« 最近のクルマはどうなのか | トップページ | 令和時代、始まる »

2019年4月29日 (月)

子どもを題材にした親バカツールも変わる

ある時、突然娘からLINEがきた。
「婿の名前」「作」とあって、子ども姿のスタンプが貼られていた。
写真で見たことある姿だったので、「三世の姫」の写真を利用して創ったイラストだと分かった。
どうも婿が、写真をベースにして「コツコツ」と創ったようだ。
「有料スタンプ」となっていたけれど、「ジジバカ」なので、当然購入した。

そのスタンプの絵柄を見ながら、娘が生まれた頃を思い出した。Fireshot-capture-054-line-line-store-sto  
その時には、もうグラフィックデザイナーになっていたが、子どもが生まれた翌年の年賀状には、「子どもの写真」を載せて作成した。
そうしたら、先輩のディレクターから「子どもの写真を載せた年賀状を送るなんで、クリエイターとしてあるまじき行為」と言われた。
もちろん、それは冗談だったけれど、その先輩は自分の家族の写真を使った年賀状など制作せず、毎年「デザインチックな」年賀状を送ってくれた。
私自身も、ちょっと「クリエイター魂」が熱い時期でもあったので、「それもそうか?」と納得し、その後、家族の写真を使った年賀状は創らなかったが、子どもが出来るとそれを年賀状に使うのは、「親バカ」の典型的な行為だ。

その頃、よく会っていた友人は、子どもの写真を使った「テレホンカード」を作って、プレゼントしてくれた。多分、それは奥さんの方の発案だった気がするが・・・・・。
おそらく、あの頃多く親が「親バカ」としてやっていたのだろうし、制作するサービスが、あちらこちらにあったのだろう。
しかし、今では「テレホンカード」というもの自体なくなってしまい、平成生まれの人たちには、何するものなのか分からない時代になっている。

最近は「写真」そのものが「デジタルデータ」になり、インターネットなどでは「オリジナルアルバム」を簡単に制作できるようになっている。
私の二人の三世の写真も、ほとんどがデジタルである。
1番目の三世が、もうこの春で小学5年生なので、かなり大量の写真データがある。
さすがに「オリジナルアルバム」は創っていないが、最初の三世と言うこともあり、送られてくる写真データを使って、オリジナルスライドに音楽をつけてDVDに焼いたりして「ジジバカ」ぶりを発揮していた。

二人目は「姫」なので、それはそれで可愛くて写真も娘から送られてくるが、やっぱり一人目よりは量が少ない。そしてこちらもDVDを制作したりもしていない。
でも、今回のLINEスタンプの作成は、今の時代にあった「親バカ」行為なのだろう。

こうやって思い返すと、昭和から平成、そして令和へと、いつの時代も「かわいいわが子や孫」にお金を使う「親バカ」「ジジバババカ」行為はなくならないんだなと思うのであった。
ちなみに、そのLINEスタンプは、下記から購入できるので、もし良かったら、購入してみてください(これもジジバカですな)。

https://store.line.me/stickershop/product/7034760/ja

今回で平成時代のブログは終わり、次回から令和時代となる。やめずに何となく続けてきただけなのだが、時代を跨ぐブログになってしまった。次回から令和時代に突入します(と言っても、特に変わるわけではないけれど)。

|

« 最近のクルマはどうなのか | トップページ | 令和時代、始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のクルマはどうなのか | トップページ | 令和時代、始まる »