« カラータグ | トップページ | 営業は何をやるのか? »

2014年9月22日 (月)

経験値とハードル

会社のお客さんに専門学校がある。
デザインをやっていた頃には、その学校案内パンフレットの制作を、その後は社会人コースの講師を・・・と何だか縁のある学校だが、今回もまた「産学連携授業」に対する協力要請があって実施した。Keikenti

4回ばかり授業を行ったが、これは今まで大学など他校で実施した内容を元にカスタマイズした。
その後、「学校のカリキュラム内容に対する意見交換会」があり、それにも企業側スタッフと言うことで参加してきた。

カリキュラムの内容そのものは、専門である学校側が作っており、それをどうこう意見することはなかったが、私ともう1人、フリーのクリエイターが口を揃えて言ったのは
「カリキュラム同士の関連性や、社会に出た時にどう関係するか?」
を生徒に伝えるべきだということだった。

どうしても生徒は「授業」「課題」と単独で取り組むが、仕事はそうじゃない。複雑にイロイロ絡み合って制作するわけで、その辺りを生徒のうちに感じておいて欲しいと思ったからだ。

その後、学校側から最近の生徒の傾向が話されたが、それはやはり社員の若手に見られる傾向と似ていた。
ひと言でいえば「新しいことや知らないことを、すごく怖がる」ということ。

インターンシップや就職活動など、ものすごく臆病で、本当に学校側が一生懸命背中を押さないと動かないと言っていた。
これは仕事でも同じ。

「やったことありません」
「教えてもらっていません」
「知りません」

社会人になって数年たつ20代の子たちがよく言う言葉だ。

・・・・と偉そうに言っている私だが、実は私自身も若い時は、とても臆病ものだった。もし、今みたいな気持ちがあれば、東京に出ていたかもしれないなぁと思うことがあるくらいだ。

きっと人間は経験を積むと、その分、目の前のハードルが低く感じるようになるのだろう。
だからこそ、学生のうちにイロイロ経験させてあげてほしいと、意見はまとまったが、逆の目線で言えば「今の子は、失敗した時のダメージに、どれだけ弱いんだろう?」と感じることになる。

ま、それも50代後半になり、「なんとかなるんじゃない?」と思えるようになったから、こんな偉そうなことが言えるんだろうけれど。

|

« カラータグ | トップページ | 営業は何をやるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラータグ | トップページ | 営業は何をやるのか? »