« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の記事

2017年11月27日 (月)

メンテナンスが必要な年齢

今年60歳になった。
個人的にはとてもエポック的な出来事なので、何度も話題にしてきた。
これから60代が始まるわけだが、益々身体のメンテナンスが必要な年齢になってきた。
20171127
私の場合、この「身体のメンテナンス」を意識したのは厄年くらいだったから40代から始まった。
初めての「肩関節周囲炎=いわゆる四十肩・五十肩」になり、寝返りも打てないほど激痛で病院にいった。
その翌年ぐらいには「不整脈」が酷くなり、これも病院で診察してもらった(幸い大丈夫だったが)。

50代になるとコレステロール値改善で通院するようになった。これについては10年前に「コレステロール改善薬」 として記録している。
相変わらず会社で行われる健康診断では、いろいろ「要観察」チェックが入るが、まあ定期的に通院しているということで、一応安心はしている。

さらにこれも何度もこのブログで書いているが、小さい頃から「アトピー体質」で年齢とともに肌をちゃんとケアしないと、すぐに痒くなる。特にジーンズのように目の粗い生地のものを穿いて、たくさん歩くと腿の肌が摺れて痒くなるようになった。
昨年「突然のめまい」 で激しいめまいが起きたことを書いたが、実は今年も10月に酷いめまいが起きた。
さすがに気になったので病院にいき検査してもらった。これも取り合えず問題はなかったようだが。
そして先日、歯科医に行けば「ここちょっと歯茎が緩くなっているから」としっかりケアするように言われた。

と、このようにあれやこれやとケアしながら生活しているのだが、先日10歳下の部長が熱と喉の痛みで休んだ。風邪かと思っていたら「溶連菌感染症」とのこと。通常は幼児が罹るのだが、稀に大人も罹患するようだ。

その部長が私のところにやってきて「溶連菌感染症」の後、血液検査をしたらγ-GTPは通常の3倍の値になって病院から連絡があったと話してきた。いつも健康診断ではぎりぎり基準内だったのに、中性脂肪もコレステロールも3倍くらいの高い値になっていたとか。

彼には「もう50代でしょ?身体をメンテナンスしながら働く年代になったということだよ」と伝えておいた。
50歳といえば、クルマで言えばそろそろ10年以上のころに差し掛かっているのではないだろうか?まして60代は20年以上のオールドカーみたいなものだ。
こんなご時勢だから、80・90歳のような長寿は望まないけれど、メンテナンスしながらの生活が必要になってきたと実感するこの頃だ。

【追記】
上記の内容でアップしたら、会社で昔私の部下で、今はフリーランスでデザインをやっている知人が亡くなったと耳にした。
確か彼は私より10歳くらい年下。詳しいことは分からないけれど、路上で倒れて亡くなったとのこと。
今年は会社でもずっと年下の人が急死する話が多い。
そういう意味で、無事に還暦まで生きてきて、なお今でも元気で働けているということに年末が近くなって、改めて感謝しないといけない。
しみじみと思うニュースを、たった今、耳にした。

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

今までの延長では難しい時代に

今回のタイトルは、最近会社で話していて、よく感じる言葉だ。
4月に役職を、8月には社員を定年になり、再雇用というある意味経営的に無責任な立場になったから、余計にそう思うのだが、前回の「残業問題」も含め、大変な時代になってきていると感じている。
20171120
私のいる会社の基幹業務は印刷だ。
ご存知のようにデジタル化とかWEB化などで、印刷需要は減り続けているし、印刷用紙の出荷も毎年減っている。
そこで、「印刷以外の分野へ拡販する」なんてことは、どこの企業でもやっているし、工夫している。
でも、「拡販する」時に、「今まで仕事の仕方の延長」でしか判断できていないってのは、これもどこの企業も同じような気がする。

日本の企業は「転職する人」をあまり「良し」としない風潮がある。
ネットで読んだことがあるが、海外赴任をしていた広告代理店の人が、現地の人に「なぜ5年以上も同じ企業いるのか?」と言われたそうだ。
海外では(特に欧米だろう)転職していない人は、「転職できるだけの能力が無い」と判断されるようだ。

ところが日本は「入社してずっと同じ会社」にいる人が多い。
だから、私のような転職を繰り返してきた人が意見を言うと「君は、うちの会社を分かっていない」と軽くいなされる。役職に付いてからは、そんな意見は慎んできたが、腹の中では「おかしいのは、この会社だよ」と思ってきた。

そんな人ばかりが集まって「これから拡販するにはどうするか?」と話しても、画期的な意見が出るはずがない。
トヨタグループの創立者の豊田佐吉氏は、言ったそうだ。
「窓を開けよ(正確には障子だったかも)、外は広い」

これを格言と崇めていることで日本企業の体質が良く分かる。
社会の変化が緩やかで、消費者の嗜好も緩やかに変化してきた今までなら、一生懸命「良いもの」を作っていて「明日も今日以上に頑張ろう」と言っていれば良かった。

でも今のようにすべての価値や機能が劇的に変化する場合は、抜本的に課題を見つめないといけないと思う。
「今までと同じで良いのか?」
これをいつも問い続けることが、30代の社員にはとても大事なのではないだろうか?
仕事の中で「本当に大事なことは何か?」
「自分はこれから、どんな立ち位置で仕事をしていくのか?」
毎日忙しいけれど、自分自身がきちんと考えていないと、本当に困る時代が来ている気がする。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

残業規制とお客様第一主義と責任感

今年の5月に「『便利な社会』の見直しが始まるか」 という記事を書いた。
例の大手広告代理店D社の自殺問題に端を発した「過重労働問題」だ。
20171113
あれから数ヶ月、マスコミではこの裁判の様子や亡くなった女性の親御さんの意見などを取り上げていたが、それを見るたびに「どうして『企業が悪い』という一方向で報道するのだろう」と思っている。
5月の時にも「社会構造」が間違っていると結んだが、私のいる会社ではまさに「過重労働の本当の論点はここにある」という事態が起こっている。

【その1】
すでに数年継続受注させていただいているお客様。
しかし予定より1ヵ月半以上原稿入稿が遅れているのだが、それでもお客様側のトップは「予定通りの納期で納品を」と言ってきている。
本来、このような場合は(1ヵ月半も遅れる前に)フロントである営業側からお客様に「アラート」を出す。できれば頻繁に出す。そして「頑張ってきましたが、もう無理です」と交渉する。

しかし、このお客様の担当営業はそれをやってこなかったので、このような事態になっている。
で、結局そのしわ寄せは制作スタッフに来ていて、「深夜残業」「休日出勤」を連発し、果ては「会社で徹夜」なんてことになっている。
でも、このご時勢なので、人事部からは「長時間残業をやめてください」と再三通達が出る。

制作スタッフのトップは、営業にもその上司にも「もう対応できない」と連絡し、制作スタッフにも「もう留めていいから」と指示を出すが、お客様側の担当者も長時間残業で原稿を何とか作ってくるので、対応してしまう。

【その2】
荷物の入出荷を担当する部署で、本来システムを使用しての入出荷連絡されるだが、ある事情でFAX対応になっている。詳しく書くとどこの話なのか分かってしまうので省くが、この「ある事情」は、うちの会社の責任では、まったく無い。

でもお客様のお客様から依頼される入出荷には対応せざるを得ず、FAXを見てデータ入力しているが、そのために通常の倍以上の時間が掛かる。
そのためやっぱり「長時間残業」となり、他の業務との関連もあり「休日出勤」となる。

この2つの他にも、さまざまな事業でやむを得ず「長時間残業」は未だにある。
もっと言えば「長時間残業」の残業代はコストに跳ね返るために、例えば「みなし残業」とするとか「代休処理」にするとかで、法に触れない範囲で残業代が掛からない方法を取る。

会社の経営層からは「売り上げ」を求められ、人事部門からは「残業削減」を、そして実際のスタッフたちの「責任感」と、この3つの要素に挟まれて、この問題は簡単には解決しない。
こんな状況を見ていて、結局発注する側を何とかしないといけないのではないかと思うようになった。

●発注時に決めたスケジュールと見積もり項目に変更がある場合は、再度見直しする
●業務時間外に業者等に連絡しない
●業務時間外に対応しないと間に合わないような指示・依頼・修正を出さない

これに違反した場合は、発注側が罰せられるような法改正がいると思う。
知らない人が見たらびっくりするだろうが、先の3点は「これぐらい普通です」というのが現状だ。
特に最初のなんて、見積もりもスケジュールも途中から無視されるような依頼がどんどん来る。
これをビジネス的に断れない国って、本当の意味での先進国って言えるのだろうか?

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

期日前投票と選挙公報

自分自身のブログの過去を「選挙」というキーワードで検索したら、けっこうな数の記事がヒットした。
そんなに政治的なコメントを書いたつもりはなくても、年齢相応に政治とか行政とか議員に思うことがあるということだろう。
20171106_2
もしかすると、以前書いたかもしれないが、選挙権を得てから投票に行かなかったことは数えるほどしかない。
すごく政治に興味あるわけでも詳しいわけでもないが「投票にも行かずに政治を批判するな」という若い時に聞いた言葉が残っており、行くようにしている。
今はなき「民主党政権」になってまた自民党に戻った時「政権を変える」ということは幻想だったのか?と思い、一時期投票に行かなくなったが、先の言葉が蘇って、また行っている。

思い返せば、あの時すごくいろいろ公約でアピールしていた「民主党」が、実は主導する能力がないことが露呈したわけだが、会社でも政治でも今そこにある中心勢力を批判することは簡単にできる。
「じゃ、お前会社の経営者になってみろ」と言われてもできないように、政権批判する野党には本当に政権運営する気があるのだろうか?と選挙になるたびに思うようになった。

先月あった衆議院議員総選挙も同じで、特に自民党や安部政権を支持していないけれど、他の選択肢の中に、信頼して政権を託せる集団がいないと感じる。
特に今回の場合、希望の党と民進党のドタバタは、吉本新喜劇のようで半分面白く、半分腹立たしい気分だった。
誰が言ったか知らないが、小池さんを「緑のたぬき」とは実に良いキャッチフレーズで、ぜひ今年の「流行語」に選ばれてほしいと思う。それより「排除」の方が有力かな?

さて、ここまでが前段で、これからが本題。
実はここ数年、選挙は「期日前選挙」で投票している。
夜8時まで受け付けるので、会社帰りに寄れるし、そんなに混まない。とは言え、最近は「期日前投票」に訪れる人は年々増えている気がするが・・・・・。
今回は、台風の影響で、期日前投票で「●時間待ち」なんて珍現象もおきたが、それも期日前が浸透してきているからこそなのだろう。

選挙の案内はがきは、公示日に大体届く。
だから、現実的には公示日から「期日前投票」に行くことはできる。
なのに、立候補者や政党の公約や最高裁判所裁判官国民審査の情報が掲載されている「選挙公報」などは、投票日の1週間前にしか配布されてこない。

どうしてこのような「空白期間」が生まれるのだろう?
今は、インターネットなどで見れば立候補者や政党の情報は分かるが、最高裁判所裁判官国民審査についてはわからない。

今回のように突然「解散、総選挙」で間に合わないというわけでもないようで、通常の選挙でも同じような「空白期間」がある。
「選挙公報」が間に合わなければ、「期日前投票」の時期を遅らせればよい気がするが・・・・
そう思って、検索したら自治体の選挙管理委員会のHPに掲載されていた。
そうか、今度からこれを見れば良いんだな。1つ賢くなったが、ネットで見られない人は、やっぱり「空白期間」が生じる。

そういえば期日前投票に行くと、出口調査に当たる確率が高いが、今回は3人いて、どうやら別々の報道機関のようだった。
私が答えたのはNHKだったが、タブレッドでタッチするだけの最新の調査だった。
「出口調査」もどんどんデジタル化して進化している。
選挙の方法や情報開示の仕方も、どんどん変化していくのだろう。

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »