« 付いてくる世代に恥じないように、仰ぎ見る世代に恥じないように | トップページ | 英雄たちの選択~大村益次郎の回で感じたこと その2 »

2017年4月24日 (月)

英雄たちの選択~大村益次郎の回で感じたこと その1

またまた「英雄たちの選択」の話題から。
ここ2~3年の中で、一番楽しみにしている番組でもあるので仕方ないかもしれない。

この番組の3月の放送で「大村益次郎『武士よさらば 大村益次郎 常識を破壊する組織革命』」 があったが、なかなか面白かった。
そしていつも以上に磯田さんのコメントや中野さんの解説がとても面白く、「そうか、そうだよね?」と今の自分の周辺で起きるいろいろなことへの「答え」のようなものを感じ、2回に分けて書くことにした。
20170424_oomura01
ちなみに「大村益次郎」とはウィキペディアでは、こう説明している、
幕末期の長州藩の医師、西洋学者、兵学者である。維新の十傑の一人に数えられる。
長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となった。太政官制において軍務を統括した兵部省における初代の大輔(次官)を務め、事実上の日本陸軍の創始者、あるいは陸軍建設の祖と見なされることも多い。靖国神社の参道中央に像がある理由もこのためであるとされる。元の名字は村田、幼名は宗太郎、通称は蔵六、良庵(または亮庵)、のちに益次郎。

今回の言葉はこれ。
「会社を生活の場と考えるか?会社を自己鍛錬の場と考えるか?」

これは、磯田さんが幕末の旗本を中心とする幕閣たちと大村益次郎のような種類の人間との差を言い表したコメント。
当時の幕府(大老・阿部正弘を代表として)の武士は、代々家禄の受け継いでおり職場を「家禄をもらうための生活の場」として考えていて、吉田松陰や大村益次郎など西洋の技術にいち早く着目した人たちは、社会を「自己鍛錬の場」としていたという解説だ。

このコメントは、とても私には刺さった。
最近、少しご無沙汰気味だが、古い友人の「揚巻」さんが40年以上前に私に話してくれたことがある(覚えているだろうか?)
「毎日8時間働くとしたら、1日の1/3は働くから、好きな仕事に就く方が良い」

まだ10代の終わり頃だった私は単純に「そうか!」と思う反面、「でも、お金も欲しいよね」とも思った。
なので、今の職業に落ち着くまで、いろいろな仕事に就いたが、どうやら私は「つまらない仕事をお金や遊びのために我慢して勤める」タイプではないことに気付いた。

それから40年、紆余曲折あって、時に温泉旅行に出かけるくらいの暮らしが出来るだけの収入を得られるようになったが、やっぱり私にとって「会社は自己鍛錬の場」の方に重心があると気づいている。
磯田さんのコメントのように「全面的に自己鍛錬と思っているか?」と問われれば、少しうつむいてしまうが、胸を張って「生活のためだけで働いているわけじゃない」と言うことは出来そうだ。

そう、磯田さんのコメントのように、社会には多くの種類の考え方で物事に取り組む人たちがいる。
そして、その人たち全ての胸の中に「正義」があって「損得」があって「思想」がある。
そんな複雑な中で、自分も見失わないように生きていくことは、とても大事で、大変なことだと、やっと最近わかるようになった。

そして、それは今始まったことでなく「歴史を見ていくと今の課題が紐解ける」という磯田さんがいつも話すことだが、今回は本当にその言葉が胸に落ちた。

|

« 付いてくる世代に恥じないように、仰ぎ見る世代に恥じないように | トップページ | 英雄たちの選択~大村益次郎の回で感じたこと その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 付いてくる世代に恥じないように、仰ぎ見る世代に恥じないように | トップページ | 英雄たちの選択~大村益次郎の回で感じたこと その2 »