« 近場で歴史を訪ねる 新美南吉記念館/半田赤レンガ建物 | トップページ | 近場で歴史を訪ねる 関宿 »

2015年9月 7日 (月)

デザインの魔女狩り「東京オリンピック2020 エンブレム問題」

Majogari仕事柄、触れないままはいけないと思い、さらに得意の備忘録として今回はこの話題にした。

「東京オリンピック2020 エンブレム問題」
ついに先週、取り下げとなり白紙撤回されてしまった。

ここからは個人的な見解で、決して法律の専門家でないので、「あなたは間違っている」と怒らないでほしい。
さらに言えばデザインにおける「商標権」とか「著作権」は、非常に曖昧かつ微妙なものなのだ。昨今巷で言われるように単純に「パクリだ!」「真似した!」と騒ぐのは、「そういう法律のこと知らなくて騒いでいるんです」と証明しているようなものだとも思っている。

例の「エンブレム」のデザインについて言えば、個人的には問題ないと思っている。
さらに展開例の使用された写真についても、当初は「非公開的な資料」とのことだったので、使用許諾を得なかったのも、やむを得なかったか?とも思える。(もちろん、企業のリスクマネジメントとしてはアウトだけれど)

その事務所の「盗作」「パクリ」で、個人的に「これはアウトだなぁ」と思うのは、トートバッグの2~3種類のデザインで、それ以外はセーフだと思う。
ただし、事務所の雰囲気として「いろんなものを参考に創れ」という空気が濃いんだろうなぁと想像はできる。

私たちはデザインを考える時、さまざま資料を見て「アイディアのフック」とする。全く白い紙の上で、いきなりオリジナルのデザインを創作することなんて、まずない。

「アイディアのフック」として参考にして、完成は全く違うものになることもあれば、少しテイストが残ることもある。
それをイチイチ目くじら立てて、「パクリだ!」と言われては、ほとんどのデザイナーは仕事ができなくなる。

ある新聞の記事である美術評論家が以下のようなことを書いていた。
「デザインとは本来、オリジナリティを追求する『表現』や『作品』であるよりも、既存の意匠をどう解釈し、新しさを創出するかの知恵比べにこそ、作り手の腕が問われるのだという原点に立ち返るべきだ」

まさに、この言葉通りだと思っている。
それをネットの機能を使って「パクリ」「盗作」を騒ぐのは、中世の「魔女狩り」の心理状態と何の変りもない。

今回のオリンピックのデザイン選考には「グラフィックデザイン界の巨匠」である永井一正氏がいた。そして先の新聞にも松永真氏などがコメントを寄せている。
これら巨匠が「デザインとはこういうものだ!」としっかり指針を出すべきなんじゃないかなぁ。
そして、巨匠たちが、ネットの意見に流されて、常に対応が後手後手に回ってしまい、余計に混乱を招き、「白紙中止」という最悪の結果になったと思う。
これこそが、時代の先駆者であったデザイン界の巨匠が、時代に合わなくなっている証しなのかもしれない。

この事件、ネットの功罪の総括であると、あるネットに書かれていたが、私のような仕事をしている人間には覚えておくべき出来事だと思った。

|

« 近場で歴史を訪ねる 新美南吉記念館/半田赤レンガ建物 | トップページ | 近場で歴史を訪ねる 関宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近場で歴史を訪ねる 新美南吉記念館/半田赤レンガ建物 | トップページ | 近場で歴史を訪ねる 関宿 »