« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の記事

2018年2月26日 (月)

平昌オリンピック

平昌オリンピックが終わった。
始まる前は「北朝鮮の政治利用」という話題でなんだか興味がなかったが、連日のTV放送や日本人メダルの話題で盛り上がり、自分自身もついつい「結果はどうなった?」と気にする2週間だった。
20180305
ちなみにこのブログのオリンピック関連の過去記事を見たら「2006 トリノ」が一番古かった。
もう12年も前だけれど、夏と冬のオリンピックがあるたびに、記事を書いているから、やっぱりそれなりにその年の話題になっているのだろう。

今回はやっぱり「羽生結弦の2連覇」「小平奈緒の金メダル」、そして「高木美帆たちパシュートの金」「高木菜那のマススタートの初代金」の4つの金と最後に決まった「カーリング女子の初メダル」が大きな話題だった。
「パシュートの金」は、陸上の「100m×4」リレーと同じで「個人の力ではかなわないけれど、みんなの力を結集すると勝てる」と、とても日本人の大好きな考え方の元での金メダルだった気がする。

そんな中、個人的には「小平奈緒と李相花」のレース後の抱擁シーンが一番だった。
しかもお互いに自国の国旗を持ちながらのシーンが、ギクシャクしている今の国と国の状態と対照的に見えてよかった。

最初は「チラッ」とTVで映っただけだったが、その後いろいろなところで取り上げられ、さらに二人は実は「個人的には親友だった」と分かると、これまた日本でも韓国でも「ステキだ」と盛り上がった。
今はいろんな競技も「ワールドカップ」と称して世界大会が毎年のように開催されるが、やっぱりオリンピックは世界中が注目するし、そしてこんなシーンを目の当たりにすると特別なんだと思わざるを得ない。

タケシがTVで言っていた。
「ドキドキして、放送を生で見ていられない。終わってメダルを取ったのを知ってから、ゆっくり見ている」
これを聞いて「あぁ、誰も一緒なんだなぁ」と思った。
これってやっぱり年齢のせいなのかな?

今回に限らず最近の冬季オリンピックは新しい種目がどんどん出る。
おそらくスノーボードの出現と道具の進歩が大きく影響しているのだが、私が子供の頃に見ていた冬季オリンピックとは別物になりつつある気がする。
スノーボードで数人のレース形式で滑走する「スノーボードクロス」は、最後の最後に転倒したりして、結果が分からない競技だから楽しみにしていたが、日本人選手が出ていないからか、あまりTVではやらなかった。

「日本人が出場する競技を中心」は分かる気がするけれど、競技自体の面白さや魅力ももっと広めて欲しいなぁ。
でも放送権料がバカ高いと聞いたことがあるので、仕方ないのかな。

「感動、感動」と浮かれて喜んでいるけれど、ちょっと一枚めくってみると「北朝鮮の思惑」とか「商業と利権と儲け主義」とか生々しいものが潜んでいたオリンピックだったかも。
そんなものが取り巻いているからこそ余計に「小平奈緒と李相花」のレース後の抱擁は、より美しく映えたのかもしれない。

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

薩摩義士の話

鹿児島に行ったのは2012年だったから、もう6年くらい前になる。20180219
どうも年を取ると「ついこの前」が、5~6年くらい前になり、若い世代と時間に関するギャップを感じる。
その鹿児島に行った時のことをブログに書いたが、その中の「鹿児島の旅 その3~1日目、城山近辺へ」 でほんの少しだけ、今回のテーマに触れている。

そこでは「木曽川三川の洪水土木工事を江戸幕府に命ぜられ、苦難の中見事にやりきった人を祀った『薩摩義士碑』。」と書いてあるが、この話は私の住む地方の江戸時代の頃の話だ。

偶然なのだが、私が(多分)小学校の頃にこの話を読み、しかもとても印象深く覚えていたが、残念ながら私の地方でも、この話を知っている人はとても少ない(というか、知っている人に会った事がない)。

「薩摩義士伝」で検索すると、「平田弘史」という人の漫画がヒットするから、もしかすると普通の人は「漫画作品」として認識しているかもしれない。

ウィキペディアによると・・・・
 1753年(宝暦3年)12月25日江戸幕府老中・西尾忠尚は薩摩藩に命じて濃尾地方の木曽川、長良川、揖斐川の3河川の治水事業にあたらせた。これは幕府の、雄藩をあまり富裕ならしめないための政策手段でもあったが、この3河川は、その流域が今日の長野、岐阜、愛知、三重、滋賀の五県にわたり、とりわけそのうち南北15里、東西2里では、多くの本支流が交錯し、容易ならざる難事業であった。そのうえ寛保年間以後、11年間にわたって洪水が頻発し、惨状を呈していた。

 そのために幕府の厳命、督促は猶予がなく、薩摩藩は死力をつくしてこれにあたった。藩主島津重年の命によって家老平田靱負正輔、大目付伊集院十蔵久東らが工事を担当し、留守居山沢小左衛門盛福、普請奉行川上彦九郎親英らとともに、美濃国大牧村を本陣として、1754年(宝暦4年)2月5日から工事に着手し、5月22日ひとまず工事を中止し、同年9月21日さらに勘定頭倉橋武右衛門が参加し、翌1755年(宝暦5年)3月28日ついに工事を完成し、幕府目付牧野織部、勘定吟味役細井九郎助らあらたに江戸からくだった検使は、地元の検使とともに、同年4月16日から5月22日まで、一ヶ月余にわたって本検分をすませた。

 薩摩藩はこの工事で、数十万両もの莫大な経費を負担した。幕府側の妨害工作などによる過労のため病となり生命を落としたり、あるいは横暴な幕府側への抗議のために切腹して果てる者を多数出した。総奉行平田靱負は工事完遂を見届け、この難事業の責任を取る形で切腹した。藩主重年も後を追う様に病没した。

 1938年(昭和13年)に、平田靱負ら85名の「薩摩義士」を、「祭神」に『治水神社』(岐阜県海津市海津町油島)が建立された。

この最後に書いてある「治水神社」にあるきっかけがあって昨年末に行った。
「あるきっかけ」とは、すぐそばにある「木曽三川公園」でイルミネーションをやっていて、さらに駐車も入場も無料と知ったので、どんなもんかと思ったからだ。

公園に入る前に「治水神社」とあったので「もしかすると薩摩義士の」と思って寄ったら、まさにそうで、今も少しだけ松林が残り、薩摩藩の人たちをちゃんと祀ってあって、感慨深かった。

たまたま私は小学校の読書感想文としてこの話を読んだから知っていたが、遠い薩摩の人たちの、本当に辛い出来事を、もう少し地元としては知っておいてほしいなぁと神前で手を合わせながら思った。

特に、子供ながらに記憶に残ったのは、総奉行平田靱負の切腹。
本当かどうか分からないが、幕府の仕打ちが許せず、切腹し自分の内臓を取り出し、江戸方面の襖に向かって投げつけたという話は、あまりに壮絶で忘れられない。
だからこそ「治水神社」で手を合わせることが出来たのは、嬉しかった。
こんな感じで、なんだか最近は、すぐ足元にある史跡や記念碑などにも気づき、きっかけがあれば訪ねようと思っている。

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

英雄たちの選択〜新春スペシャル「幕末ヒーロー列伝 これが薩摩藩の底力だ!」

前回同様、今回も正月に見た番組の話。
この番組はここ2~3年何度か取り上げているが、磯田氏の思いや狙いがうまいのか「なるほど」と思うコメントを聞くことが多い。
昨年で再雇用になり、次世代の社員たちが新年度やこれからの活動を計画しているが、それを見て「こういうことも知ると良いのに」と思ったので、今回取り上げた。
20180213_2
「英雄たちの選択~新春スペシャル『幕末ヒーロー列伝 これが薩摩藩の底力だ!』」は、今年の大河ドラマが西郷隆盛を取り上げているので、その関連と言う感じの特番だった。
内容はともかく、印象に残った言葉を紹介したい。

■時代を変える三要素=よそ者、若者、ばか者
ネットで調べると賛否両論あるようだが、個人的には「一理ある」と思った。
特に「よそ者」に対しては実体験もあるし、30代後半から感じていたことだ。

今の会社の子会社にいる頃、ある案件の会議に出席し、ちょっと辛らつな意見を言った。
その時、私は「子会社のスタッフ」なので、ある意味「よそ者」だった。
だから、目上の人も私の意見に「耳を傾けて」くれた。

でも、子会社から転籍した後、同じような場面で同じようなことを発言したら「君は誰に対してモノを言っているんだ」と一蹴された。
日本人は、自分を謙遜して話す。
それが企業間にもあって、他の企業から言われると「本当にそのとおり。勉強になります。」と言うが、自分の会社の目下のものが言うと「君は分かっていないよ」と鼻で笑う。

だから企業の体質や考え方などに変革させるには、やっぱり「よそ者」でないと意見も述べられない。
あとの「若者」「ばか者」は、変革させるためのエネルギーや怖いもの知らずの部分であり、これも社内の人間がやると、「ちょっと面倒なやつ」というレッテルを貼られてしまう。
だから「よそ者」という武器は、変革には絶対に必要なのかもしれない。

■見晴らしが良い場所に立つのが必勝
これはある意味、当たり前。
特に戦国時代の戦(いくさ)を見れば分かるように、俯瞰で状況を確認しないと勝てない。
でもビジネスの世界ではなかなか難しい。
どうしても目先のことで判断してしまう。
「今期の売り上げはどうか?」
「利益はあるのか?」「無駄な投資じゃないのか?」
などなど、全然「見晴らしの良い場所」で検討していないことが多い。

ビジネスの世界での「見晴らしの良い場所」とはどこだろう?
そこに気づいたものが、経営的な勝者になるのだろう。

■スタッフと指揮官は違う能力
最後は、やっぱり自分も振り返って感じたこと。
このブログでも同じようなことを何度か書いた記憶がある。
技術力がすごい人が、すごい経営者ではない。
素晴らしい開発者が、素晴らしい経営センスがあるとは限らない。

一番すごいのは「自分の能力を分かって、足りないものを他人で補填する」人。
具体的は、「本田宗一郎」氏がそうだろう。
「俺はエンジンのことは分かるが、経営の事は分からない」といって生涯のビジネスパートナーとして「藤沢武夫」氏を選んだことは、とても有名だ。

会社員としては一線から外れて始めているが、こんな番組の中のこんな言葉には敏感でいたいものだ。

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

映画「ヤクザと憲法」

1ヶ月以上経ってしまったが、なかなか「考えさせられる」内容だったので、備忘録的に記録することにした。
本来は私の住む地方のローカルTV局ドキュメント番組で、その番組自体は2015年放送のものらしい。
それを再編集して、『ヤクザと憲法』として2016年に公開された。
20180205
その映画版を正月休み中に地上波で放送していたので見た。
最初は「本当のヤクザの姿って、どうなんだ?」「よく事務所で撮影させてもらたなぁ」と興味半分で見始めたが、途中から「世の中の表裏の深い問題」を見せられた気がしてきた。

ドキュメンタリーなので、やはりある特定の組の事務所を定点的に記録している。
一般的には「ヤクザは人に迷惑をかける人たち」と思っている。
なのに、なぜか今も若い人たちがヤクザになりたがる。
なぜか?

高校生の頃から入門を希望し、親分に諭され卒業してから事務所に住むようになった若者が言った。
「ここは、自分を受け入れてくれる」
「学校では自分を受け入れてくれる場所はなかった」

キレイ事のように「みんな仲良く」「いじめはやめよう」と言っても毎年毎年「いじめ」が原因で自殺する子供がいる。
自殺しなくても「自分の居場所」を見つけられず、誰にも手を差し延べられない子供たちはたくさんいる。そんな子供たちの最後の受け皿に「ヤクザ」はなっている場合もあると、彼の言葉は言っているような気がする。
ちなみに、ヤクザ側から子供たちを誘ってはいない。逆に思い直すように、一度は帰している。

そして映画のキャッチフレーズにある「ヤクザには人権はないのか?」
ヤクザの家族ということで、普通の生活が出来ない。
「銀行口座が開けない」
「クルマや携帯電話が購入できない」
そして「保育園、幼稚園に入れられない」

この状況を親分が説明した後に画面は、「日本国憲法基本的人権」の条文が映される。
ヤクザ本人は、ある意味法律外のエリアで生きている人たちだから「人権はないのか?」と言われると「ないかも」と思わないではない。
でも家族はどうなのか?
家族と言うだけで「生活のあらゆる利便性や権利」を剥奪していいのか?

今、私たちはいろいろなところで「反社会的勢力に関する覚書」に署名・捺印している。
自分自身がヤクザとは無縁だから気にしていなかったが、あのおかげで「普通の暮らし」が出来なくなっている人がいるのだと、改めてその署名・捺印の重要性に気づいた。

「じゃ、ヤクザをやめればよい」
と簡単に片付けるには難しい。キレイな社会では「自分の居場所」がない人はどうやって生きればよいのか。そんな重い課題を見せられた気がした。

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »