« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の記事

2018年4月23日 (月)

今年の新人たち

昨年めでたく(?)再雇用となった私だが、それと入れ違いに世の中は「人材育成が最も重要」と言われるようになった。

20180423

その背景には、まず「働き方改革」がある。私たちの若い時のように「見て覚えろ」とか「仕事や技術は盗むものだ」的な対応では、今は通用しない。受け取る新人たちもそうだが、それより「そんな教え方はパワハラだ」と言われるからだ。

まぁ時代も違うし、人によって賛否あるから、一概に決め付けるわけには行かないが、私は昔のやり方で、徐々に周りが認めてくれる「充実感」が自己の成長と感じられたので良かったのではないかと思っている。

ただ「がむしゃらに上下関係が厳しく働く」時代ではなく「有意義な人生を送るために働く」という改革の真っ最中だから、私の感覚は「時代錯誤」なのだろう。

もう1つの背景はAI化の躍進」だ。
単純労働は、遅からず「コンピュータ」が対応し、さらにもうちょっと複雑な業務も「AI機能」が代理で行う時代がやってくる。
そうなると企業は「優秀な人材」が最も重要で必要となるわけで、今やどの企業も「人材育成」に投資するようになった。

そんな流れの中、わが社も昨年から「新人研修」にチカラを入れ始めた。
それまでは10日前後のビジネス研修のあと、配属先の任せるOJT教育」で長くやっていた。
私はひそかにOJTと言う名の、ほったらかしな教育」と思っていたが、やっと「これじゃダメだ」となり、営業職を中心に4月末までの約1ヶ月間、研修を行うことになった。 

その研修の「クリエイティブな部分」を人事部から「ぜひ」と頼まれ、昨年から面倒見ることになった。
まぁお世話になった恩返しだし、その業務を引き受けることで、会社としては「必要な人材」と思ってもらえるという損得勘定も少しある。

しかし、最近は就活生の「売り手市場」の影響で、内定を出しても断るし、入社しても「ワイワイガヤガヤ」と学生気分のままだ。
今までもそうだったが、ここ12年は特にそう感じる。

会社と学校の区別がつかず「言われたこと」は素直にやるが「言われない」と気づかない。
今年の新入社員は、さらにすごく研修期間中の朝や帰社時刻に社員とすれ違っても挨拶しない。
我々だけじゃなく常務など役員にもしない。
さすがに気になったので、注意すると「とても素直に」言うことを聞く。

さらに早朝会議をやっている横の食堂で待機している時も「ワイワイガヤガヤ」
一度注意すると静かになるが、23日するとまた元に戻る。

ミーティングしてプレゼンさせると、すごく上手い。
きっと学校で習ってきたからなのだろう。
すらすらと難しい言葉を使って「さもわかったように説明」する。

でも、ちょっと深い突っ込みの質問をすると、途端に下を向く。
良い例が「顧客の要望を聞いて提案する」と言ったので、「その要望はいったい何?コスト?納期?品質?対応?」と聞いたら、何も言わなくなってしまった。

さらに時間を決めてミーティングさせても、時間が足りなくなって「あと5分延長できませんか」と平気で言って来る。
もちろん「学校じゃないんだよ。時間通り出来ないのは、計画性がなくスキルがないからだ」と突っぱねてしまったが・・・・・・

いったいこの子達は「社会人となる覚悟」があるんだろうか?
と偉そうにいうが、私もそんなに立派な若者じゃなかった。
そして、今の子のように素直じゃなくって、世の中を斜めから見ていたので「へん、うるさいよ」という態度を取っていた。

そんな意地っ張りでもなく、注意するととても素直。
そして、昨年入社したうちで、すでに1名退社し、1名はちょっとメンタルを(軽く)痛めてしまった。
よく言えば、とっても純粋培養。だから耐性がないから、すぐに挫けてしまう。

手前味噌だけれど、私たちのように厳しく教えられ、さらにそれに反発するような若い奴の方が、しっかりした社会人になっていくのではないだろうか?

ただ彼らと私の年齢の差は
40年。
分かり合えるはずもないけれど、研修をやるたびに「こいつら小学生か?」と思う今日この頃だ。 

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

日光東照宮の旅(その4)

2日目の朝は、やっぱり雨。
予定では「日光山法輪寺」「日光東照宮」「日光山輪王寺大猷院」「日光二荒山神社」
場所的には、全部固まっているけれど、どうも最近はじっくり見たり、宝物殿なんかも見るので、時間が掛かる。
今回も15時には東武日光駅に戻ってこないと帰れなくなるので、早めにホテルを出て駅へ。
20180416_2
そういえば、東武日光はICカードが共通で使えたので、バス利用でもスゴく便利だった。

バスに乗って、東照宮参道へ。
まずは「日光山法輪寺」
今回全く事前に調べずに出かけたので、行ってみて「あれ、そうだったの?」と思うことが多かった。
ここも「三仏堂」が約50年ぶりの大修理中。
「え~~」と思ったが、修理中の姿を屋根の高さまで登って見られたし、「日光三社権現本地仏(千手観音・阿弥陀如来・馬頭観音)」はすぐ下を通って観覧できるという幸運に恵まれた。
もちろん、写真を撮ったりはできなかったけれど。

その後は「日光東照宮」
宝物殿を見てから、いよいよ社殿へ。
陽明門の大修理が終わってしばらく経っているのに、やっぱり人が多い。
雨降りなのに多い。
そしてめちゃくちゃ外国人が多い。
私が行ったときは、チケット売り場は並んでなかったが、見学後戻ったら、長蛇の列になっていた。
「三猿」「陽明門」「眠り猫」など有名なポイントは大混雑。
先に宝物殿を見たおかげで「陽明門」の龍の図に気づくことが出来たのは、良かったかな?

これも知らなかったけれど「薬師堂(本地堂)」では、「鳴き龍」を視聴(?)
一体どういう構造で、場所によって響きが変わるんだろうと不思議だった。
ここも外国人が居て、なんと説明の僧侶が英語で説明していた。スゴイ。
家康の霊廟も長い階段を登って行って来た。
「久能山東照宮」の断崖絶壁を登る葛篭折れの階段を経験して依頼、「久能山よりは、まだ良い」と頑張れるようになったが、ここもちょっと辛かった・・・。

そして「日光山法輪寺大猷院」へ。
密かに一番楽しみにしていた「家光の廟所」
ここは東照宮から少し離れ、一番奥なので観光客も少なく、個人的にはとても良い空気感だった。
「仁王門」「二天門」「夜叉門」とあり、残念ながら「二天門」は修理中だったが、これも変わった姿を見られたのは、良かった。
「夜叉門」については、あとで僧侶からの説明があり、門内に「4夜叉像」があり、その中の「烏摩勤伽(うまろきゃ)」の膝には象が飾られており、ここから「ひざこぞう」という言葉が生まれたのだそうだ。

「拝殿」で見学していたら案内の僧侶からのご説明があった。
「拝殿・相の間・本殿」のこと、そして訪れた日が20日で「家光公の月命日」だったこと、金閣寺・中尊寺金色堂と並んで「日本三大金堂」であること、そして「狩野探幽(かのうたんゆう)の描いた唐獅子」、天井には140枚の龍の絵などなど、スゴイ貴重なものを目の前で見られることに驚いた。

その後、「日光二荒山神社」に寄り「神橋」を写真に収め、帰路へ。
帰りは「のぞみ」だったので、早く帰ってこられた。
やっと日光東照宮に行ってこられたが、中国の春節時期を外したけれど、「インバウンド」と言われる外国人観光客の多さにびっくりした2日間だった。
これからは、そういうことも考えて旅行先を選ばないといけないなぁと思った旅だった。

追伸
またアルバムをアップしておきましたので、良かったら見てください。

| | コメント (2)

2018年4月 9日 (月)

日光東照宮の旅(その3)

滝を見た後、少しだけお土産売り場を回ったが、平日と言うこともあり閑散としていた。
そろそろ駅まで戻るかとバス停に行ったら、目の前で発車。
仕方なく30分ばかり待って、今度は「下りのいろは坂」で日光まで降りてきた。
20180409
日光駅の周りはお土産屋さんもあり「これなら夕飯は、駅の近くで良いなぁ」と思ってホテルに向かいチェックイン。
「列車+宿泊」のかなりリーズナブルな価格なのに、上々のホテルだった。
もっともシーズンオフということもあるし、普通の観光客なら「鬼怒川温泉」に泊まる人が多いようなので、お得な価格なのだろうか?

部屋でひと休みして夕食を取ろうと外へ出たら、真っ暗。
そして食事できそうなお店も、もう閉まっている!
「だからホテルにチェックインしたときに、ホテル内でも夕食が取れると勧めたのか!」と思ったが、とにかくどこか近くにないかと歩いてみた。

「せっかく日光に来たなら、名物の湯葉を」と思ってなかなかお店がない。
「日光まで来てラーメンの夕食は・・・」と思って歩いていたら、お寿司屋さんだったが「湯葉」のあるお店を発見!
ここが大正解で、「湯葉」「お寿司」も美味しかった。
最近は「回る寿司屋」に慣れてしまったが、ちゃんとしたお寿司屋で握ってもらったお寿司って「こんなにシャリがホロホロと口の中でほぐれて、美味しかったっけ?」と変な驚きを持ってしまったくらいだった。

入った時には、外国人のグループが、そして出る時にもすれ違いで違う国の外国人グループが。
とにかく「さすがは日光」。外国人の観光客が多い。
そしていろんな国からの観光客が本当に多いと2日間、どこに行っても感じる日光だった。
ただ、そのお店の大将が話してくれたが外国人の「予約は受けない」そうだ。

最初は受け付けていたそうだが、「無断キャンセル」が頻繁で、せっかく仕入れた材料がムダになってしまったとのこと。
良くTVやネットで見聞きする話だが、「本当にそうなんだ」と思った。
日本人はそういうことも真面目だからなぁ。
こういうグローバルな常識は日本で根付かないで欲しい。
旅行に行くと、「ネットでお勧めの店」は混んでいることが多い。
でも、お店に飛び込みで入っても、結構おいしい店に出会う
そして、そこのご主人とこんな話ができるのも、旅行のちょっとした楽しみでもある。

帰りに「コンビにでも」と思ったら、駅前なのに「ない!」
仕方なくスマホで調べて、テクテク歩き、ちょっとお菓子や飲み物を仕入れてきた。
ホテルへの帰り道に雨が「ポツポツ」
何とか1日目は降らずに済んだが、どうも2日目は雨の覚悟をしなくちゃいけないなぁと思いながら、ホテル内の大浴場や露天風呂に入り、温まってから就寝した。

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

日光東照宮の旅(その2)

チケットが送られてきたのは2月下旬。
実際に行ってきたのは3月19~20日。日曜と春分の日に挟まれた平日2日間に有休を取って行って来た。
20180402_4
年度末のドタバタしている時期に、こんなワガママな休みを取れるのも「再雇用」という立場だから。
とは言え、少し業務で気にしなくちゃいけないことがあり、1日目は、移動中にメールを確認して進捗状況を気にしながらになってしまったが。

さて、いよいよ1日目。
新幹線で最寄りの駅から出発。
こういう「列車+宿泊」パックでは乗車する列車の時刻や種類によって、ずいぶん価格が変わる。
再雇用の身分としては贅沢できないので、「早朝のこだま」を選択。
乗る前にサンドイッチを買って、朝食しながらの始まりとなった。

気にしていた天気は、あいにくの曇り。
各駅停車のこだまなので、たっぷり時間を掛けて東京に到着。その後、山手線、地下鉄と乗り換えて浅草に向かい「東武日光 特急スペーシア」に乗車。ちょっとだけ鉄っちゃんなので、一応写真だけは撮ってみた。
乗車前にまたまた駅弁を買って、車内でモグモグタイム。
こうやって列車を乗り継いで、駅弁を食べていく旅も面白いのかも……などと思った。
今は本当にいろいろな駅弁があって、美味しいからね。

東武日光に到着したのは14時前。
宿泊ホテルは駅前だけれど、そのままバスに乗って「華厳の滝へ」。
そのバスの半分以上が外国人で、出発時には「降車ボタン」にキャリーケースか何かがあたり、ずっとブザーが鳴り、運転手も怒りだすというハプニングもあったが、少しだけ日本語の分かる外国人が間に入って説明し、何とか無事に動き出した。

因縁の「いろは坂」は、45年ぶりだけれど、やっぱり凄くて、まだ車酔いが激しかった中学時代に嘔吐したのは「仕方なかったなぁ」と思いながら、どんどん登っていく風景を見ていた。
「中禅寺温泉」に到着。
「寒い!」
寒くなると言う予報だったので、重ね着できるように用意したから良かったが、「もう3月下旬だから大丈夫だろう」と甘く考えていたら、エライ目に遭うところだった。

「こんなエレベータなんかあったかなぁ?」と思って下まで降りて、通路を通っていよいよ「華厳の滝」へ。
修学旅行で見た時より近くに見えたけれど、迫力はやっぱりある。
こういう「自然のもの」は、45年も前のことでも、そんなに印象は変わらないものなんだろうか?
45年前と違うのは、今回はまだ雪が残っていたところ。
こんな姿の「華厳の滝」もあるんだと、ちょっと興奮した。
(つづく)

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »