« 経験値とハードル | トップページ | 小学校の頃に教えられたこと~ブルーハーツ「青空」から »

2014年9月29日 (月)

営業は何をやるのか?

アベノミクスで、ちょっと良くなったのかなぁと期待したら、消費税アップの反動で低迷。
なかなか日本の景気は上昇気流に乗れない。Ngeigyo

だいたい良くなる時も、大企業から順で、ウチの会社の規模の順番が来る前に低迷してしまったから、まったく良くない。
さらに言えば、印刷関連業界自体も斜陽産業になっており、このダブルパンチで、ここ数年業績は本当に良くない。

だから、トップは「新規開拓しろ!」と言い、そのために「新規会議」なるものが開かれる。
「会議やって売上上がるなら苦労しない」とよく聞くセリフだが、ウチの会社は会議ばっかり増やしている。

ま、それはどこでもある話だが、「新規開拓出来ないのは、営業の業務が多忙だから」と誰が言いだしたか、そんなことになり「他部署で代行できる業務をピックアップしてくれ」となった。

そこで営業が言ってくることに驚いた。
「夕方に100通りくらいの見積りが集中する時があるから、やってほしい」
「ノベルティ提案の物品をピックアップしてほしい」

へっ?
見積りをやって欲しい?
ノベルティの品物を探してほしい?

見積りって営業が作るんじゃないの?
ノベルティ提案も顧客のニーズを聞いてくるのは営業じゃないの?

聞いていて怒れてきたので、つい言ってしまった。
「社員一人辺りの経費は60万円くらい掛かるのだけれど、その分利益を確実に増やせるの?」
「見積りを他人にやってもらい、ノベルティ選別も他人にやってもらう。じゃあ、営業はなにするの?」

結局は、「出来ない理由」を言っているだけなのである。
後日、常務から「誤解している営業がいる」という発言があったが、あんなことをオフィシャルの場で発言する営業の感覚じゃあ、新規開拓なんて絶対無理な気がしてきた。

|

« 経験値とハードル | トップページ | 小学校の頃に教えられたこと~ブルーハーツ「青空」から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経験値とハードル | トップページ | 小学校の頃に教えられたこと~ブルーハーツ「青空」から »