれた地名とされている(ちなみに秀吉の母である「大政所」の出身とされている「御器所村(ごきそと読む)」は、今も地名として残っていて、地下鉄駅もある)。
そして「加藤清正」も熊本城が超有名だけれど、出身は秀吉と同じくこの「中村」という地区だ。

このことは古くから有名で、秀吉が祭られている「豊国神社」は地元では有名なところだ。
名古屋駅から西に行くと大きな赤い「鳥居」があるが、これが「豊国神社」の大鳥居だ。
行ってみると社は公園の中にきれいに整備されて鎮座しているが、そんなに大きなものではない。
また、同じ公園内の図書館に併設されている「秀吉・清正記念館」は無料で見学できる施設だ。

若い頃、幕末の歴史はいろんなものを読んだり訪ねたりしているので、ある程度詳しいが、戦国時代はそうでもない。
今回、この記念館で清正の生涯を紹介する説明を読んだが「賤ケ岳の七本槍」とか「虎退治」などから想像する「豪傑」というイメージは、どうやら江戸時代に創作されたもののようで、一度しっかり戦国時代の本を読まないといけないなぁと思った。

場所が公園なので、散歩がてら歩きながら廻っていると何だか不思議な格好をした銅像が目についた。
「なんだろう」と思って近づくと「初代中村勘三郎」の銅像だった。
不思議な格好は「猿若舞」の姿とのことで、その謂れなどが銅像ヨコのプレートで紹介されていた。
惜しくも若くして亡くなってしまった十八代中村勘三郎が「この中村は、中村屋の発祥の地だよ」と言っていたのをテレビで見たことがあるが、どうやらこれが「中村屋が公式に認めた」ということになり、この地域の人たちが協力して銅像を建立したのだそうだ。
この銅像名を検索すると現在の勘九郎と七之助のご兄弟が、この銅像の除幕式に訪れた記事が出てくる。

こうして書いていると、本当に身近に歴史的な場所があることに気づくが、今までどうしても「江戸時代」ばかりに目が行ってしまって、自分の足もとのこと知らないということに、改めて気づいてしまった。
これをきっかけに戦国時代のことを調べて、近場の史跡を訪ねる楽しみが増えるのであれば、コロナ禍もなかなか悪いものではなかったのではないだろうか?
今まで罹患せずに無事に暮らしていられるから、こんな気楽なことを言えるのだが……。
明日には64歳になる。

| | | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

iPhone 2台持ち生活へ

私がiPhoneを手にしたのは、ブログを検索したらちょうど10年前だった。
その時も書いたが、そのiPhoneは個人所有ではなく会社からの貸与だった。20210802
おかげで、自分でコスト負担することなく、この10年間iPhoneを利用させてもらっていた。
「スマホの料金が高い」ということが話題になっても、会社経費だったので気にすることなく使っていたし、新しい機種が出ると2~3年ごとに機種変更をしてもらっていたので、かなりありがたい立場にいた。
定年後も「そのまま持っていて良い」と言われたので、ずっと使わせてもらっているが、さすがに役職者じゃないし、定年再雇用者なので、最新機種は遠慮しているが、それでもiPhoneXなので、不便なく利用してきた。

しかし個人持ちは、ずっと携帯電話(いわゆるガラケー)のままで、しかも3Gというかなり古いタイプ。
現役の時は、電話と言えばほとんど会社関係者なので、iPhoneがメインで、個人携帯への連絡は親戚か友人で、ほとんど使っていない状態だった。
この携帯電話も、何年か前に「この機種は〇〇以降、使えなくなります」と何度もメールで案内がきて、仕方なくショップに出かけて機種変更してもらった。
そして昨年くらいから「2022年4月から3Gは使えなくなる」というメールやDMが届き始めた。
「え~~また」と思ったが「そろそろ個人ものもスマホしないとダメかぁ」と意識し始めた。
そうなるとまず問題になるのは料金。
何といっても携帯電話はほとんど使っていないので、月額2,000円もしない。下手すると1,500円以下になる月もある。
これが完全に会社から辞めてしまって、貸与されているiPhoneが使えなくなったらある程度のコスト高は覚悟するが、まだ使えるのであまり高いスマホ代は、ちょっと困る。

でも調べると3大ブランドは最低でも月額数千円する。
まもなく年金生活者になるのに「毎月数千円はないなぁ」と思って、ちょっとペンディングにしていた。
そうしたら昨年くらいから各社のサブブランドがいろいろな格安プランが出てきた。
他にも楽天のように新しく参戦した企業が、もっと安いプランを出すなど、ダンピング合戦になってきたが、そうなると「いったいどこが一番良いんだろう」と違う悩みが出る。

あまり変なブランドではちょっと不安なので、やっぱり3大サブブランドが中心を調べてみた。
持っている携帯はソフトバンクだったので、本当はYモバイルが良かったが、プランもiPhone本体もちょっと高い。
「どうしようかなぁ~」と思っているところに、UQmobileがiPhone11を割と安く販売し、一番少ないギガプランだと、2,000円もしないことが決め手となって、ショップに行ってきた。
当然、携帯電話と同じ電話番号のままでの移行で依頼。その他いろいろオプションを薦められたが、その店員の成績になると分かっているけれど「ごめんね」と断った。ただ1つだけ「1ヶ月は無料で、すぐ退会してもらってよい」と言われ、退会方法まで教えてくれたので、それだけはオプション追加した。

ショップでの店員の対応は、ほとんどタブレット端末で、こちらも記入する書類は少なく、申込時も受け取り時も店員さんが一生懸命タブレットで操作しているのを見て「大変だなぁ」と感心してしまった。
それと、ショップでは「料金の仕組み」を何度も聞くお年寄りや、「電話の出方がわからない」と順番待ちなどお構いなしに店員にいきなり訪ねる高齢者を見掛けたが、ああいうお客様への対応も大変だ。
私みたいな人間には、絶対にあんな対応はできない。

たしかに私は仕事で散々使ってきたし、ネットでいろいろ調べてからショップに行ったけれど、そうでなければ、料金の仕組みは複雑だし、スマホもいろんなことができる機能を満載にしたので、高齢者には難しすぎると思う。
それもあと10年もすると、普通に使いこなす高齢者ばかりになっていくのだろう。
これで会社を辞めるまで「iPhone2台持ち生活」になってしまった。

| | | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »