« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の記事

2019年4月29日 (月)

子どもを題材にした親バカツールも変わる

ある時、突然娘からLINEがきた。
「婿の名前」「作」とあって、子ども姿のスタンプが貼られていた。
写真で見たことある姿だったので、「三世の姫」の写真を利用して創ったイラストだと分かった。
どうも婿が、写真をベースにして「コツコツ」と創ったようだ。
「有料スタンプ」となっていたけれど、「ジジバカ」なので、当然購入した。

そのスタンプの絵柄を見ながら、娘が生まれた頃を思い出した。Fireshot-capture-054-line-line-store-sto  
その時には、もうグラフィックデザイナーになっていたが、子どもが生まれた翌年の年賀状には、「子どもの写真」を載せて作成した。
そうしたら、先輩のディレクターから「子どもの写真を載せた年賀状を送るなんで、クリエイターとしてあるまじき行為」と言われた。
もちろん、それは冗談だったけれど、その先輩は自分の家族の写真を使った年賀状など制作せず、毎年「デザインチックな」年賀状を送ってくれた。
私自身も、ちょっと「クリエイター魂」が熱い時期でもあったので、「それもそうか?」と納得し、その後、家族の写真を使った年賀状は創らなかったが、子どもが出来るとそれを年賀状に使うのは、「親バカ」の典型的な行為だ。

その頃、よく会っていた友人は、子どもの写真を使った「テレホンカード」を作って、プレゼントしてくれた。多分、それは奥さんの方の発案だった気がするが・・・・・。
おそらく、あの頃多く親が「親バカ」としてやっていたのだろうし、制作するサービスが、あちらこちらにあったのだろう。
しかし、今では「テレホンカード」というもの自体なくなってしまい、平成生まれの人たちには、何するものなのか分からない時代になっている。

最近は「写真」そのものが「デジタルデータ」になり、インターネットなどでは「オリジナルアルバム」を簡単に制作できるようになっている。
私の二人の三世の写真も、ほとんどがデジタルである。
1番目の三世が、もうこの春で小学5年生なので、かなり大量の写真データがある。
さすがに「オリジナルアルバム」は創っていないが、最初の三世と言うこともあり、送られてくる写真データを使って、オリジナルスライドに音楽をつけてDVDに焼いたりして「ジジバカ」ぶりを発揮していた。

二人目は「姫」なので、それはそれで可愛くて写真も娘から送られてくるが、やっぱり一人目よりは量が少ない。そしてこちらもDVDを制作したりもしていない。
でも、今回のLINEスタンプの作成は、今の時代にあった「親バカ」行為なのだろう。

こうやって思い返すと、昭和から平成、そして令和へと、いつの時代も「かわいいわが子や孫」にお金を使う「親バカ」「ジジバババカ」行為はなくならないんだなと思うのであった。
ちなみに、そのLINEスタンプは、下記から購入できるので、もし良かったら、購入してみてください(これもジジバカですな)。

https://store.line.me/stickershop/product/7034760/ja

今回で平成時代のブログは終わり、次回から令和時代となる。やめずに何となく続けてきただけなのだが、時代を跨ぐブログになってしまった。次回から令和時代に突入します(と言っても、特に変わるわけではないけれど)。

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

最近のクルマはどうなのか

今月から新年度が始まった。
正月に娘一家に会った時に、下の3世の姫は「幼稚園」に入れると言っていた。
最初の頃は「行きたくない」と言って泣くだろうなぁと話していたが、案の定初日は「大号泣」だったとラインが来ていた。
2日目は何とかバスに乗ったと言っていたが、いずれにしろ、娘一家には大きな変化の新年度である。
  20190401
しかし今日の話題は、まったくそれとは関係ない。
信号でクルマが停まって、発進するたびに「キュルル」という音がする。
これは「アイドリングストップ」という機能だが、あの音を聞くたびに「アイドリングストップ機能ってクルマに負荷が掛からないのか?」と思う。
私のような古い時代の人間からすると、あんなに頻繁にエンジンを停めたりかけ直したりするなんて、ちょっと考えられない。昔のクルマだったら、絶対に壊れてしまう。
 
以前に少し触れた「オートブレーキ」など、最近のクルマにはいろいろな機能が満載だ。
私のクルマには「オートライト」「オートワイパー」の機能が付いている。
ただこの機能も便利な時、不便な時と一長一短ある。
 
例えば「オートライト」
高速道路なので、連続してトンネルが続くような場合には、いちいちライトのON・OFFしなくて良いので、すごく便利だ。
でも、曇天でちょっと暗いだけでもヘッドライトが点くことがある。それだけなら良いが、それと同時に車内の照明も点くし、テレビモニタも夜間用に「ちょっと暗い画面」に切り替わってしまって見づらくなる。
 
「オートワイパー」は、もうちょっと不便だ。
フロントガラスに雨粒が結構付くようになっても、ワイパーが動かなかったり、逆にほとんど降っていないのに、突然動いたりする。
間欠ワイパーも、なかなか自分の思う間隔で動いてくれないので、ちょっと「イラッ」とすることがある。
とは言え、両方ともの機能は「運転に集中させてくれる」ので、それなりに「安全」に結びつく機能だと思っている。
 
私たちの若い頃は「何馬力」とか「キャブレターが」とか「コーナリング」とか、とにかく「走り」中心型の宣伝が多かった。
けれど最近は「快適」「安全」を全面に出している宣伝が多い。
実際クルマメーカーも「快適に移動する空間」としてクルマを開発しており、「速く走るための」道具ではなくなってきている。
  
今のクルマは今年で7年目だ。
5年目で買い換えなかったので10年くらいは乗るつもりだが、ここのところ4台続けて「ゴルフ」と言う「ドイツ」のクルマだ。
ただ次は再雇用の身なので、もう国産車の軽自動車かリッターカーくらいでないと購入できない。
それに今のクルマは「ハイオク」と言って、ちょっとガソリン代が掛かるのも10年以上乗るのも大変だ。
実際に買い換えるのはもうちょっと先だけれど、次のクルマはやっぱり「安全装備」を重視して選ばないといけないなぁと思いつつ、思い出したようにネットで「最近のクルマの情報」を眺めている状態だ。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

便利なのか?不便なのか?

この「nobulog」も、早いもので、始めてから10年以上続けてきている。20190408
これはNiftyの「ココログ」というサービスを利用しているが、先日システム・リニューアルがあった。
事前に案内はあったので知っていたが、いきなりトラブルが発生した。
いつも、登録したあとに日時を設定してタイマーで公開されるようにしている。
ところが、その時間が過ぎても公開されていない。
「おかしいな」と思い、ログインして少し操作をしたら無事に公開された。

このようなトラブルが起きるたびに思うことがある。
30年前に初めて「ワープロ」に触ったが、今の世の中は「デジタルなし」の生活が難しくなっている。
スマホにPC、ガラケイと言われるものでもネット接続が可能になり、「ネット経由」というものが特別なことではなくなっている。

そしてより便利に、より安全に使えるようになるために「リニューアル」「アップデート」と言うものが行われるが、そのたびに「憂鬱」な気分になる。
今、一番頭が痛いのは会社で使っているWindowsだ。
現在のOSはWindows7なのだが、Microsoftのサポートが今年で終了することになっている。
これは「今後、安全性は保証しませんよ」と言っていることと同じなので、OSそのものをアップデートしなくてはいけない。

私のPCは、導入時に「Windows10」のアップデートサービス付きだった。
だからOSを入れれば良いだが、単純なOSアップデートではなく「初期化」したうえで、Windows10をインストールしなくてはいけない。
これが結構、手間がかかる。

データのバックアップはもちろん、インストール後もデータ互換性の確認やアプリの不具合、プリンタやサーバとの接続状態など、今までと同じように使用できるか確認することが盛り沢山だ。
そうなると日々の業務が忙しい時などは無理だ。
1~2日くらい少し空いた時期でないと、なかなか難しい。

こんなことは、デジタル機器を使わなかった時代にはなかった悩みだが、PCにしてもスマホにしても2~3年に1回くらいは大掛かりなアップデートがある。
そのたびに「憂鬱」な気分になる。
確かにデジタル機器が生活の中に溢れ、仕事も遊びもまったく行動が違ってきて、すごく便利なことが増えた。通販なんかは、その筆頭だ。
いろいろ問題はあるが、ネットで注文すれば当日もしくは翌日には届くし、単身住まいには嬉しい日時指定もできる。世界的に見ても、アマゾンなど通販企業が経済を席巻しているということは、それだけ世界中の人が「便利」と感じている証拠だろう。

けれど、このようなアップデートなどによりトラブルに見舞われると、いったい「本当に便利になっているのかなぁ」と疑問が頭を過ぎる。
とは言え、近々アップデートをしないといけないなぁとタメ息をつく毎日である。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

新元号「令和」発表騒動

子どもの頃、こんな体験をすると思わなかった。20190408_4
私はもちろん「昭和」生まれなのだが、「昭和」という時代はとても長かった。
昭和天皇が崩御される前に「次は何という元号になるんだろう」と話したことを覚えている。
そして「平成」になった。
「人生の中で新元号発表の瞬間を味わえると思わなかった」
とあの時は思ったが、それが2度も体験するなんて、想像もしていなかった。

そのおかげで、前回の「平成」発表との違いをとても感じることができた。
前回は「天皇陛下崩御」という日本全体が悲しみというか喪に服している最中だった。
今回は「生前退位」となったため、雰囲気からして違っていた、
まず今回のように、テレビで「〇〇時代を振り返る」とか「新元号予想」のような浮かれた番組がなかった。

さらに新元号が「令和」と発表される時も、細かくスケジュールを発表し、テレビもネットもSNSもフル稼働した。私も会社のネット経由でライブを見ていたが、発表が近くにつれ、ネットのスピードが落ち、視聴が難しくなった。
そして「令和」と発表された途端、同じ漢字の名前の人や、地名にはないとか、国内だけでなく海外の企業名まで「関連づけ」て記事にされていた。

この現象を見ていて、「昭和から平成」に変わった時とは随分違っていると感じた。
その1つは、先に書いたように前回は「崩御」を受けての改元だったが、今回は「生前退位」による改元で、どこかで少し「お祝いムード」の感じがあった。
会社でもそんな話が出て「これなら生前退位も良いよねぇ」と言う人もいたが、歴史を見てみると「権力の二重構造」を生む場合もあるので、単純に制度化するわけにはいかないだろう。
それはそれで別の課題だけれど、こんな「お祝いムード」で改元されるのは、悪いことじゃないなぁと思った。

もう1「平成」に変わった時と圧倒的に違うのはネットの普及だ。
これも先に書いたけれど、「同じ漢字の名前」「地名」「企業名」などなど、ネット時代得意の「検索機能」をフルに活用して次々ネット上に紹介されていた。
同じような傾向が、次の新聞記事にも載っていて、それを見て「ずいぶん30年前と違うなぁ」と驚いた。
そして次の日には「企業名に『令和』を入れるところが出てきた」のような便乗というか後追いの記事まで紹介されていて、もう「令和」つながりなら何でも記事になるようだった。

私の年齢から見れば、昭和には2つのイメージがある。
子ども頃は、まだまだ「戦争」に関連する議論が高く、その後「高度成長」につながり国も街も豊かになった。
平成は「災害の時代」と言われるが、今回の改元発表騒動を見ていると「ネットの急激な進歩」も特徴的な側面だろう。
さて、来月から始まる「令和」はどんな時代なのだろう。
個人的には「老後の時代」になることは間違いない。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

訃報 萩原健一

今日から新年度、そして今日のお昼には新元号が発表される。
いよいよ平成の最後の時期になってきた。

そんな時に第一報は、風呂上りにTVを点けたときだった。 20190401
いつもはそんなことをしないのに、たまたまTVをオンにしたら、このニュースが流れていた。
「ウソッ」
これが、最初の感覚。
そのあと、私が高校時代の頃が、走馬灯のように思い出された。

「萩原健一」「ショーケン」と呼ばれるこの人は、私の同世代から見れば
「片島三郎」であり「あにき」であり「マカロニ刑事」であった。
特に「片島三郎」は、強烈である。
これは「前略おふくろ様」の役名。

今のようにネットのない時代だし、ビデオ録画もない時代だったので、毎週放送を楽しみにして、その時間に合わせて宿題をやっていた。
そして、学校に行くと「かすみちゃんが、こうだった」とか「半妻さんが、どうだった」とクラスでわいわい話したものだ。
私の同級生の中には「前略おふくろ様」に刺激され、調理師になったやつがいる。

「傷だらけの天使」も我々世代には強烈な印象だった。
水谷豊が「あきら」と呼ばれ、軟弱な若者で、いつも「あにき~」と言っては萩原健一演ずる「おさむちゃん」にくっついていた。
このドラマは、おしゃれだったし、型破りだったけれど、一番カッコよかったのはオープニングだった。

この2つのドラマは、書き出すと停まらないくらい想い出がたくさんあるし、今だってYouTubeに載っていたり、スカパーで放送されたり、時にはパロディになったりするくらいインパクトのあるものだった。
音楽も演出も脚本も周りの役者もスタッフも、すごく良かったし、贅沢な創りだったが、やっぱり萩原健一の魅力が、私たち世代を魅了させたのだろう。

破天荒でいろいろな事件も起こしたけれど、今の奥さんと出会ってからは平穏な人生のようだったし、何より私たち世代の青春時代を、楽しく彩ってくれた彼に、ありがとうと言いたい。

合   掌

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »