« 言葉の定義 | トップページ | 始まった東京オリンピック »

2021年7月19日 (月)

新型コロナワクチン1回目接種

私は65歳以下である。
来年には65歳になるが、例の「新型コロナワクチン65歳以上接種開始」には該当しなかった。20210719_20210718081701
会社の規程とか年金受給金額など年齢で区切られることがあるが、どうもきわどい所で該当から外れる(ような気がする)。
春先から始まった「新型コロナワクチン接種」
まずは医療従事者、そして65歳以上の高齢者、さらに基礎疾患のある人や高齢者施設従事者と決められ、やっと年齢順として私の順番が近くなってきた。
 
ところが、ちょうどその頃から「職域接種」がさかんに行われ、当社の顧客先でも私より若い人たちの接種が進み始めた。それはそれで良いことなのだが、今度は急に「ワクチン不足」が言われるようになった。
「やっと順番が回ってくる時期になったのに」という気持ちが正直なところだが、私の住む地方では先週から私の年代への予約券配布が始まった。
「2~3日はかかるかなぁ」という予想に反して、配布開始当日に届いた。
ちょうど、その週は3カ月に1回の通院日があるその病院は「通院患者には対応する」とWEBに記載してあったので、電話して聞いてみたところ、来院した時に「予約申し込み」して、後日接種日の連絡があるとのことだった。
通院している病院の方が安心だと思って、いったんはそのつもりだった。
 
翌日テレビを見ていたら、私の住む地方では「大規模会場で使用されるモデルナは余裕があるようです」と言っていたので、試しに予約サイトにアクセスしてみた。
実は、7月から始まった「大規模会場」は、我が家のすぐ近くだったので、そこでも良いと思っていた。
サイトにアクセスして会場を検索してもなかなかヒットしなくて「全然、予約取れないじゃん」と思って、良く説明を読んだら「ログイン」が必要となると書いてあった。
「ID・パスワードなんてどこにある?」とさらに良く読むと「IDは予約番号、パスワードは生年月日の8桁数字」とあり、やってみたら無事ログインできた(正直、この予約システムはPC操作に慣れていないと難しいかもしれない)。
 
それで近くの「大規模接種会場」を指定したら、全枠「〇」になっていて、いつでも予約できる。
ちょうど病院に行くために有休を取っていたので、その日が都合良いと思って、午後に予約した。
「病院でやるより早く接種できるなぁ」と、まずは一安心。
「ファイザー」じゃなく「モデルナ」というのがちょっと気になるが、もし副反応が出ても会社を休んで良い緊急措置が取られているから、まぁ良しとしよう。
予約日には、まずいつもの病院に行き、いつものように診察(というか、問診だけだか)。その時先生から「もうワクチンは打った?」と聞かれ「この後、昼から行ってきます」と話し、予約が空いていた話をしたら、先生は今月初旬、会場に担当医として行っていたとのこと。
「その時は、結構混んでいたよ」と話してくれた。
 
診察も終わり、いつもの薬をもらい、いったん帰宅。
予約時間になって会場まで歩いて行ったら、駐車場も空いているし、席で待っている人も少しいる程度。
問診表も事前に記入していて、少し待ったら呼ばれて、書類を確認され、どんどん次の部屋に案内されて、医師の問診を受け「ちょっとアトピーの傾向がある」と話したら「念のため30分経過観察にしようか?」と言われた。
で、最後に接種の先生のところで注射。「筋肉注射」と言われていたので痛いのかと思ったら、会社のインフルエンザ予防接種より全然痛くない。その後、30分経過して帰ってきた。
夕方になって接種した部分が痛くなり、翌日が一番痛かったが、そのあと痛みは引いていった。あとは今のところ、副反応と思われる症状は出ていない。2回目の接種は、ちょうど夏季休暇に入った時期で、これなら会社を休み必要もない。
まずは1回目の接種が済んで、少しだけ安心している。

| |

« 言葉の定義 | トップページ | 始まった東京オリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言葉の定義 | トップページ | 始まった東京オリンピック »