« 松山城と道後温泉への旅 その2 | トップページ | 60歳、そして定年へ(プライベート編) »

2017年8月21日 (月)

松山城と道後温泉への旅 その3

先週、めでたく(?)60歳になった。還暦だって!
この話題は次回にするとして、今日は前回からの続き。

「道後温泉」
からまた市電に乗って、ホテルへ。
ちょっと休憩して夕飯へ。
今回の宿泊先はビジネスホテルなので、朝食だけにして夕食は外。20170807_03
だから市内中心の「大街道」近くにホテルを取った。
ホテルにあるガイドやネットでお店を見て1件目に行ったら、「合い席なら」と言われて諦めた。
やっぱりネットで良い評価されていると混んでいる。けれど経験的に飛び込みで入っても美味しい店もある。
希望としては「鯛茶漬け」が食べられるところだったが、なかなか良さそうな所がなく、あまり高くなくリーズナブルそうなお店に入った。

これが結果として良くて、濃いしょうゆベースで食べる「鯛茶漬け」も付いていて、天ぷらもじゃこ天も、どれも美味しい定食で満腹になってしまった。
その後、「松山城」へ。
本当なら翌日の予定だったが、ちょうどその日から「光のおもてなしin松山城 2017」が始まり夜9時半まで天守閣以外は入場可能とのことで、行ってみた。

松山城は市内の小高い山の上にある城郭で、最初から歩くことは諦めてロープウエイに頼った。
近づくにつれライトアップされた天守閣が見えてきた。
お城好きとしては、さまざまな形をしたイルミネーションはちょっと邪魔だったけれど、暗闇に浮かぶ高い石垣や天守閣が幻想的で、さらに想像よりも城郭も大きく、夜のお城見物を堪能した。

そして翌日。
バイキングの朝食にも「じゃこ天」があり、前回にも書いたけれど「3食続けて」じゃこ天尽くしの松山滞在になってしまった。
13時半に松山を出発する列車なので、早めにチェックアウトして再度松山城へ。
やっぱり石垣が高い。
そして天守閣も良い。
さらに城郭としてコンパクトだけれど「升形」があちこちにあるし、「狭間」も多く、守りの堅そうな城なんだなぁと感じられた。
現存天守閣は、もう見学するだけで楽しい。歴史を読んだり、展示物を見たり、他の観光客がさっさと通り過ぎていくが、時間もあることなので、ゆっくり楽しんだ。
天守閣の窓に中国人らしい夫婦がどっかり座って動かないのには閉口したが、大きさも歴史もたっぷり楽しませてもらった。

これであとは「時間があれば」と思っていたところもあったが、あまりの暑さに高島屋に避難。
お土産もホテルで買ったし、時間まで涼んだ後に、市電でJR松山駅へ。
これ以上の場所はレンタカーが必要だと思ったが、これで松山・道後温泉としては十分に楽しんだ。
現存天守閣のうち、これで犬山城、彦根城、松本城、丸岡城、姫路城、高知城と合わせて7つ出かけた。
高知城は20代の時だったから、もう一度行きたいが、次の目標は松江城かな?

|

« 松山城と道後温泉への旅 その2 | トップページ | 60歳、そして定年へ(プライベート編) »

コメント

楽美さん、コメントありがとうございます。

「じゃこ天」みたいのを本当のB級グルメっていうんだと思うんですよね。
最近の「わざわざ作って、1位を狙う」ってのは違う気がする。
「じゃこ天」食べながら、そう思いました。

松江城、丸亀城、そして20代には行ったけれど、もう一度高知城。
まだまだ行ってみたい現存12天守があります。

でも、定年再雇用の身だと、そろそろ予算削減生活も考えなくちゃいけないし・・・
いろいろ悩み多き還暦です。

投稿: nobulog | 2017年8月24日 (木) 08時52分

こんにちは~
還暦 おめでとうございまーすhappy01
60代も元気でお城巡りを続けてくださいね。

道後温泉の建築は風格があって、いいですよねー
また行きたいです。
こちらのレポのおかげでじゃこ天が食べたくなり、
さっきスーパーで買ってきました(笑)
冷酒のおつまみにも最高!

私も次は松江城!と決めています。足腰鍛えて、がんばるぞ~

投稿: 楽美 | 2017年8月23日 (水) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松山城と道後温泉への旅 その2 | トップページ | 60歳、そして定年へ(プライベート編) »