« 小学校の頃に教えられたこと~ブルーハーツ「青空」から | トップページ | やる人、集める人 »

2014年10月14日 (火)

台風の恐ろしさを知らない

今年に限らないが、近年自然災害が増えている。
先日の「御嶽山噴火」は、地理的に近いこともあり、さらに多くの被害者が出たことで改めて「自然の力」を感じさせられている。
他にも、今年は土石流や土砂災害で、多くのそして幼い命が犠牲になっている。年齢のせいなのか、高校生以下の子供たちが、こういう災害で命を落とすニュースを見聞きすると、どうも胸がいっぱいになる。
Taihu
最近、台風で言われるのは「温暖化の影響で海水温が高く、非常に強い勢力のまま日本に上陸」ということだ。
先週や今週と九州から関東に向けて続けて上陸した台風も「非常に強い勢力」のままやってきた。
公共交通機関が混乱したり、一部の地域では被害が出たが、例えば伊勢湾台風のような物凄く大きな被害は出なくなった。

私は2歳の時に伊勢湾台風が来ているが、当然何も記憶がない。
ただ、私の両親はとても怖かったのだろう。
小さい頃、台風が来るとニュースで言われると、枕元に懐中電灯を持たされ、すごく用心をしていたことを思い出す。

伊勢湾台風の被害により、富士山レーダーを設置し、今は気象衛星などのおかげで、発生時から台風は監視でき、かなりの確率で予報し、そして備えることができるようになった。

だから、ニュースで「非常に大きな台風が」と言われても、どこかで「大丈夫じゃない?」と思っていたりして、普通に出勤したり行楽に出かけようとする。
実際、先日の台風の時も、私は普通に出勤した。
でも、御嶽山の噴火で「やっぱり自然の力の前では人間は無力」を思い知らされたばかり。
私の年齢ですら、すでに台風の本当の怖さを分かっていないのだ。
そのうちにとんでもないしっぺ返しを台風からもらうかもしれない。

台風の最中、出勤しながら、そんなことを思った。

|

« 小学校の頃に教えられたこと~ブルーハーツ「青空」から | トップページ | やる人、集める人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小学校の頃に教えられたこと~ブルーハーツ「青空」から | トップページ | やる人、集める人 »