« 近場の史跡巡り~うだつの上がる町、美濃。腹立ち訪問記 | トップページ | 懐かしい曲、2曲発見 »

2018年11月12日 (月)

気がつかないうちに変化する癖(へき)

60年以上生きていると、ある時「昔からそうだったっけ?」と思うことがたまにある。
そんな時、何がきっかけだったのだろうと考えると、思い当たることと、そうでない時がある。
20181105
最近、何かモノを購入しようとすると、ネットでやたら調べる。
「ネットで調べる」ようになったのは、おそらく仕事で覚えた行動だろう。
企画立案や提案を主業務だったので、例えばお客様である企業情報や、その業界の状況、競合他社情報などなど調べまくる。
さらに、いろいろなガイドラインの解説や改訂、さらに説明会情報など、かなり広範囲に調べられる。

よく「ネットで検索したけど、情報がなくて」と言う人がいるが、それは検索方法が悪い場合が多い。
インターネットの創世記には、ヒット率は低かったが、今は違う。
「あいまい検索」「複数ワード」で検索すれば、かなりのヒット率で調べたいことがわかる。

ただしネットの情報は、怪しい情報があるので、出来る限り「出典元」が明らかなものや複数のサイトの情報などで確認する。
もちろん仕事の場合は、ちゃんと「裏をとる」ことをしておかないと、信用に関わる。

昔はこのように「ネットで調べる」「仕事モード」の時のこうい行動だったが、スマホを持つようになって変化した。
スマホは持ち歩き出来るコンピュータみたいなものなので、どこにいても調べられる。
今の若い社員は、話していて分からない事があると、すぐにスマホで調べるが、これはある意味正しい使い方と言える。

と、このように「ネットで調べる」ことが手元でいつでも出来るようになると「仕事以外」のことでもやたらと調べるようになった。
例えば旅行先。例えば小説を読んで、分からない言葉。例えば史跡。

そして、この「ネットで調べる」にプラスしたのが「通販」
「あっ、これがあると良いかも」と思ったら「ネットで調べる」。そして、「通販で売ってないか?」とまた調べる。
商品説明を読んで分からないことがあれば、また「ネットで調べる」を繰り返す。
そして、機能と価格を比べて「これかな?」と思ったら、今度はまたその評価を「ネットで調べる」
こうして知らず知らずのうちに、「ネット時代の購買行動パターン」に沿った動きになっていく。

この中で、私自身の癖(へき)として「商品や機能の説明で分からない用語があると調べる」がある。
これは先に挙げた「仕事モード」の癖(へき)と個人的な性格があるのだろう。
先日も自動車保険を3社徹底的に調べて、コストパフォーマンスと信頼のバランスがよいところに、新しく乗り換えた。

知りたいことや欲しいものがあると、簡単に「手元で調べる」ことができる今。
とっても便利だけれど、これからもっとこういう行動が加速していくと、ちょっと怖い気がする。

|

« 近場の史跡巡り~うだつの上がる町、美濃。腹立ち訪問記 | トップページ | 懐かしい曲、2曲発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近場の史跡巡り~うだつの上がる町、美濃。腹立ち訪問記 | トップページ | 懐かしい曲、2曲発見 »