« 大和言葉が気になる | トップページ | 限界を超えているのかも »

2015年3月 2日 (月)

北野天満宮、壬生寺、草津宿本陣

201502kyoto_2思いつきで21日の土曜に日帰りで京都に行ってきた。
朝の出発時は、少し寒かったが、天気予報通り暖かかったので、助かった。
思いつきの発端は「北野天満宮の梅」
そろそろ見られるのかな~~と思った事だったが、それだけで帰ってくるのは、ちょっと勿体ない。
だから、前から行きたいと思っていたところ+日帰り温泉とちょっと欲張った。

【北野天満宮】
まだまだ満開という感じではないけれど、浮世絵などに描かれる「梅の姿」に近く個人的には、満足してきた。
ただ、これから満開を迎えるというのに、すでに駐車場はいっぱいだし、観光客も結構いた。
本殿でお参りするのに、15分くらい並んだ。

【新撰組屯所=八木家、壬生寺】
幕末ファンではあるが、長く討幕派中心に読んだり訪ねたりしたので、何度も京都に行っているのに、新撰組屯所は初めて。(ごめんなさい、楽美さん・・・)
八木家は、思ったより小さく、狭い・・・・。
最初はこんなところに居たのか・・・・・。
現地ガイド付きということだったけれど、「知っている話ばかり」と思い、個人的に見て回ってしまった。
そして、壬生寺。
「新撰組=壬生浪」と言われたくらいですから、やっぱり壬生寺は行っておかないと楽しみにしていた。

ただどうなのでしょう?
TVの影響なのか、昨今の歴女ブーム影響なのか、な~~~んか新撰組がアイドル化されている感じがプンプンしてしまっていた。
ちょっと残念だったなぁ~~~。
佐幕派については5月の会津行でたっぷり楽しむことにしよう!

【草津宿本陣】
今回、ここが一番良かった。
ずいぶん以前に「二川本陣」を訪ねたことがあり、「本陣跡の建物って面白いなぁ」と思って調べたら、ここが国内では最大規模の大きさで残っているとあった。
だから「機会があれば」と思って、今回行ってみた。
確かに大きかった。
座敷は二川本陣と変わらないけれど、台所や庭なども残っていて、これが広い!最後に図面があって、実際に建てられていた本陣の図面と、現在の史跡を比べたら、これでも実際の半分以下の大きさだと知り、さらにびっくり。
大名屋敷も想像を絶する大きさだけれど、本陣だけでも、こんなに大きいのかと改めて感心してしまった。

さらにこの「草津宿」は東海道と中山道の分岐する宿場町。
今は、少し寂れたアーケード商店街だったけれど、分岐点には灯篭があって、ちょっとだけタイムトリップした気分で眺めてきた。

そこから信楽・甲賀を越えて名張の日帰り温泉に寄って帰宅。
さすがに、次の日はグッタリでした。
昔は、京都日帰りなんて平気だったけれど、ちょっと無理が効かなくなってきた・・・・・。
でも、5月の会津行の、良い前哨戦でした。

|

« 大和言葉が気になる | トップページ | 限界を超えているのかも »

コメント

コメントありがとうございます、楽美さん。

確かに、どんなきっかけにしろ歴史に、特に江戸時代に興味を持ってもらえるのは良いことかもしれません。
今は、お寺に行ってもお城に行っても、若い子多いですから。
これはこれで、嬉しいことです。

草津本陣。京都からちょっと距離ありますが、
もしも旅行などで来られたら、足を延ばしてみてください。
多分、お気に入りです。

楽美さんは江戸が近いから羨ましいですが、
私は京都に日帰りで行ける距離に、感謝しないといけないですね?

投稿: nobulog | 2015年3月 3日 (火) 20時36分

こんにちは。
日帰りだったのですね。お疲れ様でした。

新選組アイドル視の大元は我々の世代です(>_<)
史料が少ない分、妄想が爆走。
派手なコスプレのファンを見ると、引いてしまうけど、
きっかけはなんでも、次世代に語り伝える人が少しでも増えればと思っています。

草津の本陣、見てみたいです。
台所も見れるなんて、すごく気になります。
二条城の近くにも陣屋がありましたよね。これも見たいなぁ。

投稿: 楽美 | 2015年3月 3日 (火) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大和言葉が気になる | トップページ | 限界を超えているのかも »