« LINEやメールは、失礼なのか | トップページ | YouTubeの楽しみ方 »

2017年7月 3日 (月)

「話し合い」で解決は、綺麗ごとなのか

今回は、ちょっと妄想的な話題。
これも「こんな時期に、こんなこと考えていたのか!」とあとで備忘録的に思えるようにしておこうかと・・・・20170703hanasiai

昨年、イギリスがEU離脱を選択した。
それを追うようにアメリカにトランプ大統領が誕生した。
その頃から、「自国第一主義」とか「ポピュリズム」とか言う言葉を聞く様になった。

「自国第一主義」は、私のような年代が生きてきた戦後から今までの時代が目指してきた「グローバリズム」とは真逆の「自分の国がまず、良くなければ」と言う感じか?

日本は島国で移民はそんなに流れてこないし、そもそも日本は積極的に難民を受け入れていないから実感が少ない。だから「自国第一主義なんて」という空気感が強いが、もしも中国や韓国や北朝鮮の人たちが、今のように観光ではなくて、移民とか難民として大量に入国してきて、働き場所を奪っていくとしたら、そんなことを思えるだろうか?
そんな角度でイギリスやアメリカを見てみると「わからなくはない」気がする。

そういう感情を「何となく」心の中に皆が持っているところへ、トランプ氏が出てきて「アメリカ第一主義」と声高に演説し、国民に迎合していくことが「ポピュリズム」と否定的に「正義の味方」的に言っていられるだろうか。

と、ここまでは「今までとは違う流れの始まり」と感じるし、現にNHKスペシャルなどでも「グローバリズムの限界」のようなテーマが出始めているから、未知の時代が始まっていることは間違いないだろう。
そんなことに気を取られているうちに、ある国は毎週のように「ミサイル実験」を繰り返すし、ある団体はさまざまな国や場面で「テロ」を頻発させる。

そんなニュースばかり見ていて、映画やドラマで「世界中がひとつになって」とか、世界中の首脳が「武力を使わずに話しあいで解決を」と言っているのを見ていると、そちらの方がとても「絵空事」のように感じてしまうようになった。
「話し合いで」と言っている間に、あの国はどんどん軍事力を強くそして技術も高くなって、気が付いた時には「手に負えない国」になっていないだろうか?

私たちは昭和30年代の初めに生まれた。
今から考えれば、戦争が終わって10年くらいしか経っていない時期だ。
だから、小学生の時にはずいぶん「平和」とか「戦争反対」と教育されたし、そう思って生きてきた。
でも、今の状況を見ていると、「話し合いで平和って生まれるんだろうか?」と日々思うこの頃だ。
諦めてはいけないのだろうが、毎週のように「ミサイル」を実験する国を見ていると「そろそろ一発ぶん殴ったら?」と、とても不謹慎なことを考えてしまうのも事実だ。

|

« LINEやメールは、失礼なのか | トップページ | YouTubeの楽しみ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LINEやメールは、失礼なのか | トップページ | YouTubeの楽しみ方 »