« それぞれのステップへ | トップページ | 箸の持ち方 »

2015年4月 6日 (月)

アプリケーションがやっているだけ

私は、この夏で58歳になる。
Pcわっ、こう書くと他人の年齢みたいに感じるけれど、まぎれもない事実で、年寄りなんだなぁ・・・・。
それは良いとして、同じ50代の人と話すと、まったく違う業界・業種なのに、同じような内容になっていくことに最近気が付いた。

それは「20~30代は、もっと創意工夫を」という話だ。
時代は巡るというから、きっと私たちがその年齢の時にも同じようなことを言われていたのだと思う。
でも、私たちの時代と決定的に違うのは「パソコン」の存在だ。

「ちゃんとクリエイティブが出来るデザイナーがいなくなった」
このブログでは何度もこの話を書いたけれど、これも「パソコン」の影響が大きいと思っている。

今のパソコンは、本当に性能が良いし、安くてプロ並みのいろんなことができるようになった。
動画編集なんて、その良い例で、昔だったら相当高額な機材がないと出来なかったのに、今じゃiPhoneと安いアプリケーションで、結構なレベルの編集が出来る。

それは、一般消費者にはとってもありがたい。
趣味でいろいろやるには便利だし、実際私もやったりする。
でもパソコンのおかげで、汎用化されたけれど、逆に恩恵に頼りすぎるようになった。
誰がやっても同じような感じになるし、抜き出たデザインや個性的な表現は、ずいぶん減った気がする。

ところが、そう感じているのは、私たち世代だけで、現役の20~30代の人たちは、そのレベルで「やれてる感」満載なのだ。
だから例えば仕事で確認してくれと若手が持ってきた時に、いろいろ言っても「何がいけないんだろう?」みたいな顔をして聞いている。

こういう話を50代が揃うと話すのだが、先日ある人と話した時に、こんなことをその人が言っていた。
「アプリケーションがやってくれていることに気づいていない」

確かにそう思う。
アプリケーションの機能に頼って表現するから、それ以上に表現パワーのあるものはできて来ない。
でも、これじゃプレゼンテーションでは勝てない。
だって、他にも同じようなレベルのモノが提出されるのだから・・・。

そう思うけれど、これも一生懸命話しても、イマイチ分かってもらえず、却って「口うるさい年寄り感」ばかりになりそうなるから、こちらも黙ってしまう。
でも、「どうやって、半歩抜き出るかを一生懸命考えてほしいなぁ」と思いながら、今の20~30代を見ている。

|

« それぞれのステップへ | トップページ | 箸の持ち方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それぞれのステップへ | トップページ | 箸の持ち方 »