« 今年のモータースポーツは面白い | トップページ | 残っていた北恵那鉄道の映像 »

2019年8月19日 (月)

還暦過ぎての手習い

先週、めでたく(?)62歳となった。
60歳を迎えた時には「還暦」とか「定年退職」とか節目めいたワードが周辺を飛び交って特別感があった。
だから再雇用となりこのブログにちょくちょく近況を書いているように、おかげさまで、多忙な日々を過ごしていて、最近では給料が減ったことや責任が小さくなったことにも慣れ、変わらぬ「日常」を過ごしている感じだ。20190819

そんな60歳を2年超える頃に、少し新しいことを始めた。
それは「鍵盤楽器」を購入して弾き始めたことだ。
突然に見えるかもしれないが、そうではなくて、ずいぶん以前から「少しは弾けるんじゃないかなぁ」とぼんやり思っていた。
このブログでも書いたかもしれないが、私はアコースティック・ギターを少し弾く。
ギター歴は兄貴の影響で、初めてギターに触ったのが小学性の頃とかなり長い。
けれど、本格的に習ったわけでもなく我流だし、どちらと言えば「弾きながら唄う」ことが好きで、それも「人前でやりたい」と思う方でもないので、年数の割には「そこそこ」の腕前だ。

昔々だと吉田拓郎やかぐや姫など、みんな「ギター」を抱えて唄うのが基本形だったが、オフコースなんか出始めてきたらピアノなどの「キーボード」の弾き語りというスタイルを見るようになった。
元々クラシックな感じの「ピアノ」には興味がないが、鍵盤を「コード」で弾くことには「どうやるんだろう?」と思 っていた。
中学校の音楽の授業で「ドミソ」の和音「C」というコードだと習ったことは覚えていたので、鍵盤でも「コードが判れば、それっぽく弾けるんじゃないのか?」と思うようになった。

いろいろネットで調べたり楽譜なんかも見たりしたが「結局楽器がないと分からないなぁ」となり、通販で検索してみた。
そうしたら、意外と安価で多機能な「キーボード」が数多く販売されているのを知った。
プロやバンドの人が使う「ローランド」のような本格的なものじゃなければ、「カシオ」「ヤマハ」でそれなりの鍵盤数と機能のモノを発見。最後は「やっぱり楽器メーカーだよね?」「ヤマハ」のものを選んで購入してみた。

頼んですぐに届き、セットして鳴らしてみた。
全く説明書を読まずに、いろいろボタンを押すと、様々な楽器音はするし、リズムも刻むし、コードもサポートしたり、本当に多機能だ。
性格的には「まずは触ってみよう」と、ネットで「鍵盤コード」の一覧表を見つけて、今までギター用のコード楽譜を使って弾いてみた。

ちょっと難しいコードになると「コード表」を見ながらでないとお手上げだが、左手でベースを弾きながら、右手てコードを押さえることは何とか出来そうだ。
試しに吉田拓郎の古い名曲「どうしてこんなに悲しいんだろう」を弾いてみたら最初の4小節が「おお!レコード(違うかCD?)と同じ音だ!!」と1人で感動してしまった。

キーボード特有の右手と左手の違いに戸惑ったり、ギターだとカポタストを使うことで音の高さを調整出来るが、キーボードはそれが出来ないので、コード変更しなくちゃいけないなど、戸惑うことも多い。
でも60歳過ぎても、新しいことが出来るようになるとは、ちょっと嬉しい。
キーボードはギターと違って、「ヘッドホン」をすれば、音が出ないので、夜弾いても近所迷惑にならない。
おかげで今は、思いつくとキーボードの前に座っている。

|

« 今年のモータースポーツは面白い | トップページ | 残っていた北恵那鉄道の映像 »

コメント

楽美さん、コメントありがとうございます。
事前にネットで調べたのですが、鍵盤楽器の独学は難しいそうです。

ただギターでのコード経験があるのが、結構役立つのは確かです。
それと鍵盤の場合、左手も右手もコードを使い、切り替えもあるし
メロディラインの指使いとか、難問だらけです。

毎日少しづつやって指が慣れていくのを待つというのも
ギターでの経験で覚えたので、焦らずにやっています。

動画アップは勘弁してください。
ギターでもそんな恥ずかしいことできないのに、まして鍵盤楽器では無理です。
また進捗あったら、ブログで報告しますね。

投稿: nobulog | 2019年8月22日 (木) 09時19分

こんにちは。
チャレンジ、素晴らしいです!
コードを覚えて弾けたら楽しいでしょうね。
TVで空港のピアノを弾く人を見たりしますが、大人から独学で始めた人も
けっこういるんですね。尊敬しちゃいます。
好きってことが大事なんだなぁと思いました。
曲を制覇したら、動画アップよろしくです~(なんちゃって)

投稿: 楽美 | 2019年8月21日 (水) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年のモータースポーツは面白い | トップページ | 残っていた北恵那鉄道の映像 »