« 殿、利息でござる!(無私の日本人) | トップページ | 龍馬までさかのぼる先祖 »

2017年5月15日 (月)

新年度になって

新しい年度になり、GWも過ぎ落ち着いて来た。20170515_sinnendo
「ど〜なるんだ?」と新しい年度になっても、ワサワサしていたし、生活のリズムが変わったりで落ち着かなかったが、どうやら新しい生活が定着してきた。

大きく変わったのは「管理職」じゃなくなったこと。
「組織に対する責任」と一言で言うとそうなるのだが具体的だと、もうちょっとリアルな感じになる。

まず会議に出なくて、良くなった。
私が出ていたのは、毎週2回の早朝会議と月1回の販売会議だが、とにかく私の会社は会議が好きだ。早朝会議などは、「必ず何か話せ」と言われるので、ネタが必要なのだが、週2回もあるとネタが尽きてくる。これが辛い。
だから、会議に出なくなり、朝も少しゆっくり出社出来るようになったことが一番生活のリズムが変わったことだ。少しだけれど朝寝坊できるのも嬉しい。

他に管理職じゃなくなったことで、いろいろな書類への捺印がなくなり、さらに部下からの相談や指示などに対応しなくて良くなった。
こうなると人によっては「さみしくない?」と言われるが、まったく無責任な立場になれていることが、こんなに楽なのかと思っているから、決して寂しくない。

と、これまでは「良かったこと」を書いたけれど、心配なのは収入面。
一応規定では「役職手当はない」となっているから、覚悟はしていたが、4月の給料日直前になり本部長から「人事部長と話して来た」と報告をくれた。

基準になったのは、私と同年齢で今年定年を迎えるのになぜか「参事部長」という規定にない役職となった人だが、本部長も人事部長も「あの人よりは、ちゃんとやっている」と認めてくれたらしく、昨年度よりは減ったけれど、その参事部長よりは、少し多めに手当を付けてくれた。
ただ、夏になり定年〜再雇用になるとどうなるかは、まだ未定。

とにかく収入面は減ったけれど、会議にも出なくて良いし、責任が軽減されたから、これはこれでOKだと思っている。
もう本当に次の世代が主役の時代なのだと実感している。次の世代よ、がんばれ。

|

« 殿、利息でござる!(無私の日本人) | トップページ | 龍馬までさかのぼる先祖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 殿、利息でござる!(無私の日本人) | トップページ | 龍馬までさかのぼる先祖 »