« やる人、集める人 | トップページ | 50代の覚悟 »

2014年10月27日 (月)

デジタルのゴミ

今、仕事やプライベートでPCとかスマホとかネットとか携帯とか、デジタルデータに接触しない日はない。

こういう暮らしを過ごすようになって、どれくらい経っているのか分からないが、いつの頃からか思うことがある。Gomi

例えば「迷惑メール」
今はWEBからアクセスして、自分に来ているメールがチェックできる。
その時に、迷惑メールフィルタに引っかかっているメール群も見られるが、その数がスゴイ。
何もせずにしておけば、1日で200件以上になることもある。
このフィルタに掛かったデータは、ある件数以上になったり、ある日程が経過したら、自動的に削除されていく。
だから、まぁいいかぁと思える。

次にホームページ。
今は、あまり見られないが、ホームページ制作の創成期には、個人で作る人がすごく多かった。
企業のHPも「社員のちょっとできる人」がお試しで作る時代で、ずいぶん稚拙なものが多く見受けられた時代がある。
その多くは削除されたり、新しく作り直されたりしているが、ごくたまにその頃のデータに出会うことがある。

これからデータは通常、リンクからのアクセスでは出会わない。
私自身が一番多く出会うのは、検索している時だ。
複数ワードで検索すると、たまにものすごく古いデータにヒットする。
「これって、誰も何も処理せずに、ずっとwwwの世界に置きっぱなしなんだろうか?」と思う。
ブログなんかも同じだ。

私もこのブログは長くやっている。
検索すると数年前の古いデータに出会うが、これだって「旬の話」の場合、何の役にも立たないデータになっていたりするし、ずっと更新もされず削除もされないものも、同じような部類になる。

こんなことは、WEBやメールの世界じゃなくても、会社や自分のPCでも起こる。
「無くなったりデータが壊れたりした時のために」
とサーバーやHDにバックアップを保存するが、たまに整理すると「何のために保存しているんだろう?」というデータが多くある。
肝心の欲しいデータが無くて、どうでも良いデータがあちこちに散らばっているなんてことが、本当に良く起きる。

まぁ、このデジタルの世界は、メディアを増やせば、その領域は無限に広がる世界だから現実社会のように「ゴミでいっぱいになる」と心配することはないのだろうが、迷惑メールや使われて無さそうなWEB、そして数年間更新もされていないブログに出会うたびに
「これはデジタルのゴミなんだろうか」
と思わずにはいられない。

FacebookやTwitter、それにLINEなどデジタルツールがどんどん増えているが、「デジタルのゴミ」もこれからもっともっと加速度を増して増えていくんだろう。

|

« やる人、集める人 | トップページ | 50代の覚悟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やる人、集める人 | トップページ | 50代の覚悟 »