« 「麒麟がくる」が面白い | トップページ | 老齢年金特別支給の書類がやってきた »

2020年6月15日 (月)

自宅のMacは10年生

ずいぶん昔にブログに書いたが、初めてOA機器でキーボードを触ったのは30年以上前の「書院」というワープロだった。
今じゃ、信じられないが8インチ(およそ20cm)のフロッピーで保存していた。
その1年半後にはMS-DOSを触り、デザインのデジタル化の初期の頃に、Macintoshユーザーになった。
当時のWindowsは、全くデザインには不向き(今でも、若干そう思うが)だったために、ずっとMacintoshユーザーであり続けた。
そのうちにインターネットが普及し、顧客や外部協力会社とのデータのやり取りが増えてくると、MacintoshもWindowsも使えた方が便利になって来て、Windowsも使うようになった。
今、会社の机には「Windowsのデスクトップ」「Macintoshのノート」の両方が置いてあり「メインはWindows、サブ的にMacintosh」という感じで使っている。20200608

仕事ではそんな感じに「MacintoshとWindows」の両方を使って来たが、個人のPCはずっと「Macintosh」だ。
Windowsに替えても良いが、過去のデータやアプリケーションの互換性などを考えると、やっぱり替えづらい。
とくに写真がデジタルになってからは、Macintoshのアプリで管理しており、もう20年分が貯まってしまっているし、年賀状などもIllustratorといったMacintosh用アプリで作成しているために難しい。

以前は自宅でもデスクトップ型のMacintoshだったが、一つ前からノートに替えた。
そして現在使っているのが「MacBook Air」という機種で、これを型落ちで購入した。
Macintoshの特にノート型は、高い。軽く10万円は超えてしまう。
型落ちだと少し安くなるが、あまり古いと性能的に厳しいので、「そこそこの型落ち」で購入した。
確か6~7万円だったと思う。

この春その「MacBook Air」がかなりやばくなってしまった。
型式番号を見ると製造年が分かるのだが、我が家のMacBook Airは「2010年製造」
もう10年選手ということだ。
PCに詳しい人は分かるが、性能的に考えると普通「数年」で買い換えた方が良いと言われるが、そんな贅沢なことは出来ない。
それは「個人レベル」でなくても「企業レベル」でもそうだ。
前に「WindowsXP」「サポート終了」になった時に話題になったが、自治体などでも使い続けていてニュースなどで取り上げられた。
今年の1月にも「Windows7」「サポート終了」になり、ウチの会社の情報システム部門の担当者は、あちこちの部署のWindowsを入れ替えて大変そうだった。

まして「個人」となると、使えている間はやっぱり「買い替え」は考えない。
ところが3月のある日突然「終了できない」という状態になってしまった。
強制的にやれば「終了」できるが、起動してもう一度終了すると、また「終了途中」でずっとそのままになってしまう。
取り敢えず思いつくさまざまな方法で修復を試みてみたが、そもそも現在のシステムは買い換える前から「アップデート」を繰り返し来ている。
前々から「ちゃんと初期化して、キレイに作り直した方が良いなぁ」と思っていたが、それはそれで大変な作業になるため二の足を踏んでいた。

Macintoshは「Time Machine」というバックアップするアプリがある。
一応、外付けHDにデータは格納されているので、それで復元を試みたがうまくいかない。
「これは、いよいよ買い替えかなぁ」と思って、ネットで調べると2~3年の型落ちだと「7~8万円」で通販されていた。
「これくらいなら買ってもいいなぁ」と半分買い替える気持ちになっていたが「一度初期化して、再構築してみるか?」と最後の挑戦という感じでやってみた。

まずは外付けHDの「Time Machine」から起動して、内蔵HDを初期化、その後システムを再インストールしてみた。
すると問題なく起動、そして終了もできる。
「OK!OK!」と喜んで、最新のバックアップデータを復活させて、元の形に戻し、よく使うアプリケーションも使えるか検証してみた。
その結果「Office系はOK」だったが「Adobe系はNG」と言う状態で、そもそも持っていた「Adobe系」アプリのバージョンが古くて、無理無理使っていたためで、今のシステムでは使えない。
「なんとかならないか」と思ったが、無理なようで、仕方なくフリーで使用できる代替アプリを探し「何とか使える」状態にまで戻した。

今回は何とか「復活」させたが、何と言っても我が家の「MacBook Air」は、10年生。
そのうちに「活き還らない」日が来るかもしれないが、やっぱり使えるうちは使いたいのが人情。
しかし、「その日」が来る前には「MacintoshかWindowsか?を決めておかないといけないし、もしもWindowsにするなら、今のバックアップデータが活かせるかも考えておかないといけない。
などと思っているうちに、今度はプリンタが駄目になった。
これも「騙しながら」使っていたが、どうにもインクが出なくなり、諦めて買い替えた。
デジタルデータが自分の周りに溢れていくと、アナログ時代とは違う悩みが出てくるものだ。

|

« 「麒麟がくる」が面白い | トップページ | 老齢年金特別支給の書類がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「麒麟がくる」が面白い | トップページ | 老齢年金特別支給の書類がやってきた »