« 攻撃されたらどうなるか?という疑問 | トップページ | 生きているうちに? »

2015年7月13日 (月)

3世に「活!」

5月の終わりに3世が小学生になった記事を書いた。
その時タイミングが合わず会えなかったことを書いたが、7月の最初の週末にやってきた。
正月に会って以来だからか、最初は妙にモジモジしていたが、一緒にイオンに行ってご飯を食べた頃から、だんだんワガママ王子の本性を現してきた。
0713_3seinikatu
私の家に着くといつものように
「ゴジラ見たい」
というので、怪獣映画のDVDを映してやったが、5分も見ない。
「オモチャないの?」
と言ってくるが、当然私の家にはない。

そのうち娘がクラウドで写真を登録していて、容量が増えてしまい、どうしたら自分のPCに保存できるか聞いてきたので、私のPCを起動して説明し始めた。

3世は自分のワガママは通らないし、婿は前日徹夜明けだったので、もうウトウトしているし、じいじとママはPCを見て話しているし、つまらなかったのだろう。
「ちょっと待ってて」
と何度もママに言われ、そして私も言われていたけれど、全く聞く耳を持たず、私の持っているマウスのところまでよじ登って邪魔してきた。

それでも何度も何度も注意したが聞かず、「こりゃ、一発怒らないとダメだなぁ」と思い「いい加減にしろ!」と大きな声で怒鳴った。
さすがに男の子だからか泣きはしなかったが、ちょっとシュンとしてママのところへ。
きっと自分がいけないことをしていたことは分かっているはずだから、3世に向かって
「ごめんなさいは?」
と言うと、小さな声で「ごめんなさい」と謝ってきた。

怒鳴り声は3世よりも娘がショックだったようで(そういえば、娘に怒鳴ったことはなかったなぁ)、一瞬どうして良いか分からないようにしていた。
一人っ子でパパとママと住んでいるだけだから、家の中では、自分が一番最優先にされて育ってきている。
だけど、小学生にもなったし、「ワガママ王子」は通らないことをそろそろ教えておかないとなぁと思っていたところで、今回、ちょうど良いワガママを言ってきたので、怒鳴ってみた。

そもそも小さい時には、一人や二人くらい「怖いおじさんやおじいちゃん」がいたものだ。
それも学ぶのも良いかなぁと思って怒鳴ってみた。

その後、少し大人しくなり、夕飯時にはすっかり元気がなくなって帰っていったが、娘からのメールでは午前中にプールに行っていたので、疲れていたのかもとのこと。
それにしても、優しいニコニコして何でも言うことを聞くお爺ちゃんだと思ったら大間違いだぞ!と思ってくれたかな?
それなら、ちょっとだけ怒鳴った甲斐があった(笑)

|

« 攻撃されたらどうなるか?という疑問 | トップページ | 生きているうちに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 攻撃されたらどうなるか?という疑問 | トップページ | 生きているうちに? »