« 「ブログサービス改悪の見本」の悩ましさ | トップページ | 今年のモータースポーツは面白い »

2019年7月29日 (月)

頑張れ!ついて来る世代

5月後半から7月にかけて、結構忙しい。
この忙しさは本業の方よりも、ヘルプで依頼される経営系のサポートの影響が大きい。20190729
そもそも総務や人事や経営企画などの組織があるこの経営系部門は、4~6月の第1四半期がとんでもなく繁忙期になる。

まず新年度が始まる。これは「入社式や人事異動、組織変更」、それに伴うあらゆる事務手続きやツールへの対応がある。
そして「決算」があり、やはりそれに伴う事務手続きやツールへの対応。その続きとして「株主総会」という企業にとって1~2位を争うビッグイベントがある。
私はこれらのうちの広報的なツールに対するサポートを行っているのだが、先に挙げた「総務」「人事」「経営企画」の3組織からそれぞれの依頼が来るので、堪らない。

再雇用時に、私の希望を聞いてもらい望んでサポートをしているのだが、最初よりも年々依頼が増えている。
私の前の席には在籍する組織の本部長がいるが、そのような状況を見て「ちょっと異常だよ。頼りにし過ぎじゃない」と言っている。
「そうだねぇ」と言ってはいるが、私としても「再雇用」なので、頼られないと困る立場でもある。

今、我が社はあらゆる部門で世代交代が進行中だ。
この「経営系部門」も同様で、今まで経験と能力によって判断され、うまく運営していた部門長クラスが次々と定年になり、新しい「ついて来る世代」に変わりつつある。
この「ついて来る世代」を見ていると、まだまだ意識が「課長の延長」的な部分が多く、サポートしながら「これは、指示を出して部下を動かさないと」と言ったり、「出来ないのは、分かるけれど、部門のトップだから対応しないと」と話たりする。

そういう私の姿を先の本部長が見ていて「現役の時と比べて、仏様のように優しくなったね~」と言ってきた。
そりゃそうだ。
その「ついて来る世代」が育とうと育たなくても、私には何の責任もない。
さらには「この子は、能力的に厳しいなぁ」と期待せずに話しているので、結局出来なくても腹も立たない。

来月で62歳になる私は、再雇用の再々延長となる(と思う)。
時間というのは残酷なもので、「ついて来る世代」がちゃんと職務を全うできる能力が身に付いてなくても、今まで文句を言いながらでも頼ってきた上司は、時が来ればいなくなるものなのだ。
私としては、折りに触れ「こういうことが出来ないとダメだよ」と言ってあげられるくらいで、あとは作業的なサポートに対応するだけ。
そして、こう祈ってやるだけだ。

「頑張れ!ついて来る世代たちよ!!」

|

« 「ブログサービス改悪の見本」の悩ましさ | トップページ | 今年のモータースポーツは面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ブログサービス改悪の見本」の悩ましさ | トップページ | 今年のモータースポーツは面白い »