« 彼岸花の花嫁行列 | トップページ | 近場の史跡巡り~うだつの上がる町、美濃。腹立ち訪問記 »

2018年10月29日 (月)

ニュースの多様性

先週ニュースとネットを見ていて、立て続けに同じようなことを思った。
 
1つ目は「プリンセス駅伝での四つんばいでのタスキリレー」
最初、これはクルマの中のテレビでアナウンサーが話していたのを聴いただけだったので、「脱水症状か何かで倒れたのかな?」くらいに思っていていた。
その後、夜のニュースなどで詳しく説明されたので状況がわかった。
20181029 
最初の印象はこうだ。
「厳しい練習してきたから、『私のところでタスキを途切れさせたくない」と思ったのだろうなぁ」。
ところがその後、そのチームの監督から「あれを美談にしないでくれ」「棄権を申し出たのに、制止してくれなかった」などのコメントが出た。
 
この監督の気持ちが一番よく分かるコメントがこうだ。
「膝から血を流してまで競技するなんて、今後の彼女の身体が心配です」
タスキを繫げようとした選手の気持ちも分かるが、指導者として選手の人生までも視野に入れていることに驚いた。
だからこそ単純な「美談にしないでくれ」と言ったのだろう。
 
2つ目はフリージャーナリストの「シリアでの拘束からの解放」
これも最初の印象はこうだ。
「生きて解放されて良かったなぁ」「日本政府は身代金とか払ったのだろうか?」
とにかく「生きて解放されて良かった」感が強かった。
 
その後、彼の過去のツィッターに「自己責任で行くのだから、日本政府は邪魔をするな」と言ったコメントしていると批判も出てきた。
このコメントが真実だとすると、彼の考え方が幼稚だなと感じる。
 
「自己責任」で危険地区に行って、今回のようなことになれば国として「自己責任で行っているから、知りません」なんて言えない事くらい、大人だったら想像つくだろう。
だから、批判的なことを言われても仕方ないなぁと感じている。
 
この2つに共通するのは、「1つの方向性」だけのニュースでなく「違う方向からの」ニュースが流れたということだ。
特に2つめの話は「過去のSNSの発言」を元に、彼の「人間性やジャーナリストとしての考え方」に対する議論になり、いかにも「多面的情報時代」らしい展開になっている。
 
この「過去のSNS発言」は、時には「重箱の隅突き」のようになることがあるが、今回のような時には大きな問題点となることが分かった。
一般の人が気軽にSNSで情報発信をする時代。
時に、お見合いの事まで載せたり、付き合う相手の過去を調べたりしているなどのニュースを聞いたばかりだった。
そんなことは「くだらない」と思っていたが、今回の2つのニュースを見ていると「多様な情報」が捕まえやすい時代になったのだと大きな変化に気づくことができた。
 
「ダイバーシティ」とは多様性のことだが、「情報」にも多様性はとても大事なのだと、そのことを忘れずにネットやニュースを眺めなくてはと、2つのニュースから感じた。

|

« 彼岸花の花嫁行列 | トップページ | 近場の史跡巡り~うだつの上がる町、美濃。腹立ち訪問記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彼岸花の花嫁行列 | トップページ | 近場の史跡巡り~うだつの上がる町、美濃。腹立ち訪問記 »