« 五十三次名所図会 | トップページ | 関ケ原古戦場記念館へ行ってきた »

2021年4月26日 (月)

小和田先生のセミナーに行ってきた

3月に「はくぶつ館講座『天下人と清須』」に行ってきた話を書いた。20210426_20210419132701
今まで仕事がらみで数多くのセミナーや講演会・勉強会などに出席してきたが、個人的趣味のものは初めてでとても刺激的だった。
その熱が冷めないうちに「他に、面白そうなものはないか?」と探していたら「NHK文化センター教室」に行き着いた。
ここは完全に退社したら「行こうかなぁ」と思っていたいくつかの文化教室の1つだ。
普通の文化教室だと半年とか1年の講座ばかりだが「NHK文化センター教室」は、時に講座会員以外でも受講できるセミナーが開催される。

その中で「~第2回 生誕500年!「武田信玄」~」を発見した。
講師はあの「小和田哲男」先生。
この名前を見て「おっ!」と思う人は歴史好きな人だ。
現在は静岡大学の名誉教授で、研究分野は戦国時代史。
メディアにもよく登場されて、例えば「英雄たちの選択」など私の好きな番組で見ていた。
ドラマの時代考証などもされていて、例えば大河ドラマでは
『功名が辻』2006年
『天地人』2009年
『江〜姫たちの戦国〜』2011年
『軍師官兵衛』2014年
『おんな城主 直虎』大石泰史と連名、2017年
『麒麟がくる』2020年
と、ずらりと並ぶ。
もちろん著書も数多く、このような有名な先生の講演とかセミナーとか「機会があったら出かけてみたい」と思っていたところだった。

1月にも「NHK文化センター教室」で小和田先生のセミナーがあったが、気づいた時には終了していて「次の機会を」と思っていたところで見つけ、さっそく申し込んだ。
もちろん有料だったが、やはり人気の先生で、すぐに満席になったようだった。
申し込んだのは最初に書いた「はくぶつ館講座『天下人と清須』」の直後だったから、2月の終わり。
そして開講されたのは4月17日。

16時始まりだったが、当日は雨の天気。
少し早めに到着したが、もう数名待っている人たちが居た。
16時30分には教室に入ったが、コロナ禍なので1つのテーブルに一人座るという贅沢な状態。
教室も大きくなく、おそらく25名くらいしか入れなかったのではないだろうか?
ただコロナ禍対応の時代になり「オンライン」でも受講できるようになっていて、先生の斜め前にはカメラが設置してあった。

時刻通りに始まり、さすがにメディアに慣れている感じで、終了予定時刻の5分前に終わり「質問時間」を設けていただけた。
先生の説明はレジュメに沿って進められ「武田信玄」の武田家の成り立ちから、親である「信虎」の追放、有名な「川中島の戦い」、そしてなぜ戦国時代の武将は領土拡大をしなくてはいけなかったのか、家臣団の構成、信玄の掌握術、そして治世など、すごく面白く聞かせていただいた。
面白かったのが質問の中で「昨年の大河ドラマで覚如に唆されただけで京都を目指したようになっていたが、本当はどうだったか?」という問いに「あれはドラマだけど、実際に越前朝倉氏に近江あたりで待ち合わせようと打ち合わせした資料があるから京都は視野に入っていたと思う」とのこと。

天気が悪くセミナーが始まるまで、ちょっと滅入った気分だったが、帰りは「面白かったなぁ」と悦に入って帰ってきた。
好評であれば「また次回も」と文化センター教室のスタッフも挨拶していたし、磯田先生や千田先生など著名な歴史学者の話を聞く機会があったら、これからも行ってみたいと思っている。

| |

« 五十三次名所図会 | トップページ | 関ケ原古戦場記念館へ行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五十三次名所図会 | トップページ | 関ケ原古戦場記念館へ行ってきた »