« 「平和」を考える | トップページ | しとしと雨、そぼ降る雨の今は昔 »

2014年9月 1日 (月)

一人暮らしのマンション珍騒動

長く生きていると、いろいろなことを体験する。
嬉しいこと、悲しいこと、困ったこと、笑ったこと・・・・いろんなことがあるけれど、今回は、結果として大笑いで済んだ珍騒動に出くわした。

Tinsodo私の住んでいるのは、分譲マンションで1フロアに3戸で、私は角部屋。南北に部屋があり、窓を開けると部屋全体に風が通る。
が、真ん中の部屋に居住する人は、風が通せないので、エアコンなどを嫌う人はチェーンを付けて玄関ドアを少し開けておく。
私の隣人は、気さくな人で、私より少し年上だが、男性の一人暮らしだ。

ある日、同じマンションに住む人が、私の部屋にやってきて
「隣の人、ドアが少し開けられているけれど、呼んでもチャイムを押しても出ない」
と言ってきた。
昼に民生委員が訪問した時も、同様でそれでその人に様子を訪ねたらしい。

私の部屋のベランダから隣を覗くと、部屋の灯りが点いている。
だから居るのだろうなと思えるが、チャイムを押しても呼びかけても反応がない。
それ以上は何もできず、一応寝る前にもう一度ベランダから覗くと灯りが消えていたので「なんだ、ちゃんと居るんだ」と思い、寝てしまった。

で、翌日。
会社から帰ってくると、マンション前にパトカーが停まっている。
部屋の階まで上がっていくと、民生委員、警官、管理会社など多くの人が集まって大騒ぎ。

警官に昨夜の話を告げ、「何か起きているといけないから」とドアチェーンを切る話になったが、分譲マンションの場合、部屋内は個人所有のため、そこにいる人たちの承諾では出来ないとのこと。
やむを得ず、隣人の血縁者に警察を通して連絡することになり、どんどん話は大騒ぎになっていく。
この騒ぎに、他の階の住民も様子を見に来て、ますます騒ぎは大きくなる。

で、いよいよチェーンを切ろうと警察官がチェーンカッターを持ってきた時。
「なにがあったの?」と突然、その部屋から隣人が出てきた。
みんなが「何していたの?」「散々呼んだのに」と言うと
「いや、近所迷惑なら無いように、イヤホンでテレビ見てたから、全く聞こえなかった・・・」とのこと。

それで、取りあえず一同安心して、解散。
警察だけが事情聴取で話を聞き、その後、警官が「ありがとうございました」と挨拶に来た。

警察官は「今日の昼も孤独死があって、その遺体確認があった」と話し、「でもこうして隣近所が騒ぐのはありがたいことなんです」とのこと。
私も隣の人に「もう少し物音たてて、少し迷惑かけるくらいで生活してよ」と言ったが、私自身も一人暮らし。
「生きているよ~~」とメッセージを発信しないといけないなぁと変な感想を持った。

ちなみに、古くからの友人である揚巻さんは、このブログを見て私の生存を確認しているようである。

|

« 「平和」を考える | トップページ | しとしと雨、そぼ降る雨の今は昔 »

コメント

まぁ、揚巻さんはもう還暦超えているので、それなりになっていいんじゃない?兄貴も還暦超えたし、俺たちももうすぐだから、それなりに爺と婆になっていくんだよ。
そんな年齢になっても、お互いイロイロあるようで。
取りあえず生きている証としてブログは続けてます。

投稿: nobulog | 2014年9月 8日 (月) 18時01分

笑える事件で良かった。
そう、ここで安否確認しています(*^-^)
今年はしんどいことが多くて、一気に髪がしろばんばになったあちきです( ̄○ ̄;)!

投稿: 揚巻 | 2014年9月 8日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平和」を考える | トップページ | しとしと雨、そぼ降る雨の今は昔 »