« 北野天満宮、壬生寺、草津宿本陣 | トップページ | 介護問題は別次元で議論しないと »

2015年3月 9日 (月)

限界を超えているのかも

テレビでニュースを見ている。Rozimondai
一連のニュースが終わると、アナウンサーが
「テロップの文字が間違っていました。」とか
「不適切な表示がありました。」など
お詫びコメントを言うシーンを良く見る。

私は印刷会社に勤めているが、その影響なのか「ミス」ということにとても敏感だ。
特に会議に出ていて「ミス発生」の報告を聞くとがっかりする。
企画とか制作とか、すごく前段階から関わっていて、その苦労が最後のステップで「ミス発生」となることが最近の多いのが気になる。

そんな状態で最初に挙げた「テレビのお詫びコメント」を聞くと、「どうして、こんなにアチラコチラでミスが発生するのだろう?」と思う。

例えば、いろんな製品や商品のトラブルや異物混入。これなんかは、ネット時代になって、あっという間に情報が拡散するから、最近になって、すごく増えた気がするだけだと思う。

それでも……だ。
最近は、ケアレスミスが大きく拡大することが多い気がする。
それって、「行き過ぎたコストダウン」とか「行き過ぎた効率化」の影響ってことはないのだろうか?

年末にある雑誌で読んだのだが、「年末年始は、宅急便が届かない」ことが頻発するという記事があった。
実際に、昨年3月に東京に戻ることになった部下は、約束の日に引っ越しの荷物が届かなかったらしい。

それに、ウチの会社でも年度末になると契約している物流会社から「期日・時間指定は受けられません」と言われたりしているようだ。

そんな感じで、今、ロジスティクスは限界点に来ていると、年末読んだ雑誌に書いてあった。
原因は、行き過ぎた利便性。
1品でも期日指定で配達するというサービスが急激に増加し、配達するトラックやドライバーが補充できていないのだそうだ。

私も、1人暮らしなので、ネット通販を依頼すると「期日指定」する。
他社に勝つために、始めたサービスなのだが企業側の予想をはるかに超えて依頼する顧客が増えていることが原因らしい。

これも、原因は「行き過ぎたサービス」なのかもしれない。
最近のニュースや企業の「お詫びコメント」を聞くたびに、「もうコストや効率やサービスなどは、限界点に来ているんじゃないだろうか?」と思うのである。

|

« 北野天満宮、壬生寺、草津宿本陣 | トップページ | 介護問題は別次元で議論しないと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北野天満宮、壬生寺、草津宿本陣 | トップページ | 介護問題は別次元で議論しないと »