« マスコミだけが注目してないか? | トップページ | 蒸気機関車があった風景 »

2015年12月17日 (木)

岡本おさみ 逝去

お風呂に入る前に、スマホのニュースを見て知った。20151217okamotoosami

一般にはあまり馴染みのないこの作詞家は、吉田拓郎ファンなら絶対に忘れられない作詞家でもある。

初期の拓郎の名曲のほとんどは、この作詞家の唄と言ってもいい。

名アルバム「元気です」の中にも
「こっちを向いてくれ」
「まにあうかもしれない」
「リンゴ」
「また会おう」
「旅の宿」
「祭りのあと」
と揃っていて、今でも「リンゴ」「旅の宿」はアコギの名演奏も重なり、拓郎の中でも特別な曲だと思っている。

世間一般では「あの森進一の『襟裳岬』の作詞家」と言われてしまうだろうが、やっぱり拓郎とのコンビの中の最高峰は「落陽」だろう。

何でもない詩なのに、なぜか今でもライブでは欠かせない曲なっているし、拓郎自身が「あの曲は超えられない」と最近では言うようになった名曲だ。

合掌の気持ちを込めて。

|

« マスコミだけが注目してないか? | トップページ | 蒸気機関車があった風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスコミだけが注目してないか? | トップページ | 蒸気機関車があった風景 »