« Favorites=世界!ニッポン行きたい人応援団 | トップページ | マスクを付けているのが普通? »

2017年4月 3日 (月)

それぞれの正義

新年度が始まった。
いよいよ定年となる年度となった。

年度(正確には「会計年度」というらしい)は国によって違うが、日本はお正月を大きな節目として迎える習慣があるので、1年に2回も「新しい1年」を迎える感じだ。
もっとも、私は商売をしている家で育ち、いくつもの会社を転職してきたが、それなりの規模の企業でないと「新年度」を大きな節目として感じることはなかった。
20170403seigi
昨年末の「変化の際(キワ)」 にも書いたが、「トランプ大統領」「イギリスのEU離脱」など、いよいよ大きなうねりが現実化しつつある。
それに関連して「ポピュリズム」という言葉がネットや報道で流れる。

ポピュリズム=一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする政治思想、または政治姿勢のことである(ウィキペディアより)

今までの常識的な目線から見れば「そんなことは受け入れられない」と思うが、現実には大統領になるし、実際に日本だって「ヘイトスピーチ」「教育勅語を唱和する幼稚園」などの問題があって、排他的な空気は身近にある。

そんなニュースを目にしたり聞いたりするたびに「第一次・第二次世界大戦前の世界は、こんな感じだったのかもしれない」と感じるようになった。
世界中の国や人々は「まずは自分の国を」と考え、それ以外を「仮想敵」とみなし軍備補強を行う。
当時日本は、軍備補強を大国に制限され、それがきっかけで輸入規制を掛けられ、戦争に入って行った。大胆に言えば、世界大戦はそんな感じで始まったと思っている。

その時日本には日本の「正義」があり、他国には他国の「正義」があり、みんな「自分たちが正しい」と思っていたのだと思う。
この「自分の思う正義」と言うものが厄介なものだと最近感じる。
国には国の、自治体には自治体の、企業には企業の、労働者には労働者の、そして個人には個人の「正義」がある。

沖縄の基地問題で、知事と国がぶつかるのも「正義のぶつかりあい」だし、春闘も「企業の正義と労働者の正義」のぶつかり合いだ。
そして夫婦げんかも「それぞれの正義」のぶつかり合いだ。
「自分の思っていること、考えることが正義」と思えば思うほど、ぶつかる衝撃は大きくなり、「譲れない衝突」になっていく。

これを避けるためには「他人の正義」を分かろうとしたり、認めようとしたりするしかないのだが、どうやら最近の世界中の動きを見ていると、まだまだ人類はそのレベルに上がる準備が出来ていなかったことが分かる気がする。
そんなことを感じながら定年の年度が始まる。
私の正義は「再雇用はしてほしいけれど、少し仕事はセーブしたい」だが、果たして周りの正義はそれを認めてくれるだろうか?

|

« Favorites=世界!ニッポン行きたい人応援団 | トップページ | マスクを付けているのが普通? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Favorites=世界!ニッポン行きたい人応援団 | トップページ | マスクを付けているのが普通? »