« 深川澪通り木戸番小屋 | トップページ | 品質や待遇とコスト »

2014年8月11日 (月)

雪紫~ふたたび

今から4年近く前に出かけた「露天風呂付客室の旅~雪紫」 に再び行ってきた。Okuhodakaonsen_2

日帰り温泉はリーズナブルなので、気に入った施設は何度もリピートするが、泊まりの、しかも温泉付き客室となると、なかなかリピートは出来ない。
今までに数か所行ったが、この「雪紫」は初めてのリピートだった。
4年近く前に来た時に、とても気に入ったので「VIP会員」として登録しておいたのだが、今回はそれを使って、ちょっとだけリーズナブルに予約した。

出かけたのは、学校が夏休みに入った7月3連休の初日。
渋滞覚悟で出かけたが、天候が不安定の予報もあり、あまり大きな渋滞はなく助かった。
ただ、天候の不安定は2日間とも続き、途中の高山や帰りの高速では前が見えないほどの雷雨になった。

さて、VIP会員ということもあってフロントでは、帳票記入もなく部屋鍵を渡されただけ。ある意味ほったらかしだったけれど、変に挨拶や施設案内されるよりは気楽だった。

でも4年近く前に来た時よりも、結構改善されていた。
1つは浴衣が2セットあったこと。夕飯時に飛騨牛炭火焼があって、その匂いが付いてしまった記憶があるが、そこを改善したのかな?
そして、もう1つはその炭火焼。
以前はもうもうと煙が出たけれど、今回は鉄板を置くことでほとんど煙が出ない。部屋に戻って浴衣をくんくんすると、少しだけ匂う程度だった。
他にも、これは「源泉かけ流しの部屋風呂」だから仕方ないけれど、前回は熱湯風呂のようになっていたのが、「ちょっと熱め」程度だったことも良かった。

翌日は、白川郷へ。
白川郷は同じ岐阜県でも、格別に山奥。だから今まで行ったことがなかったけれど、せっかくなので寄ってみた。
駐車場は満杯だし、シャトルバスでの乗り入れと、すっかり観光地化となり、歩いてみても「何だかテーマパークみたい」という感じで、似たようなお土産売り場ばかりだった。

そのまま高速に乗って帰ってきたが、天気は相変わらず不安定。でも、おかげで虹が見えたりした。
1回だけ合流渋滞にあったけれど、それ以外は順調に行って来られた。
初めての温泉付き客室施設のリピートだったが、改善された点も多く、また行ってみようと思える施設だった。

|

« 深川澪通り木戸番小屋 | トップページ | 品質や待遇とコスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 深川澪通り木戸番小屋 | トップページ | 品質や待遇とコスト »