« 再雇用者にこんなに頼ってて大丈夫か? | トップページ | 「デザイン」の範囲が違ってきた »

2019年3月11日 (月)

選択が難しい高齢者の問題(免許証返納と認知症)

数年前から高齢者のうっかり運転での事故が話題になるようになった。
私自身、まだ60代に入ったばかりの年齢なので、大丈夫だと思っているが、昔に比べれば長距離の運転は疲れるようになった。20190311
一度なんか日帰り温泉の帰りに、高速道路でウトウトしそうになって車線からはみ出し、びっくりしたことがある。
なので、今後もしクルマを買い換えるとしたら、オートブレーキなどのセーフティシステムを搭載しているクルマにしようかと思っている。

ちょっと話題が変わる。
私は父母ともに早くに亡くしている。
私が二十歳になった年には、もう両親とも亡くなっていたから、世間的には「かなり早くに」両親を亡くしている。
ただ今この年齢になってみると「親の介護」で悩まなくて済んでいる。

いつだったか兄貴とそんな話をしたが、大抵50代くらいになると皆、「介護問題」にぶつかるが、おかげさまで、それはない。
なんて思っているうちに、今度は自分が「介護される」年代が徐々に近づきつつある。

ある時、会社でこんなことが話題になった。
「義父が75歳以上になったので、親戚や周りから『免許証返納した方が良い』と勧められて返納したら、外に出かけなくなり、あっと言う間に認知症になった」
そんな話をする人がいた。
その方は定年後も毎週、クルマで喫茶店に出かけ、昔の仕事仲間と談笑していて、免許証返納後も「電車行けば良い」と周りは勧めたそうだ。
でも、いつもクルマで動いていたからか「電車に乗ってまで行くのは」と行かなくなってしまったとか……。

また、ある人は「身体が健康なうちは働いた方が良い」というが、定年・還暦を越えてくると「そろそろのんびりしたい」というのも本音だ。
ただ朝起きて「今日は何しようか?」なんて思うような日を繰り返すのは嫌だ。
さらに今みたいに思いついて「クルマに乗って日帰り温泉」なんてことも、免許証返納したら出来ない。

そもそも自然に囲まれた日帰り温泉なんて、公共交通機関なんかで行けないところが多い。
じゃ、ずっとクルマの運転できるかと言えば、冒頭に書いたようにいつまでも若いときのように運転できるわけじゃない。
そして「危ない」と言って免許証返納したら、「出不精」「家にこもりがち」になって認知症になってしまう。
どっちを選択しても、異なる心配事が頭を駆け巡る。
まだまだ先のことだけれど、選択の難しい問題だ。

|

« 再雇用者にこんなに頼ってて大丈夫か? | トップページ | 「デザイン」の範囲が違ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再雇用者にこんなに頼ってて大丈夫か? | トップページ | 「デザイン」の範囲が違ってきた »