« 突然のめまい | トップページ | 育っていく二人の三世 »

2016年10月31日 (月)

崩れる時は、一瞬で

今年もあと2か月。
年が明けると、いよいよ「定年」の年になる。20161031kowareru

本当だったら、この4月で部長ではなくなり、次の世代が私のいる組織の中心に運営されるはずだったが、このブログでも書いたように、急転直下で1年延期になった。
延期になったけれど、来年はもう間違いなく私は部長から解放されるわけで、今年度は私の上司である本部長の判断で、実質的な運営は、他の2名の部長に任せる形でここまで来ている。

ところが、これが全くうまく行かない。
2名とも管理ができないが、そのうちの1名(もと私の部下)は、見積もりの確認も、部下の業務内容も、もう何も分からなくなってしまっており、私から見れば「こいつ、いったい何が出来るんだろう?」という状態になっている。

その元部下だった問題の部長が入社させた長くフリーランスでやってきて、当社の業務も対応してたスタッフがいる。
そのスタッフが昨年度から私の部下になり、課長代理になったが、これがまたまったくマネジメントが出来ない。
そして、会議や売上などの資料もちゃんと作れない。
で、下期から来年度への組織検討の話し合いの中で、オーバーヒートして1ヶ月休業となった。

このスタッフ、犠牲者のように見えるが、私から見れば自業自得そして、無責任だと映る。
「実務で100%にすると、マネジメントが出来ないから、少しバッファを持て」
と言っても、営業に依頼されれば全部引き受け、途中から自分の部下に投げる。
そして今回の休業も、特に申し送りもなく、自分で採用した派遣社員もほったらかしで、休みに入ってしまった。

他にも春には他の社員もメンタルで休職。
とにかく私の上司である現本部長(私より、10歳下だが)は、頭を抱える状態で
「とにかくもう1回、組織を作り直す時期だな」
と言っている。

そういうことで、私は「来年、定年だから」と距離を持った状態で、この状況を見ているが、我が組織が出来て20年。
長い時間を掛けて紆余曲折して、構築してきたのに、壊れる時は一瞬なんだなぁとしみじみ感じている。

|

« 突然のめまい | トップページ | 育っていく二人の三世 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 突然のめまい | トップページ | 育っていく二人の三世 »