« ニュースの多様性 | トップページ | 気がつかないうちに変化する癖(へき) »

2018年11月 5日 (月)

近場の史跡巡り~うだつの上がる町、美濃。腹立ち訪問記

「うだつの上がる街」「無形文化遺産の和紙」で名前が知られる「美濃市」に、今月初めに行ってきた。先にちょっと怒りコメントを書いておく。
20181029
狙っていったわけじゃなくたまたまその日が「美濃和紙あかりアート展」の開催日だったことが災いの始まり。
事前にネットで調べて「美濃市観光ふれあい広場普通車駐車場」を目的地にナビで向かった。
ところが、パイロンが並んでいて誘導のおじさんが前の方に腕を振っていて入れない模様。
仕方なく進んでいっても案内の看板はなく、「うだつの上がる街並み」の角に立っていた誘導のおじさんに聞くと「小学校に停められるよ」と言われた。
で、ナビ画面を見ながら近くに行っても「案内看板」はない。
そのうち「裏道」みたいなところに入り、どうみても入り口じゃないところに出た。
そこからグランドが見えて、クルマが停めてあり、係りの誘導員が二人立っていてこちらを見ていたが、何も言わない。

「じゃここから入るのか?」と思ったら、クルマの底を摺った。「じゃ、どうするの?」と誘導員に大声で聞いても、遠くから指差すだけでよく分からない。
仕方ないので指差す方の細い道を行くと広い道にでて、やっと小学校を見つけた。
しかも「協力金500円」を取られたので「全然、案内看板もないし、そこでクルマこすったよ」と文句を言ったら「じゃあ、観光協会に言った方が良いですよ」と他人事のように言う。

クルマを降りて床下を見て、最後の細い道で脇の生垣の木で擦った跡を見たら、いくつかの線が付いている。タオルで拭いたら取れたけれど、もう腹が立って仕方ない。
なぜか、こういう田舎のイベントに行くと駐車場の案内がなく、迷うことが多い。
さらに誘導も悪く、チコちゃんじゃないけれど「ボーっとしてんじゃないよ!」と怒りたくなる誘導のオジサンが立っているだけということが多い。
普段は混まないから、慣れてないのかもしれないが、「美濃和紙あかりアート展」自体「第25回」となっていたから、もうちょっと観光客をうまく誘導する看板を立てるとか、誘導員に指示するとかして欲しいものだ。
それだけのことで、とても印象が変わると思うので、考えた方が良いとおもう。

さて、肝心の「うだつの上がる街並み」
最初に「旧今井家住宅・美濃史料館」に入ってみた。
ここでは、たまたま解説してくれる人がいて詳しくお話をしてもらった。
「障子の千鳥貼り」は初めて知ったし、見えない床の間の天井板に「屋久杉」が使用していたり、「水琴窟」のある庭があったり、大豪商の贅を尽くした住まいを見て驚いたが、逆に「こういうところにお金を使うのは粋だよね」とも思った。
それは、なんとかタウンの社長のようにタレントと札束切らして観光している写真をSNSに載せたり、宇宙旅行に行くと発表したりして大金持ちアピールへの反感かな?

その後、街並みをぶらぶら。
「美濃和紙あかりアート展」自体は夕方5時に灯りが点り、夜に掛けてがメインなので、街はまだ準備中。ただ、街並みとしては確かに「うだつ」は多いけれど、ところどころに普通の家やお店もあり、「ちょっと寂れた町」に見えてしまった。
街並みの長さは、ほんのちょっとだったけれど、「有松宿」 の方が雰囲気はあった気がする。

|

« ニュースの多様性 | トップページ | 気がつかないうちに変化する癖(へき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニュースの多様性 | トップページ | 気がつかないうちに変化する癖(へき) »