« 立花隆氏 逝去 | トップページ | [はくぶつ館講座]高力猿猴庵(こうりきえんこうあん)と安永大洪水 »

2021年6月28日 (月)

虚偽が蔓延する世界

20210628_20210615104101 2週間くらい前の朝、新聞を見て驚いた。
「架空の顔で『お客様の声』『大満足』…AIで生成、90サイトで宣伝に悪用」という見出しで、記事は以下のようだった。
AI(人工知能)で作り出された架空の人間の画像が、あたかも実在するかのような形で多数の業者の宣伝サイトで使われていることが、読売新聞の取材でわかった。商品やサービスを推奨する客などを装って掲載されていた。すでに海外では悪用が問題になっており、歯止めなく使われれば、取り扱いのルールを巡って議論になる可能性がある。

画像は、大量のデータから特徴を学ばせるAIの深層学習(ディープラーニング)の技術で精巧に自動生成できる。国内では大阪市のIT企業「ACワークス」が、イメージ写真や仮想モデルなどとしての利用を想定し、会員登録すれば無料でダウンロードできるサービスを2年前に開始。実在の客を装っての掲載などは規約で禁止していた。

しかし、読売新聞が同社から提供を受け、103人分の画像の利用状況を調査した結果、規約に反するとみられる方法で掲載しているサイトが少なくとも90に上ることが確認された。

この記事の中の「商品やサービスを推奨する客を装う」という部分は、私の若い頃には頻繁に行われていた方法だ。
おそらく当時から禁止されていただろうが、とても緩い時代だったので、制作関係者の奥さんや子供の写真などを使ったことがある。
しかし、今ではAIで作成された「実在しない人物」を使っているというは、技術の進化がもたらした新たなる虚偽の世界だ。

この記事に載っている「ACワークス」は私も知っている素材ダウンロードサービス企業だが、このようなサービス企業を利用する場合、人物が映っていると「モデルリリース」が必要となる。
要は撮影されたモデル自身が「使用を許諾してるか?」という肖像権の問題だ。
よくTVで街の風景で人がぼかしてあるのは、この「モデルリリース」の許諾を得られていないからで、コンプライアンスが厳しい今の時代、実在の人物を使用するというのは、とても手間の掛かることになっている、

この「AI人物画像」はそのような面倒さやコンプライアンス的なリスクを回避する狙いの新しいサービスだと思うが、そこを逆手に取って虚偽の宣伝に使用することを知って、「虚偽の世界のものを使って虚偽のアピール」という虚偽の2乗状態だと変な関心をした。

デジタルとかインターネットの技術が飛躍的に進み、トランプ大統領じゃないが「フェイクニュース」は世界を駆け巡っているし、我々世代には、どうにも職業として感じられない「ユーチューバー」なる人たちもいる。
さらに私たちの身近にもデザインアプリが使えるというだけで「デザイナー」と呼ばれる人や上からの指示を聞くだけの「企業の発注者」だったり、実際の現場実績がほとんどなくて提案だけするプランナー(この場合、やはり受注に繋がらないが)だったり、私が若い頃にあこがれた「本物の人たち」っていうのは、少なくなってきている気がする。

技術は進歩していくけれど、虚偽の世界の方が膨らんでいる。マトリックスの世界が近づいている気がする。

| |

« 立花隆氏 逝去 | トップページ | [はくぶつ館講座]高力猿猴庵(こうりきえんこうあん)と安永大洪水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立花隆氏 逝去 | トップページ | [はくぶつ館講座]高力猿猴庵(こうりきえんこうあん)と安永大洪水 »