« 姪っ子の結婚式 | トップページ | 【備忘録】米大統領の広島訪問 »

2016年5月23日 (月)

隣人の孤独死

今から考えれば、その兆候はGW前にあった。
隣には私より年上の男性が一人暮らししている。
その人は2年くらい前に定年になったみたいで、ある朝すれ違ったら「ヒマでヒマで」と話していた。
マンションの総会にも欠かさず出席されるし、理事長を誰も受けない時には、2年連続でやってくれたりして、私とは割と親しくさせてもらっていた。
20160523kodokushi
GW前に新聞が4日くらい溜まっていて「どこかに行っているのかな?」と思っていたが、その後、溜まった新聞がなくなったので、安心していた。
GW残り2日のある日、前日姪の結婚式で軽井沢までの往復でグッタリしていたら、インターホンが鳴った。
「新聞店ですが、隣の方が10日くらい見えないのですが、知りませんか?」と尋ねられた。

知らない旨伝えて引き取ってもらったが、どうにも気になる。
2014年9月「一人暮らしのマンション珍騒動」 の時には大騒ぎしたが、ひょっこり本人が現れ、笑い話で終わった。
今回も、笑い話になるかもと、しばらく考えていたが、やっぱり気になりマンション管理会社の営業担当に連絡してみた。

「さっそく連絡してみます」と返事のあと、しばらくしたら「弟さんが連絡しても出ないようで、翌日警察と訪ねることになりました」と連絡があった。
翌日の朝、玄関先で物音がしたので、見てみると警察官が2名。

一応、最初の連絡者なので、状況を話しておいた。
しばらくして鍵を開ける音もし(分譲マンションなので、鍵屋さんを呼んで開けたようだった)、お昼すぎた頃に、警察がやってきた。

「残念な結果でした」とのこと。
玄関先から隣のドアを見ると、鑑識の人もおり、少し開いているドアから、少しだけ異臭もした。

親しくさせてもらっていたから気になって連絡し、少しでも早く見つかったのはせめてもの慰めかなぁ~と思ったけれど、離婚後ずっと一人暮らしをしている私としても他人事ではない。
一人暮らしは気ままだけれど、こんなふうに人生の終わりを迎えたくないなぁと思う出来事だった。

|

« 姪っ子の結婚式 | トップページ | 【備忘録】米大統領の広島訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姪っ子の結婚式 | トップページ | 【備忘録】米大統領の広島訪問 »