« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の記事

2019年5月27日 (月)

3世の姫、急成長する

新年度から長いGW、そして令和時代の始まりと変化が目白押しの春だ。20190520
今年の春は、桜が開花した途端、なかなか暖かくならず、なんと3週間も桜を愛でることができた。6~7分咲きからなかなか満開にならず、会社である人が「終業式から入学、新学期まで桜が咲いていた」と話していた。

そんないろいろ変化があった4~5月だが、身内にも大きな変化があった。
3世の下の姫が、4月から幼稚園に行きだしたという話は4月の終わりに少し書いた。
その後、娘が入園式の模様を中心に、大量の写真をクラウドにアップしてくれた。
園長先生らしき人に抱っこされて紹介されているところは、ちょっと半べその表情だったが、それ以外は小さな手で「ピースサイン」をしてご機嫌のようだった。

会社で婿にあった時に、少し聞いたのだが、入園した幼稚園は「おしめ禁止」らしく、便秘で薬を飲んでいる姫3世は、失敗することもあって、なかなかオシメが取れなかったらしい。
ところが、幼稚園に行きだして3日目くらいから、家でもちゃんとトイレに行けるようになって、婿も娘も「びっくり!」したそうだ。
娘にラインで確認したら、「そう!他の子がちゃんとするから、自分もって思ったのかなぁ」と返してきた。

初日は大号泣で登園したらしいけれど、その後は機嫌よくバスに乗って通っているらしく、娘は「家で親が見ているだけでは成長しないんだ」と思ったそうだ。
娘も2人の3世も、3月生まれ。
娘もそうだったが、早生まれで3月生まれ、そして女の子ってなると入園時には本当に小さい。
4月生まれの子とは丸1年違うから、親から見れば「まだまだ赤ちゃん」って思える。
けれど、周りの環境が変わると「どんどん成長」していくのだろう。

ただし、ラインした日は熱が出て、休んだらしい。
元気はあるので、風邪ではないようで「知恵熱かな?」と娘が言っていた。
姫3世もどんどん成長していく。
令和になり、3世たちも成長し、上の3世は再来年には中学生になる。
それだけこちらが年を取っていってるってことだ。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

祝意に満ちた令和の幕開け

「令和」になって3週間近くなる。
前回もこの話題を書いたけれど、その時の空気感を備忘録にしておきたくて、もう一度同じ話題を続けることにした。
昨年の後半から徐々に話題になっていた「元号の切り替え」は、4月後半になってあらゆるメディアが話題に取り上げ、4月30日から5月1日には、まるで大晦日と元旦を迎えるような異様な雰囲気になった。
20190520_1

今振り返ると、私の子供の頃はまだまだ戦争の記憶も生々しい時代だった。
だから「天皇陛下バンザイ」と言って亡くなった兵士への想いも強く「天皇制は果たして必要か?」といった議論も子供なのによく耳にした。
平成時代の皇室を紹介するいくつかの番組を見ていると、そのイメージがこの30年で随分違ってきたことを改めて感じた。
それは、平成天皇皇后陛下の考え方や行動の賜物なのだろう。
ある番組で美智子皇后が旧体制にイジメられるドラマみたいのをやっていたが、あまりに「美智子さま=善、旧体制=悪」の構図が強すぎて、同時にネットを見たら「酷すぎる」のコメントが多く見られたのは、ある意味「狂騒」をよく表しているとも言える。
そんなテレビを見ていて、「新元号を迎えるカウントダウン」も何だかバカバカしくなってきて、GW10連休の最中だったが、さっさと寝てしまった。

次の日も「新元号、新天皇」の盛り上がりは続いており、こちらもついついテレビを見てしまっていた。
新しく皇后になられる雅子さまの、とても輝くような笑顔が映されたり、悠仁さまが緊張された表情だったりを「なんだかんだ」と言いながら見ていた。
そして5月4日の新天皇即位後初の一般参賀も各テレビで流されて、「新元号、新天皇」の一大イベントはピークに達した感じはあった。

そんな騒動を見ながら、自身二度目の「元号切り替え」の体験としては「昭和から平成」の時とは随分違うものに感じられた。
その理由の一番大きいのは「先の天皇崩御」だろう。
昭和天皇は崩御前から、毎日のように「下血」などの情報が流されて、世間的にも「歌舞音曲」を控える雰囲気になった。(下血とか歌舞音曲という言葉もその時に知った)
だから「平成になった」というより「天皇陛下が崩御された」というイメージが強かった。
さらに「昭和」という時代が、どうしても「天皇の名のもとでの戦争」があるため、振り返る話題も重かった。

ところが今回は「生前退位」でもあり、さらに平成天皇皇后陛下の行動により、皇室をとても身近に感じられるようになり、国民の多くが「祝意」を示した。
これから「令和」がどんな時代になるか分からない。
私の生きてきた「昭和」「平成」はもちろん、「昭和」でも「戦前」「戦後」は大きく違ったように、今までとは全く違う時代になるかもしれない。
ただ、それは急に変わるわけではない。
「江戸」から「明治」になった時でも、「西南戦争」までの10年間は試行錯誤の時期だった。
今回も、そんなふうに徐々に「令和」という時代に変化していくだろうが、こんなに「多くの国民が祝意に満ちた退位と即位、新元号の切り替え」を体験できたことは、とても有り難いことだったと思う。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

令和時代、始まる

長いGWだった。
世間では10連休と騒いでいたが、ウチの会社の場合4月30日と5月2日は、出勤日として「休める人は有給を取得してください」という感じになった。20190513
知っている人もいるだろうが、今年から企業は「年5日以上有給を取得させること」が義務付けられたし、安倍内閣主導の「働き方改革」の影響で、企業としては「社員をできるだけ休ませる」方向になっている。
とは言え、長期に企業活動を停めることに慣れていない日本企業としては、なかなかインパクトのある出来事だった。

この長いGWの間に、時代は「平成」から「令和」に変わった。
なんとなく始めたブログだったが、これで時代を「超えた」ブログとなった。

平成の終わりには平成時代を振り返るTV番組が多かったが、その中でNHKの「天皇の物語」が面白かった。
全部で4話構成だったが、敗戦を経て「象徴」の姿を追い求め続ける天皇陛下や初の民間から皇室に嫁がれた皇后陛下の話など、実に興味深かった。
特に「美智子皇后」が今の皇室に与えた影響は想像を絶するモノがありそうだ。

乳母制度をやめ、一般人と同じように自分たちの手で子育てをしたり、国民との距離感を縮めたり、でも天皇陛下のスピーチ中に暴漢が出たときには、素早く手を陛下の前に出し防御しようとしたり、本当にスゴイ方だと思ってみていた。
そして何よりスゴイと思ったのが、平成天皇の立ち居振る舞いや表情が、どんどん優しくそして国民に寄り添っていくようになったことだ。

若い皇太子時代の陛下は、椅子に座ると足を組んだり、ちょっと上から目線で周りの話を聞く姿が見られ、最近のお姿からすると、想像できない雰囲気を持っていて、近寄りがたい感じだった。
それが今では、本当に「国民に寄り添っている」お姿を体現されているようで、もちろんそれが天皇陛下の努力だったり考え方の変化だったり、いろいろあるだろうが、美智子皇后の影響が大きいかったのではないかと想像される。

私は昭和30年代の生まれだ。
今から思えば、戦後間もなくの時期で、「天皇のために命を落とした」という戦時のイメージが色濃く残っていた。
なので、学校の先生にも革新系の人が多く、どちらかと言えば「天皇制」に懐疑的もしくは反対の人が多かった。
そんな影響もあり、私自身も「たくさんの税金を使っている皇室って必要なのか?」と子供心に感じていたことを思い出す。
今でもそういう思想の人もいるだろうけれど、あの頃と比較して今は、とても「天皇」という存在を間近でそして日本人にとってかけがえのない存在と感じている人が多いのではないだろうか?
この感情の変化は、一朝一夕で成ったものではなくて、やっぱり平成天皇と美智子皇后の行動の積み重ねの成果なのだと思う。

「戦争のない時代を過ごすことができた」
そう平成天皇は述べられた。
そしてご自分たち の手で育てられ、平和の大切さを幼少時から諭され成人になられた新天皇陛下。
さらにグローバルの感覚を持って皇室に入られた新皇后陛下。

どんな令和時代になるのだろう。昭和・平成・令和の3時代を生きることになるとは、思いもしなかったなぁと考えながら、新時代を迎えた。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »