« ネットで見る感動するCM | トップページ | 3世、小学生になる »

2015年5月18日 (月)

事実の力~イラクから帰った兵士が内緒で家族に会ってみた

前回の「感動するCM」を見ていた時に、目についてみたら、こっちの方が「感動した」という話。

その動画のタイトルは「イラクから帰った兵士が内緒で家族に会ってみた」
見たけれど、元の動画は何なのかは、分からない。
想像するにアメリカのTVのあるコーナーで、イラク戦争に行っていた兵士が、家族に内緒でこっそり帰ってきて、「どっきり」的に対面する企画のようだ。Iraku

これを見て、特に「こども」の表情に泣ける。
子ども自身が「父親(もしくは母親)が戦場に行っている」ことを、どう理解しているか分からない。
けれど、少なくとも日本の子どもよりも、「戦争」は身近に感じていることが、突然の対面に、表情が崩れ強く抱きつく姿から想像がつく。

特に途中に出てくる女の子の表情は、胸に詰まる。
「感動させる」ような演出的でない時って、人間ってあんな表情になるんだと思った。
そしてその表情には、自然に涙腺が緩むような感動がある。

それともう一つ。
最近はいわゆる「イスラム国」の残酷な映像や激しい戦闘シーンがTVに流れるから、つい忘れがちになるが、やっぱりどの国でも「戦争」は嫌なものだし、特に「家族」にとっては、とても不安な生活を強いるものだと・・・・。

私の見たこの映像は、たぶんアメリカの軍人帰還のシーンだと思うけれど、あれだけ世界各国に軍隊を送っている国の兵士でも、我々と同じように、戦争に対する恐怖・不安感があるんだなぁと、そんなことを思いながら「演出でない」感動シーンに見入ってしまった。

|

« ネットで見る感動するCM | トップページ | 3世、小学生になる »

コメント

泣けました。
その場に居合わせた錯覚に陥ります。
演出もののCMでもその場にいる気分や、自分と重ねて泣けるんですよね。
歳のせい?いやいや、昔からそうだったと思う。
兵役から戻った人と、犬とのご対面も泣けるのよ。
日本のCMでセキスイハウスのゴールデンレトリバーが出演してるのは、まるっきり我が家と同じ状況を描いているから、ぐっと胸に迫ります。

投稿: 揚巻 | 2015年5月18日 (月) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネットで見る感動するCM | トップページ | 3世、小学生になる »