« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の記事

2019年2月25日 (月)

「働き方改革」は、大丈夫なのか?

先週、TV(具体的に言えば「ワイドなショー」)を見ていた「働き方改革」の影響について、とても身近な感じで話しているのを聞いた。
例えば、こんな感じだ。20190225
 
・長時間のロケ撮影だとマネージャーを交代しないといけない
・同じく長時間だと、制作や撮影スタッフが途中交代しないといけない
・アナウンサーも残業時間のチェックを頻繁にする
 
そもそも、長時間拘束されること自体が大きな問題で、それを「改善」しようというのが「働き方改革」の狙いだというのは、とても分かる。
「働き方改革」が声高に言われるようになったのは、例の「代理店の社員の自殺」が発端だ。
このことに関して思うことは、何度かブログで書いてきたので省くが、単に「長時間残業や勤務をやめましょう」って話じゃない。
 
さっき挙げたようにマネージャーやスタッフを交代しなくちゃいけないってことは、それだけ多くのコストが必要になるってことだ。
これは、実はどこの企業でも起きる問題だ。
ウチの会社でも、もう何年も前からこの問題に頭を抱えている。
仕事柄、やっぱり残業が多い。原因は、お客様からの原稿が遅れたとか大幅な修正が入ったとか、まぁお客様側の都合が多い。
それを「社内努力」と言う名の「長時間残業」「休日出勤」で何とかしているというのが現状だ。
 
これを「働き方改革」と言う名のもと、「長時間残業」「休日出勤」を禁止したら、どうなるか。
「そのような対応はできません」とお客様に断りを入れれば、二度と仕事をいただけなくなる。
だから、二交代・三交代シフトにして人員を増やすとなると、今度は「コスト高」になるから、これまた「企業の利益」が少なくなる。
「企業の利益」が少なくなると、「企業の継続が難しくなる」「社員の給料を下げる」しか方法がない。どっちにしても企業で働いている人には、「うれしくない」話になりそうだ。
 
今の「働き方改革」の論調は「長時間労働させる企業が悪者」的な感じだけれど、じゃあ多くの人員を抱えて、日本の企業全体が「コスト高」になり、世界マーケットに対して「競争力の無い企業」になってしまうってことになるのは、想像に難しくない感じがする。
他にも「女性活躍推進」のために「産休・育休制度の充実」「時短勤務の充実」などなど、制度の充実化が進んでいるが、これも「人件費が膨らむ」要因になる。
 
今までのように月に「100時間以上の残業」とか「何日も休みなく働く」ことが良いこととは思わない。
でも、この「働き方改革」も行き過ぎてしまうと、「企業の競争力」減少という元も子もなくなる結果になるんじゃないだろうか?
若い頃のように「ああ、休みが欲しいなぁ」とか「早く帰りたいなぁ」と単純な一面的な見方だけでなく多面的に企業を見られる年齢になったからこそ、感じる根本的な課題だと思う。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

盛り上がったガンダム THE ORIGIN

偶然だが、ちょっと先週の続きのような「オタク的な」話題。
 
20190218「ガンダム」という有名なアニメがある。
初めて「ガンダム」という名前を聴いたのは、デザインの学校に行っていた頃なので、もう40年くらい前だ。
今年「ガンダム誕生40周年」ということだから、記憶に間違いはない。
ただし、私はデザイン学校のクラスメイトが、そんな話で盛り上がっていたが、観ていなかったのでよく分からなかった。
 
その後、社会人になって再放送を観てハマった。
何しろ私の世代だと「ロボット」と言っていたのに「モビルスーツ」とカッコイイ言葉に変わっていたし、「ニュータイプ」とか「スペースノイド」とか、とにかくカッコイイワードが次々出てくる。
そして設定自体もそれまで観ていた「正義の味方vs悪者たち」ではなく、特に敵役側のメカがカッコよく、なかでも「シャア」は、敵ながら一番人気があったのではないか?
 
それに「セリフ」も、なかなか味があった。
「親父にも打たれたことないのに」
「連邦軍のモビルスーツの性能とやらを」
「僕が一番ガンダムを上手く操れるのに」
と、なぜか印象に残るセリフが多いのも、この「ガンダム」の特徴だ。
 
その後、シリーズ化され今でも「ガンダム○○」という名で続いている。
さすがに最近は全く観なかったが、昨年あたりYouTubeに「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」という動画がアップされているのを観た。
最新のCGでモビルスーツや艦隊戦を描いたアニメは、その動きと品質に久しぶりに「カッコイイ」と思っていた。
 
この「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」は、全6本で構成される劇場公開ものだ。
「いつか見たいなぁ」とぼんやり考えていたら、年末の「スカパー!」ガイドブックに「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 全シリーズ一挙放映!」の記事を見つけた。
「これは録画しなければ」とさっそくチャンネル契約し、お正月休みにずっと見ていた。
あまりに面白く、会社でうっかり前の席の本部長に話したら「見せて欲しい」と頼まれた。
 
彼は私より10歳年下。完全な「ガンダム世代」だ。
ただそれまで「ガンダム」の話題を話したことはなく、そんなに好きだったと思っていなかったので、今回の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 全シリーズ一挙放映!」はしなかった。
自分の保存のブルーレイに焼いていたので、それを貸すと「メチャクチャ面白い」と言ってきた。
その後、彼は同じ部の副部長と営業本部長と3人で飲みに行って、ずっとその話で盛り上がったそうだ。
 
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」はとても良く出来ていて、初代「ガンダム」が好きな人には堪らないキャストが出てくる。
「ランバ・ラル」「クラウレ・ハモン」が出たかと思うと「ララァ・スン」「フラウ・ボゥ」「カイ・シデン」そして最後には「カツ、レツ、キッカ」まで出てくる。
私のブルーレイディクスは、そんなわけで今、次々人の間を回って観られることになったわけで、予想しない盛り上がりとなってしまっている。
 
そんな中、4月からNHK総合テレビで、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を再編成して放送されると聞いた。これはこれで、また観てしまうのだが、コンテンツのデキが良いと、40年経っても活かされるものなのだと思い知らされる出来事だった。

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

トクサツガガガは「あるある」ドラマ

番組の宣伝を見てちょっと興味を持っていた。
ただあまり「ドラマ」を観ない方なので、どうしようかなぁと思っていた。
TVドラマは最近まったく観ない。
理由はいろいろあって、ここに書けるほど「これ!」という理由があるわけじゃない。
ただこの「トクサツガガガ」は、「トクサツ」と言う言葉で興味を持った。
20190211
 
もっとも私の好きな「トクサツ」は、年齢的に「ゴジラ」「ガメラ」とか怪獣ものが主流で、戦隊ものが流行り始めた頃には大人になっていたので、興味を示さなかった。
しかし番組の宣伝を見ていると「心に秘めた何かハマッている人」には、響く内容に思えた。
そう思っていたが第1回の時には、うっかりしててチャンネルを変えた時には「トライガーの君(ドラマを見ている人には分かるはず)に地下鉄で出会い、目と目とで分かり合えるシーンだった。
 
「これは面白そう」と思い、第2回からは録画してみることにした。
観るまで知らなかったが、このドラマは私の住んでいる街のNHKが制作していて、ロケがこの地方で行われている。
だから、第2回に出てくる「ヒーローショー」は、有名なスポットだったり、商店街も「ああぁ、あそこだ」と場所が分かるのも個人的には楽しめる。
 
しかし、この「トクサツガガガ」の最大の面白さは、何かにハマッている人たちの「あるある」だ。
私自身、この主人公のように内緒にしていたわけではないが、先に挙げたように「怪獣的な特撮」が好きだ。
北代さんじゃないが(これもドラマを見ている人には分かる)声高に言うことでもないと思っているので、会社でその話題を人に話したことはなかった。
ただ、どんなきっかけだったか忘れたが、10歳以上年下のある社員と、その分野について話すようになった。
 
それからどのくらい経ったか覚えていない。
私とその社員と「例の」と言った調子で分かる人にだけ分かる符丁で話していたら、後日さらに年下の社員が「もしかして、あちらの方?」とこれまた符丁で尋ねられ、盛り上がってしまった。
私を含めたこの「怪獣的な特撮ファン」は、私が一番の年長者、そして10歳下、15歳くらい下と年齢差がある。
私以外の二人からすれば、私は「創世記のゴジラをリアルタイムで観た人」と一目置かれる立場なのだが、これも「オタク」の中だけで、通じる価値観だ。
 
「トクサツガガガ」で言えば「吉田さん」的なポジションなのだが、私自身「吉田さん」のように「良い年齢して」と迷ったことはない。
なにせ私の2歳上に、もっと詳しい友人がいて、昔は古いゴジラ映画を見ながら「ああだ、こうだ」と夜中に語り合ったものだ。
これを他の二人に話すと、「羨ましい」と言うが、これも「オタク」のあるあるだ。
 
こんなふうに「トクサツガガガ」には、分野がイロイロ違うにしても何かにハマッている人(あえて、オタクとは言わない)たちにとって、とても「あるある」なシーンや言葉が次々出てくる。
最近NHKは「チコちゃんに叱られる!」「トクサツガガガ」のように、以前のNHKでは考えられないような番組がどんどん出てくる。
そして、制作費が豊富にあることもあり、どれもなかなか良質なデキだ。
まずはこの「トクサツガガガ」は、今のところ楽しみな番組の一つとなっている。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

変化の時代、真っ只中

再雇用とはいえ、まだ企業の一員でいるからだろうか?
2~3年前から「ものすごく大きな変化の時代になっている」と感じることがある。
 
20190204
すごく大きな目線で言えば「トランプ大統領」で有名になった「○○ファースト」とか「イギリスのEU離脱」のような自国優先的な出来事だ。
ほんのちょっと前には「グローバリズム」とか「世界は1つだ」みたいな流れだったのに、あっと言う間に変化してしまった。
 
日本も「昭和」から「平成」、そして今年5月は、新元号となる。
もうちょっと生活に近い話だと自動車の「自動運転」
ちょっと前まで「まだまだ実現は遠い未来」と思っていたが、どんどん現実的になりつつあって、本当に近い将来には「高速道路での自動運転」が実現しそうだ。
それに「通販ビジネス」の拡大だ。なんとかタウンの○澤社長のことが、よくネットニュースに出るが、そのことは別にして、無理だと言われていたファッション系の通販ビジネスの成功など、今や「ネットで買えない物はない」と言う感じだ。
そうそう、そんな時代なのに消費税アップ時の景気刺激施策として「ポイント還元」を提唱したら、どこかの野党の人が「カードを利用するのは裕福な層の人達で、金持ち優遇施策だ」と言っていたのには、笑った。これだけズレた感覚で堂々と話してしまうようじゃ、今年も野党には全く期待できない。
 
あと「Eスポーツ」なんかも、ある。
私のように古い感覚からすると「体を動かしていないのに、スポーツって言えるのか?」と思ってしまうが、こんな感じで言葉の「定義」自体もどんどん変化してきている。
そんなふうにちょっと前では想像できないほどのスピードと規模で変化しているし、その範囲もあらゆる分野で起きている。
 
私の勤めている会社だって、今までの基幹事業はずいぶん前から「斜陽」となっており、もう待ったなしで「ビジネスモデルの再構築」をしないと厳しいところにきている。
そんな時期に「社長交代」のビッグニュースが飛び込んできた。
ただ「社長→会長」「副社長→社長」のスライド人事なのだが、それよりも私と同年代人達が部長とか役員としている部署は大変だ。
 
今まで「頼りにしていたり」「文句を言っていたり」して上の層がごっそりいなくなる日が、カウントダウン的に近づいている。
私の部署は、私のあとの世代がいてくれたので、うまくリタイヤ移行できているが、下が頼ってばかりしていたところは大変だ。
なのに、まだまだ「大丈夫」と思ったり「無理だって」と言っている下の世代を見ていると、「おいおい」と思うが、まあ彼らはそうなった時に、頑張るだろう。
最初に書いたように、大きな大きな変化が現在進行中だ。
 
この変化がどう落ち着くか分からないが、振り回されることなく、だけど変化についていけなくなるようなことはないように、日々を送っていかなくちゃいけない。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »