« 祝意に満ちた令和の幕開け | トップページ | 近場の史跡巡り~華蔵寺(吉良家菩提寺) »

2019年5月27日 (月)

3世の姫、急成長する

新年度から長いGW、そして令和時代の始まりと変化が目白押しの春だ。20190520
今年の春は、桜が開花した途端、なかなか暖かくならず、なんと3週間も桜を愛でることができた。6~7分咲きからなかなか満開にならず、会社である人が「終業式から入学、新学期まで桜が咲いていた」と話していた。

そんないろいろ変化があった4~5月だが、身内にも大きな変化があった。
3世の下の姫が、4月から幼稚園に行きだしたという話は4月の終わりに少し書いた。
その後、娘が入園式の模様を中心に、大量の写真をクラウドにアップしてくれた。
園長先生らしき人に抱っこされて紹介されているところは、ちょっと半べその表情だったが、それ以外は小さな手で「ピースサイン」をしてご機嫌のようだった。

会社で婿にあった時に、少し聞いたのだが、入園した幼稚園は「おしめ禁止」らしく、便秘で薬を飲んでいる姫3世は、失敗することもあって、なかなかオシメが取れなかったらしい。
ところが、幼稚園に行きだして3日目くらいから、家でもちゃんとトイレに行けるようになって、婿も娘も「びっくり!」したそうだ。
娘にラインで確認したら、「そう!他の子がちゃんとするから、自分もって思ったのかなぁ」と返してきた。

初日は大号泣で登園したらしいけれど、その後は機嫌よくバスに乗って通っているらしく、娘は「家で親が見ているだけでは成長しないんだ」と思ったそうだ。
娘も2人の3世も、3月生まれ。
娘もそうだったが、早生まれで3月生まれ、そして女の子ってなると入園時には本当に小さい。
4月生まれの子とは丸1年違うから、親から見れば「まだまだ赤ちゃん」って思える。
けれど、周りの環境が変わると「どんどん成長」していくのだろう。

ただし、ラインした日は熱が出て、休んだらしい。
元気はあるので、風邪ではないようで「知恵熱かな?」と娘が言っていた。
姫3世もどんどん成長していく。
令和になり、3世たちも成長し、上の3世は再来年には中学生になる。
それだけこちらが年を取っていってるってことだ。

|

« 祝意に満ちた令和の幕開け | トップページ | 近場の史跡巡り~華蔵寺(吉良家菩提寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祝意に満ちた令和の幕開け | トップページ | 近場の史跡巡り~華蔵寺(吉良家菩提寺) »