« マスクを付けているのが普通? | トップページ | 英雄たちの選択~大村益次郎の回で感じたこと その1 »

2017年4月17日 (月)

付いてくる世代に恥じないように、仰ぎ見る世代に恥じないように

4月になって、半分過ぎた。
新しい年度であり、いよいよ「定年」というものを迎える年度になった。
20170417_tuitekuru
免許証をはじめ、いろんな証明書を見ても8月に60歳を迎えることは間違いのない事実だし、ここ数年ずっと認識していることだが、まだまだイマイチ「ピン」と来ていない。
役職はなくなったし、おそらく給料もすごく減るだろうから、それを見ると実感するのだろう。

今から10年前、このブログを始めて1年少し経った頃に「Favoritesシリーズ」を開始し、その2回目に今回のタイトルとなった吉田拓郎の「ローリング30」 を取り上げた。
あの時は50歳。
それなりの実感を持って、ピックアップしたのだが、冒頭に挙げたように記念すべき「定年」の年に、改めてあの曲の内容をしみじみと思う。

ついて来る世代に恥じないように 届かない世代に恥じないように
Rolling30 動けない花になるな Rolling30 飛び立つ鳥になれ
Rolling30 Rolling30

私は「ついてくる世代に恥じない」ように生きてきただろうか?
それは「ついてくる世代」の感じ方だから、本当のところは分からない。
でも「届かない世代に恥じない」ようには、生きてきたつもりだ。

とても身近な同世代を見ていると胸中では「もやもや」したものが、この新年度を迎える時にあった。
会社の人事規程には、こう書いてある。
参事=部長の役職定年後の役職
参与=参事の定年退職後の役職

だから、私は誕生日が来るまでは「参事」だし、定年後は「参与」となる(はずだ)。
なのに、新しい年度の組織図を見て、びっくりした。
私と同じ年の人が「参事部長」のまま役職にいるし、執行役員で定年になった人は「参与部長」になっていた。

「参与」は定年退職後の役職名なのに、なぜ「部長」が出来るのだろう?
もう規程があるようなないような、抜け穴だらけのものになっていて、それを知って私自身は「もしかして、ちょっと損した?」などとも思ってしまった。

なかでも、前の上司だった人は執行役員定年となり「参与室長」になっていたが、同じ年の執行役員は「上席執行役員」になって、「なんで俺は降格なんだ」と怒っていたそうだ。
「参与室長」でも恵まれていると思うけれど、彼はそう思っていないようだ。
でも会社から打診のあった大きなプロジェクトは断って、いろんな部署にちょっかい出しているだけの1年を過ごしていれば、そうなるんだが、自分は「ちゃんとやっている」と思っているようだ。

などなど、いろいろ思うことがあるが、これから今まで以上に
「ついて来る世代に恥じないように 届かない世代に恥じないように」
胸に刻んで生きて行こう。

|

« マスクを付けているのが普通? | トップページ | 英雄たちの選択~大村益次郎の回で感じたこと その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスクを付けているのが普通? | トップページ | 英雄たちの選択~大村益次郎の回で感じたこと その1 »