« 「話し合い」で解決は、綺麗ごとなのか | トップページ | 若い頃と今の音楽 »

2017年7月10日 (月)

YouTubeの楽しみ方

会社から「持て」と言われてスマホを持つようになって、何年か過ぎた。
今さらなのだが、このスマホと言うやつは、ライフスタイルを大きく変えた。
60年も生きていると「ライフスタイルを大きく変えた」ものに結構出会っている。
古くは、テレビとか冷蔵庫とか洗濯機とか私が生まれた頃に言われた「3種の神器」の家電たちがあるが、ソニーの「ウォークマン」もそうだ。
Youtube
現在30歳くらいの女性社員と話していたら「ウォークマン」以前の音楽の聴き方を尋ねられた。
「どうやって、音楽を聞いていたのですか?」
私たちの世代は、音楽は家の中もしくはクルマの中で聴くもので、日常生活の中で何かをしながら聴くことはあまりなかった。
その意味で「音楽を外に持ち出した」と言われる「ウォークマン」は、大きくライフスタイルを変えたものだと以前何かで読んだ。

そして同じようにスマホの登場も、大きく変えた。
ゲームもネットも動画も、全部を「いつでもどこでも楽しめる」ものに変えてしまった。
私自身、暇な時間にはゲームをするし、仕事中でも気になればネット検索する。
そして、それまで「わざわざアクセス」するものだったYouTubeも、身近になった。
アプリを立ち上げれば、すぐにアクセスできる。

ニュースやスポーツで気になることがあるとYouTubeを見ると、動画がアップされていて見逃した場面でも見ることができる。
何度かアクセスすると、ログを捕られていて私の興味のある傾向のものが表示される。
「前略おふくろ様」という私たちが高校生の頃に夢中になった人気ドラマが、全話アップされていたりする(これは違法なのだろうが・・・・)。

特に音楽系では、YouTubeは活躍してくれる。
以前このブログにも載せたが、懐かしい音楽やアニメ主題歌なんかもあるし、忘れてしまっていたような音楽に再会することもある。
先の「前略おふくろ様」から音楽を担当していた「井上堯之バンド」に繋がって、「傷だらけの天使」「太陽にほえろ」などのテーマ音楽に再会するなどのようなパターンもある。

ドラマやニュースや音楽だけでなく、CMもある。
再生中に流れるCMは辟易するが、昔のCM集だったり、TVで見て「良いなぁ~~」と思うようなCMなんかがアップすると見てしまう。
「カロリーメイト」は満島ひかりが校庭に一人立って「ファイト!」をアカペラで熱唱するCMから、毎年「心に響く」パターンが続いている。それを一度に見られるのもYouTubeの楽しみだ。

そして、音楽も最近はまったく新しいものを聴こうとは思っていないが、YouTubeで見つけて「へぇ~~」と思う曲に出会ったりしている。
この辺の話は、次回に続く話題だが、YouTubeのような動画を見ることができるコンテンツは、今までとはまた違う楽しみの見つけ方を教えてくれるものだ。

|

« 「話し合い」で解決は、綺麗ごとなのか | トップページ | 若い頃と今の音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「話し合い」で解決は、綺麗ごとなのか | トップページ | 若い頃と今の音楽 »