« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の記事

2020年6月29日 (月)

嫌いな言葉「才能」

このブログでは随分前に、私の「職業」「アプリケーション」「仕事」などについて書いてきている(数年前の記事なので「興味がある」と言う奇特な人は、頑張ってバックナンバーを探してみてください)。20200629
いろいろな経験をして、今に至るのだが一般的に分かりやすい言葉で表すとしたら「グラフィック・デザイナー」だろう。(デザイナーと略して言うと、ファッションの方と間違えられる事が多い)
私がその職業に就いた頃は紙媒体が中心だったので「カタログ」「パンフレット」「チラシ」などが多かったけれど、今はWEBなど媒体も拡がっているため、近年では「WEBデザイナー」という職業もある。
いずれにしろ「デザイン」というとても「主観的な価値」を扱う職業なのだが、それなりに努力してこの職業に辿り着いた(その辺りは、昔の友人が知っている)。
すごく「苦労して」この職業に就いたと思うほど「一生懸命努力をした」と胸を張れるわけじゃないが、それなりに「頑張ってきた」つもりだ。

少し話は変わるが「才能」という言葉を検索すると、あるサイトでは「物事を巧みになしうる生まれつきの能力。才知の働き。」とある。
また別のサイトでは「ある個人の素質や訓練によって発揮される、物事をなしとげる力。」ともある。
前者は「もともとある能力」って感じだし、後者は「訓練によって発揮される」とあるので「努力によって磨かれる」感じだ。

なぜこんなに長々と過去の話と才能という言葉の意味を書いているかと言うと、他人から「才能があるから良いよね?」と言われるたびに、ちょっとだけ不快になることを分かってもらいたいからだ。
現役の時もそうだったし、特に定年再雇用になってから営業出身者と話すと「デザイナーとかは才能があるから良いよね?僕なんか何にも出来ることがないので」と話される。
どうも、これを言われると「カチン」と来る。

「才能がある」って聞きようによっては「努力しなくてもその分野でやっていける」と言われているように感じる。
その人達は何気なく言っているのだろうが、言われた方は堪らない。
「どれだけ努力してきたと思ってるんだ!」
と言い返した時もあるが、一般の人達から見れば「デザイン」というものは特殊な分野だから、ついそう言ってしまうのだろうと、最近は思うようにしている。

確かに小学校の頃から教科書の余白にはイラストを描いたりしたが、写生大会などで描いたものは、ほとんど表彰されたことはない。
兄貴は少しだけ油絵を習っていたので(本人はイヤイヤだったようだが)、毎回表彰されるので、逆にコンプレックスがある方だった。
それでも紆余曲折あって、この仕事に就いてそのまま還暦過ぎても携わっているのは「好き」なのだろう。

もしも「才能」というものが職業に活かされるとしたら、この「好き」という気持ちが「ずっと持続し続けられること」だと思う。
残念ながら日本の企業の顧客層は「デザインへのリスペクト」が大きく不足しているので、大概は「思ったようなデザイン」に仕上がらない。
それどころか提出するものを「批判」するだけで、自分たちが「どうしたい」と決まっていない顧客がほとんどで、先の「好きという気持ちを持続し続ける」ことは、とても難しい。

私としては転職を繰り返して「デザイン」という仕事に辿り着いたので、そんな思いをしても「踏ん張り続けられた」と思うのだが、新卒で入社して他の経験がない人たちは、途中で夢破れて辞めていくことも多い。
そういう世界で何十年もやってきたのに「才能」という言葉で済ませられるのは、やはり笑顔では聞いてはいられない。
ただ一つ、もしも「才能」があったのだと思えるとしたら、一日中座って「うんうん」考えて、テレビを見ていても風呂に入っても寝ても、いつも「企画のことやデザインのこと」を考え続けられることだろう。

そう言えば、営業がテレワークをして「一日中座ってるのは辛い」と言っていたし、以前にも営業に「良く一日中座って作業していられるね」と言われたが、それも「才能」と言えば「才能」なのだろう。

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

老齢年金特別支給の書類がやってきた

今年の夏で63歳になる。
以前から「ねんきん定期便」で確認していたし、同じ年齢の女性は「60歳から」支給されると聞いていたので「そのうち通知が来るだろう」と思っていた。20200622
GWが明けて、まだまだ世間が「コロナ禍」で大騒動している最中に、緑の封筒が届いた。
封筒には「日本年金機構」から「大切な書類です」と記載されていて、さっそく開けてみた。

なんだか沢山の書類が入っていたが、必要なものは「年金請求書」の書類と「請求手続きのご案内」の書類のようだった。
以前にホームページの「シミュレーション」でやってみたことがあるが、今は再雇用とは言え、在職中。
そのため現在の収入金額などを入力すると「支給額0円」となってしまう。
そのような話は、良くネットで見たりしていたので「まぁ仕方ないか」と思ったが、そもそもこのような「支給額0円」になる人も「書類提出」する必要があるのだろうか?

ホームページを見ても、届けられた書類を見ても、そのような「在職中の人間」については、あまり細かく書かれていない。
仕方なく「ねんきんダイヤル」へ電話。
ところがこういうものはなかなか繋がらない。
「ねんきんダイヤル」の案内用紙を見たら「封筒が届いてから2~3日は繋がりにくい」と書いてある。
まだまだ日程的に余裕もあるので、1週間後に連絡したら繋がった。
そこで、「シミュレーションで支給額0円になるけど、それでも書類は必要?」と聞いてみたら「出来たら提出してください」と言われた。
「支給額0円なのに、面倒な書類は記入したくないなぁ」と思ったが、仕方がない。
ひとつひとつ説明を読みながら記入を始めた。

しかし、大概このような書類の説明は、「意味がよくわからない」場合がある。
特に「雇用保険非保険番号」などは、会社が管理しているので分からない。
そこで会社の人事部に行って聞くと、ちょうど私の同じ年齢の再雇用の人がいて「あっ、書類届いた?」と話してくれて、必要な番号を教えてくれた。
同じ境遇の人が、その部署にいてくれることは、説明の必要がないので、とても助かる。

それでも2~3箇所、どうしても「確認したい」箇所があり、また「ねんきんダイヤル」へ電話。
今度は1回で繋がり、事前に質問を箇条書きにして用意。
窓口の人はちょっと辿々しく「大丈夫かな」と思ったが、一生懸命丁寧に説明してくれたおかげで、疑問点はすべて解消。
最後に「郵送」「年金事務所への提出」かで迷ったが、もし不備があると事務所に行ったほうが分かりやすいかと思い「ねんきんダイヤル」の電話で、そのまま訪問日時を予約した。

提出は誕生日の前日以降からということなので、まだまだ先だけれど、いよいよ「年金受給」が自分自身に回って来る年齢になったのだなぁと書類を記入しながらしみじみ思ってしまった。
しかし、どうしてこのような書類って、記入がとても面倒なものなのだろう。
それが「お役所だ」と言われれば、それまでだけれど、こちらは会社員を続けてきて、それなりにこのような書類には慣れているつもりだ。
それでも、少し迷ったりするから、普通の人たちはもっと困るんじゃないだろうか?
今回の書類を「年金事務所」に提出したら、またこのブログで紹介してみたい。

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

自宅のMacは10年生

ずいぶん昔にブログに書いたが、初めてOA機器でキーボードを触ったのは30年以上前の「書院」というワープロだった。
今じゃ、信じられないが8インチ(およそ20cm)のフロッピーで保存していた。
その1年半後にはMS-DOSを触り、デザインのデジタル化の初期の頃に、Macintoshユーザーになった。
当時のWindowsは、全くデザインには不向き(今でも、若干そう思うが)だったために、ずっとMacintoshユーザーであり続けた。
そのうちにインターネットが普及し、顧客や外部協力会社とのデータのやり取りが増えてくると、MacintoshもWindowsも使えた方が便利になって来て、Windowsも使うようになった。
今、会社の机には「Windowsのデスクトップ」「Macintoshのノート」の両方が置いてあり「メインはWindows、サブ的にMacintosh」という感じで使っている。20200608

仕事ではそんな感じに「MacintoshとWindows」の両方を使って来たが、個人のPCはずっと「Macintosh」だ。
Windowsに替えても良いが、過去のデータやアプリケーションの互換性などを考えると、やっぱり替えづらい。
とくに写真がデジタルになってからは、Macintoshのアプリで管理しており、もう20年分が貯まってしまっているし、年賀状などもIllustratorといったMacintosh用アプリで作成しているために難しい。

以前は自宅でもデスクトップ型のMacintoshだったが、一つ前からノートに替えた。
そして現在使っているのが「MacBook Air」という機種で、これを型落ちで購入した。
Macintoshの特にノート型は、高い。軽く10万円は超えてしまう。
型落ちだと少し安くなるが、あまり古いと性能的に厳しいので、「そこそこの型落ち」で購入した。
確か6~7万円だったと思う。

この春その「MacBook Air」がかなりやばくなってしまった。
型式番号を見ると製造年が分かるのだが、我が家のMacBook Airは「2010年製造」
もう10年選手ということだ。
PCに詳しい人は分かるが、性能的に考えると普通「数年」で買い換えた方が良いと言われるが、そんな贅沢なことは出来ない。
それは「個人レベル」でなくても「企業レベル」でもそうだ。
前に「WindowsXP」「サポート終了」になった時に話題になったが、自治体などでも使い続けていてニュースなどで取り上げられた。
今年の1月にも「Windows7」「サポート終了」になり、ウチの会社の情報システム部門の担当者は、あちこちの部署のWindowsを入れ替えて大変そうだった。

まして「個人」となると、使えている間はやっぱり「買い替え」は考えない。
ところが3月のある日突然「終了できない」という状態になってしまった。
強制的にやれば「終了」できるが、起動してもう一度終了すると、また「終了途中」でずっとそのままになってしまう。
取り敢えず思いつくさまざまな方法で修復を試みてみたが、そもそも現在のシステムは買い換える前から「アップデート」を繰り返し来ている。
前々から「ちゃんと初期化して、キレイに作り直した方が良いなぁ」と思っていたが、それはそれで大変な作業になるため二の足を踏んでいた。

Macintoshは「Time Machine」というバックアップするアプリがある。
一応、外付けHDにデータは格納されているので、それで復元を試みたがうまくいかない。
「これは、いよいよ買い替えかなぁ」と思って、ネットで調べると2~3年の型落ちだと「7~8万円」で通販されていた。
「これくらいなら買ってもいいなぁ」と半分買い替える気持ちになっていたが「一度初期化して、再構築してみるか?」と最後の挑戦という感じでやってみた。

まずは外付けHDの「Time Machine」から起動して、内蔵HDを初期化、その後システムを再インストールしてみた。
すると問題なく起動、そして終了もできる。
「OK!OK!」と喜んで、最新のバックアップデータを復活させて、元の形に戻し、よく使うアプリケーションも使えるか検証してみた。
その結果「Office系はOK」だったが「Adobe系はNG」と言う状態で、そもそも持っていた「Adobe系」アプリのバージョンが古くて、無理無理使っていたためで、今のシステムでは使えない。
「なんとかならないか」と思ったが、無理なようで、仕方なくフリーで使用できる代替アプリを探し「何とか使える」状態にまで戻した。

今回は何とか「復活」させたが、何と言っても我が家の「MacBook Air」は、10年生。
そのうちに「活き還らない」日が来るかもしれないが、やっぱり使えるうちは使いたいのが人情。
しかし、「その日」が来る前には「MacintoshかWindowsか?を決めておかないといけないし、もしもWindowsにするなら、今のバックアップデータが活かせるかも考えておかないといけない。
などと思っているうちに、今度はプリンタが駄目になった。
これも「騙しながら」使っていたが、どうにもインクが出なくなり、諦めて買い替えた。
デジタルデータが自分の周りに溢れていくと、アナログ時代とは違う悩みが出てくるものだ。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

「麒麟がくる」が面白い

「新型コロナウイルス騒動~その11」「特別定額給付金」をネット申請したことを書いた。
未だに書類は届いていないが、先週無事に入金された。火災保険の更新やその他いろいろでアッと言う間に消えてしまうが、まぁありがたい。
このようにコロナ禍の記録のために書き始めたのは良いが、ずっと続いてしまってなかなかこの話題に触れることは出来なかった。

そもそもこのドラマは、「帰蝶」を演ずる女優さんが、放送開始まで1ヶ月半と迫った時期に不祥事で逮捕されてしまい、急遽代役となり放送自体も2週間遅れで始まるという開始前から話題になったものだ。
「大河ドラマ」をあまり熱心に観る方ではなく、興味があるテーマで、さらに面白くないと止めてしまう。20200601

「龍馬伝」は大好きな幕末でしかも「坂本龍馬」だったので、かなり期待したが「龍馬」にスポットを当てるというよりも「福山雅治」をどうカッコよく見せるかという感じのドラマになっていて、歴史的な順番も「?」と思うようなことが増えて、途中で止めてしまった。
同じく幕末物で「八重の桜」は、会津藩の話を詳しく知りたかったこともあり見始めた。
これは「会津戦争」まではとても面白く、毎週観たが明治後は少し興味が薄れてしまった。
ただこれを観たことで「会津の歴史の旅」はとても充実したものになった。
そして珍しく最後観たのは「真田丸」
脚本が「三谷幸喜」だったので、大丈夫だろうかと思ったが面白かった。
これは「池波正太郎・真田太平記」を読んでいたこともあったが、やっぱり何と言っても「草刈正雄」「真田昌幸」が良かった。
実際の「真田昌幸」も面白い人だし、その魅力が十分伝わるドラマだった。

今回の「麒麟がくる」は明智光秀がテーマ。
この人、個人的には故郷の近くに「明智町」という町があり、そこの出身と言われていたので身近感がある。ただし本当の出身はわからずドラマでは、もう少し岐阜よりの「明智の荘」とされていたが、土岐源氏なども実は「土岐市」という市名が残っており、これも一層身近に感じる。
また今までのところは美濃・尾張が中心の話で、私の住む地方に近く、番組の最後の「史跡紹介」では「ああ、ここは行ったな」とか「こんなところにあるんだ」と思うことがあり、それも楽しみになっている。

それでも最初に挙げた諸々の問題で話題になり「どんなもんだろう」と思って見始めた。
「面白い」
放送直後には話題になったが「道三の毒殺」シーンの衝撃、そして「本木道三」の迫力。
それから代役となった「帰蝶」も良い。
以前、清州城を訪ねた時に、近くの公園に「信長と濃姫」の像を見た。
(ここも先日の史跡紹介で出ていた)
その時の説明では「濃姫(帰蝶)の詳細はよく分かっていない」と書かれていた。
これは主人公である光秀も同じで、だからドラマではかなり勝手に面白くできるのだろう。

「立ち膝の座り方」とか「着物の色合いが派手過ぎる」を最初の頃は意見があったようだが、逆に今までの「時代劇的な表現」が間違っていて、今回のほうが「史実に合っている」とも言われている。
だって衣装デザイナーは、かの「黒澤明の娘、黒澤和子」だ。
本物へのこだわりはきっと父親譲りだろう。
私達の一般的な「時代劇の常識」とは、江戸時代に構築されたもので、戦国時代には通用しない。
良い例は「刀」で、戦国時代は「使い捨てにされていた道具」とのことで、「武士道」に関する考え方も同じだと聞いている。

「真田丸」のオープニングもとても気に入っていたが「麒麟がくる」も良い。
重厚な音楽と「和太鼓が良いなぁ」と思っていたら、20代の頃に好きだった和太鼓奏者「林 英哲氏」でびっくりした。
NHKというところは民放と違って資金が豊富なためオープンセットも含め、ちょっとした映画よりも豪快にそしてこだわって制作している。

前半のMVPでもある「道三」は、2年前に「国盗り物語」を読み返したために、土岐源氏や国衆との関係、そして当時の殿と家来の関係が分かっていて、より面白く感じた。
ただ「道三と深芳野と土岐頼芸」の三角関係は、とてもNHKで流せないくらいドロドロのものだけど。
「新型コロナ」の影響で、撮影ができていないということで「一時休止」になっているが、そろそろ明智光秀が「歴史的資料」に登場する時期に来ている(実際に、越前での生活は一部資料があるようだ)。
今までのように「資料がないから自由に創作」した時代から「ある程度、歴史的事実」を確認しなくてはいけない時代になる。

司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」は、歴史に登場する前の「竜馬像」は司馬さんの創作だが、そこが面白く一般の人の「竜馬像」になってしまっている。
そして「竜馬がゆく」も、その創作部分がとても面白くて人気がある。
個人的な感想だが、この小説の後半は、やはり「歴史的時系列の追従」になっていくため、前半ほど「魅力的な竜馬像」になっていない。
「麒麟がくる」の場合、道三のあとは「信長」像が興味津々である。
「信勝殺害」で見せた「狂気」は、これからの「信長像」を想像させ、ちょっと身震いした。
これからも面白いドラマであり続けていってほしい。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

元上司の急逝と見送る側の気持ち

まだまだ「新型コロナウイルス」の脅威がなくなったわけではないが、最初の大きな山は越えた感じがする(まだまだ先はわからないが)。
そして6月になり「違う話題を始めよう」と思った矢先20200601_20200525150601 「訃報」が舞い込んだ。
このブログでの「訃報」は、有名な人を取り上げられるが、今回は会社の人。
とは言っても実はこのブログには数年前まではよく「愚痴」の対象として登場した元上司だ。

私より学年で1歳半、学年では2つ上だったと思う。
執行役員だったために60歳で役員定年となり、それをきっかけに「私のいる部署」を離れた。
何度かこの話は書いているが、その「私のいる部署」は、今回亡くなった元上司が設立した。というか、私がまだ子会社いる頃に相談を持ちかけられ、ずいぶん一緒に働いたものだ。
その人の立場が変わるとともに徐々に私とは相容れなくなって(ちょうどその頃に、よくこのブログに愚痴を書いた)、疎遠になっていき、お互いに再雇用の身になってからは、会社の帰りに駐輪場で挨拶するくらいの関係になってしまった。

4月の頃に一度駐輪場であったが、GW前に「あまり良くない」との話が聞こえてきた。
再雇用でも執行役員までやった方なので、それなりに重要なポストに就いていることもあり、そのような情報は「箝口令」が敷かれて詳しいことは分からなかった。
ただ話の内容では「あまり長くない」という感じだったが、先週月曜に「急逝した」との連絡があった。
事前に聞いていたこともあり「思ったより早かったなぁ」と感じたのだが、ちょっとその後が問題となった。

うちの会社は割と昔ながらの風習が残っており、冠婚葬祭では会社から花や電報を送ったり、回覧が回ってくる。
特に逝去された場合は、お世話になった社員のうち可能な人たちは、お通夜やお葬式に出席する。
ところが最近は「家族葬」「近親者のみで執り行う」というものが増えてきた。
それでも社員本人が亡くなった場合は、ごく近しい社員や経営層は「特別」に焼香や香典を送りに出席させてもらうこともある。

今回もそのような「家族葬」「近親者のみ」との希望だったが、私と今の上司の二人くらいは「何とかご焼香を」と会社側からお願いしたみたいだが、どうも本人の「強い希望」とのことで、会社からは「一切何も受け取らない」ということだった。
良く一緒に仕事をしていた営業本部長などは「送る側の気持ちはどうなんだ」と言っていたらしいが、それを含めて「あの人らしい」と思える。
ちょっと批判めいた感じになってしまうが、病状が一気に進み、それまでの役職の後継や業務の引継など、聞いている範囲では十分に出来ていないと言うことだ。
ある意味、最後に会社に負担を掛けてしまったわけで(本人の気持ちは、そうでなかったにしても)、それらを含めてあまり「頑なに」ならなくても良かったのじゃないかと思っている。
ただそれは残されたご家族の「強い希望」らしいので、最後の最後に本人がどう思っていたかは分からないけれど。

以前「加藤和彦氏」が亡くなった時に、盟友である北山修氏は「急に知人が亡くなった場合、7日法要、49日、一周忌、3回忌と順番に『知人の死を受け入れる』ためのステップを経て、亡くなったことを認識していく」と話していた。
しかし今回の元上司は、そのような周りの「受け入れるステップ」の気持ちのことは考えずに「自分の気持」を優先したのだろう。

彼は、父親が「住職」であったために死生観が一般人と違う。
これは同じように「南こうせつ」も実家がお寺だったので、昔から独特の死生観がある。
コンサート中にも「次はいつ会えるかわからないから」と平気で話していたし。
人の「死生観」はそれぞれだから、それは良い。
でも「残された側」「見送る側」の気持ちにも、ちょっとだけ配慮してほしいものだ。
そのうち自分が「見送られる側」になる時に、「見送る側」の気持ちも考えておきたいものだと、元上司の急逝で感じることがあった。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »