« 還暦後、初めての免許証更新 | トップページ | 2018夏、近場の史跡巡り(その1) »

2018年9月 3日 (月)

星空鑑賞、再び。でも……

今まで、ほんの「チラッ」としか書かなかったが大昔、星の写真を撮影することを趣味にしていた時期があった。
その時のきっかけは「ハレー彗星」の大接近がとても話題になったことだったような記憶がある。
元々、田舎の育ちなので、冬には「オリオン座」がとても綺麗に見え、夜空には興味がある方だった。
20180903
熱しにくいが、やり始めると凝る性質である。
ただし、裕福な家でもないし、高収入者でもないので「出来るだけお金を掛けずに」やるタイプだ。
今のようにネットが発達していない時代なので、星の動きを追尾しながら撮影する「赤道儀」を求めて、いろいろな店に行ったり、何とか自作できないかと考えたりしていた。

毎月のように雑誌を購入して、綺麗な星の写真をうっとりと眺めたり、望遠鏡をガイドに一眼レフで追尾撮影出来るようにして、撮影に出かけていったりした。
しかし、都会に住んでいると「星空が見える場所」を探すのがとても大変だ。

会社勤めしているので、出来れば次の日が休みの日に撮影に行きたい。
でも、その日にうまく晴れるとは限らない。
通常の晴れと違い「雲」が流れてくると上手く撮影できないので、かなりの好天に限られる。
さらに、「月」の明かりのない日でないと行けない。
「月」というのは意外と明るく、一度月夜を撮影したら、夜空が青空のように明るくなったことがある。

そして、やっとタイミングがあって撮影に出かけても、カップルがクルマに乗ってデートに来たりする。
こちらも機材があるので、クルマを停められるところを探していくのだが、目的は違ってもカップルが望む場所も同じような条件となる。
そこに「ヘッドライト」を点けたクルマが来たりすると、何十分も掛けて撮影していたのに、ライトが入って「撮影失敗」になる。
綺麗に星空を映すには1回30分とかシャッターを開けっ放しにする必要があるから、その苦労は並大抵じゃない。
そして、フィルムの時代なので、現像してみたら失敗写真が多くがっかりしたことも数多い。

そんなことを繰り返すうちに、何となく足が遠くなってやめてしまったが、「流星群」とか「○○彗星」などの話題が出ると気にするし、見に行ける条件の場合は行くこともあった。
しかし、夏休みの時期には毎年「ペルセウス座流星群」が見ごろとなることは知っている。
調べてみたら、今年は新月で月の明かりもなく見やすいらしく「久しぶりに行って見るか」と思ったが、「せっかく行くなら撮影したいな」と思い付いてしまった。

赤道儀を使用しての星の動きを追尾しての撮影は無理としても、スマホで気軽に撮れないか?と考えネットで調べてみる。
以前と違って、とても簡単に調べられることは、とても有り難い。
「そうそう星座早見表がいるなあぁ」とアプリで星座表を探すと、AR機能付で、その方角を向けるだけで、星座がわかる便利なものを発見。
次は撮影アプリ。スマホにあるカメラではシャッターを開放に出来ないが、30秒くらいのバルブ撮影ができるアプリを発見。
経験上「30秒」あれば星が綺麗な場所で撮影すれば、それなりに映る。

あとは赤い懐中電灯。
通常の懐中電灯だと明るすぎて、目が暗さに慣れるまでに時間が掛かる。
だから赤い光の懐中電灯が必要なのだが、これは自転車の後部灯用のLED電灯を100円ショップで発見してゲット。

さらに、星空を見るのには、双眼鏡が良い。
昔使っていた双眼鏡を出してみたら、グリップがぬるぬるになってしまって使い物にならない。仕方ないので、1000円位のモノを買い直した。
カメラ用の三脚は小さいのはあるから、スマホを固定できるツールをこれもネットで探して取り寄せた。

これで撮影準備は整い、あとは夏季休暇を待つばかり。
ところが休みに入った途端、大気は不安定になり、それまで連日の晴天が嘘のように、雲が出たり、雷が鳴ったりとなってしまった。
目当ての「ペルセウス座流星群」の極大日(一番良く見える日)は、見渡す限り一面の雲という天気。
残念ながら今回は見ることが出来なかった。
でも、手軽に鑑賞に出かけたり撮影するグッズは揃えたので、これからまた少し星空鑑賞に出かけてみようかなと思っている。

|

« 還暦後、初めての免許証更新 | トップページ | 2018夏、近場の史跡巡り(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 還暦後、初めての免許証更新 | トップページ | 2018夏、近場の史跡巡り(その1) »