« 新型コロナワクチン1回目接種 | トップページ | iPhone 2台持ち生活へ »

2021年7月26日 (月)

始まった東京オリンピック

本当は先日受講した「はくぶつ館講座」の話を書きたいが、テーマが「教育勅語」という繊細なものだったために、ネットと言ういろんな考えが交錯する世界に公開すると誤解やリスクを生むだろうということでやめにした。20210726
実は途中まで書いていたが、講座の中でも「勅語を現代文などに訳すことができない。なぜなら誰かの意志のフィルターが掛かってしまうから」との説明を受けて、その言葉を思い出したために、やめる決断をした。内容的には面白かったので、残念だけど。
SNSなどネットツールの発展によって、誰もがいろんな意見を発信することができる世の中になったけれど、より注意して発信しなくてはならないというのは、テクノロジーと進化とそれを使うリテラシー(特に心の部分が)は、同時に進化しないということが証明されているようなものだ。
ずい分以前、まだ「パソコン通信」と言われていた時代に、変な言いがかりをつけられた経験があり(記憶では、このブログで書いたと思う)、あまり気持ちの良い経験ではなかったから、出来るだけそういうことは避けておきたい。
 
さて、そういう意味では「東京オリンピック」の話題も、さまざまな意見が噴出し繊細な状態なのだが、ついに先週開幕した。
昭和の「東京オリンピック」は私が小学校に入った年で、学校は休みだったし(記憶だが)、「夢の超特急」と言われた新幹線や首都高速が開通など、インフラの大発展のきっかけになった。
そしてこれも以前ブログに掲載したが、いまや全世界で使われている「ピクトグラム」を生んだきっかけにもなった。
だから開会式でも、ピクトグラムを使ったパフォーマンスがあった。
このように振り返れば、昭和の「東京オリンピック」は、ポジティブな大会だったように映るが、実施するまでには一度戦争の影響で返上したなど、順風満帆ではなかった(ようだ)。
 
今回も、そのような視点から見れば未曽有のコロナ禍で行われる祭典となった。
たしか誘致の時には「復興をアピール」とか「日本のおもてなし」とかステキなキーワードが並び、胸躍る想いがあったが、「緊急事態宣言」のもと、「無観客」とか「人数制限」とかの規制が掛かった状態では「復興」「おもてなし」も何の意味もなくなってしまった。
他にも直前になって過去の言動が原因で責任者が辞退したり解任されたりと、とにかく混沌とした状態だ。
振り返ってみると、シンボルマークの盗作騒ぎや、新国立競技場の設計者問題など、もう遠く過去の話に思えるが(シンボルマークの話なんて、何年前だろう?)、今回の新型コロナによる延期や、すでに起き始めている選手の陽性者など、いろんな意味で記録されるべきオリンピックになるのは、間違いなさそうだ。
 
私のような一般人にはわからないが、いろんな権利、お金、選手の気持ち、団体の意見、経済効果など複雑に絡みあい、さらにコロナ禍で行われるオリンピックは「安全管理」「国民マナー」など、いろんな事が試されることになるのだろう。
始まったらTVはオリンピック放送ばかりになってきたけれど、やっぱりマスコミも「ネガティブ」な視線ばかりじゃなく、一緒に成功させるように舵を切ってほしい気がする。
幸いこの週末には金メダルを取った種目も出てきて、地上波でがほとんど「オリンピック放送」だらけとなり、話題として盛り上がってきている気がする。
もちろん批判的な人もたくさんいるけれど「成功させよう」と一生懸命に頑張っている人のことも忘れないようにしてほしい。
そして願わくば、とにかく無事に終了し、振り返った時に「いろいろあったけれど、やっぱりやってよかったね」と皆がいうようなオリンピックになることを願いたいものだ。

| |

« 新型コロナワクチン1回目接種 | トップページ | iPhone 2台持ち生活へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型コロナワクチン1回目接種 | トップページ | iPhone 2台持ち生活へ »