« 新年度になって | トップページ | 「便利な社会」の見直しが始まるか »

2017年5月22日 (月)

龍馬までさかのぼる先祖

この話題の直接のきっかけは、今年の正月だった。20170529_senzo
さらに、間接的には、かなり昔から兄貴たちと話していたことだ。
私の父親の姓は、父親の両親(私から見れば祖父母)とは違っている。
父親は私が中学の時に他界しているので、すでに真実は分からないが、私たち兄弟が小さい時に聞いた話しでは「今の私の姓である家名を継がせるために祖母方の養子」になったということだ。

あんまり覚えていないが、私の父親は兄弟とも両親とも姓が違うため、自分が小さい時には「もらわれて来た子供」だと思っていたと聞いたこともある。
その真相を探るきっかけは、何年か前に父方の親戚が兄貴の家を訪ねて来たことに始まった。

ここからは、私が兄貴から聞いたことなので正確なことは分からない。
その訪ねて来た親戚も、もう私達とは面識もなく、東京方面に住んでみえ、お墓参りも兼ね訪ね訪ねて兄貴の家に辿り着いたようだ。
その親戚筋は、私たちの姓が違う理由も知らずに、兄貴からいろいろ聞いて驚いて帰られたとのことだ。

そのことがきっかけとなり、さらに兄貴の家に初孫が生まれたこともあってか、そもそも本当はどうだったのかを兄貴は調べ始めた。
調べた時の戸籍謄本を見せてもらったが、今と違って手書きの文字で、しかも達筆だったり旧字だったりで非常に読みにくい。
けれど、何とか分かったのは、父親は祖父母と養子縁組したのではなく、曾祖父母の両親、私から見ると4世代遡るのが、今の私の姓であったことだ。
なので、父親は自分の曾祖父母と養子縁組したということだ。

その曾祖母(私から見ると高祖母というんだそうだ)の家名を残したいというのが、今、私が名乗っている姓の元となっていることになる。
この高祖母の名前は「つ祢(ツネ)」と言う人なのだが、何と生まれたのは「天保11年(1840年)」。兄貴の調べによると「坂本龍馬の5歳年下」とのことだ。
この人が亡くなったのは大正5年。私の父親は明治44年生まれだから、5〜6歳までは生きていたようだ。

そして、その「つ祢(ツネ)」さんの娘に「いま」さんがいるのだが、この人が生まれたのが「元治元年(1864年)」!なんと「元治元年」、幕末大好きな私(兄貴も少しそうだが)としては思わず驚く「蛤御門の変」の年なのだ。

「蛤御門の変」と言えば、長州藩の暴発により幕末の騒乱がいよいよ始まったエポック的な出来事だ。
こうやって、自分から数世代遡るだけで、江戸末期の歴史に触れることができる、
私達世代にとって江戸は「ついこの前」だったのか?
それとも私達の世代が「昔の世代」になりつつあるのか?
きっとどっちもなんだろう。

|

« 新年度になって | トップページ | 「便利な社会」の見直しが始まるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年度になって | トップページ | 「便利な社会」の見直しが始まるか »