« LGBTを少しだけ身近に感じた瞬間 | トップページ | 3世に「活!」 »

2015年7月 6日 (月)

攻撃されたらどうなるか?という疑問

いつの頃から覚えていない。
けれど、この手のニュースを見るたびに、いつも思うようになった。
「例えば、北朝鮮がミサイルを突然打ってきたら、どうするのだろう?」

20150706_kougekisaretara毎年のように総理大臣が変わっていた時代から、ここのところ安倍晋三氏で落ち着いている。
だからなのか、分からないが「集団的自衛権」「安保法制」とか、ちょっとタカ派的な動きが活発になっている。

その関連から「憲法9条」「憲法違反」、そして「内閣支持率低下」など、なかなかの逆風が続いている(ような報道が多い)。
そしてニュースでは「戦争反対」の集会やシュプレヒコールの場面が画面に出たり、「戦争に巻き込まれるな」のプラカードを掲げている姿が映し出される。

そんなニュースや新聞を目にするたびに、冒頭に挙げた
「攻撃されたら、どうするのだろう」という思いが頭をよぎる。

このブログをずっと読んでいる人には分かってもらえていると思うが、私は決して「戦争肯定派」でもないし、「軍隊を持つべきだ」とも思わない。
それよりも、ずいぶん前に書いた「ヒロシマナガサキ」 にあるように、小学校時代には徹底して「戦争は悲惨なのだ」という教育を受けてきた。

それに今年は「戦後70年」に節目であるために、テレビや新聞でも沖縄戦の惨状や、悲惨な出来事を多く目にし、そのことを見聞きするたびに「やっぱり戦争は嫌だ」と思う。

それでも先の「攻撃されたらどうする?」という疑問は消えない。
いくらこちらが「戦争はやめましょう」とシュプレヒコールを上げていても、例の国が「ちょっとミサイル実験が失敗しました」という理由で、福井の原発近くに着弾したら、どうするのだろう?へ

もう少しリアルに言えば、「経済政策への報復」として、突然戦争を仕掛けてきたらどうするのだろう。それでも反撃せずに「平和を守れ!」と言い続けていられるのだろうか?
「平和」とか「戦争反対」とか、文字や祈りだけでは解決しないと現実的に思えば思うほど、この疑問は大きくなり続けている。

|

« LGBTを少しだけ身近に感じた瞬間 | トップページ | 3世に「活!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LGBTを少しだけ身近に感じた瞬間 | トップページ | 3世に「活!」 »