« 古きに学ぶ責任論 | トップページ | 芸能人、そこまでしなくちゃいけないのか? »

2014年3月24日 (月)

ネットとテレビ番組の関係

こんなことを考えるのは、私だけなのだろうか?
それとも広告とかデザインとかの仕事を長くやっている影響だろうか?Netotv

年を取ってから知り合い、私の仕事とは無関係の業種にいる人と「あのCMは、こう仕掛けがあるよね?」なんて話をすると「そんなこと考えて、見たことない」と言われたことがある。
だからこれは、ある種の職業病なのかもしれない。
「雑誌やテレビって、必ず仕掛け屋がいるんですよ」
いつもそう思ってマスメディアを眺めている。

そんな私は、ここ1年位とても気になることがある。
概ねそれはバラエティ番組で起こる。
「○○が放送中に結婚を告白」
「××が番組で離婚を暴露」
「△△が番組の中でプロポーズ」

など、例えばYahoo!の見出しに踊っていることをよく見かける。

これが生番組やライブ中の本当に「えっ!」と思うようなサプライズだったら、何とも思わない。
でも、それらの番組ってほとんど事前に録画され、そして編集されて放送されているものだ。

だから、一般視聴者は知らなくても、番組関係者や観覧者はその場面に出くわしているわけで、すでに周知の事実になっているはずだ。
もちろん、番組の編成上「箝口令」が出ているから、漏れないようにしているんだろうけれど、それが放送された時に、内容とともにネットに載ってくるが、とても気になる。

ネットの最大の特性は「即時性」である。
でも、何日か何週間か前に録画されたものが、初めて一般に流れたとしても、そのソースが本当に「即時性」があると言えるんだろうか?

数年前に北朝鮮が突然ミサイルを連続的に発射した時に、ネットは生放送のテレビ発信の情報をなぞっているだけだった。
そんなことを見ているとネットの「即時性」は、その体制が整っていないために、ちゃんと活かされておらず、結局マスメディアの演出の道具として成立しているだけのような気がする。

かなり捻くれた目線だけれど、最近気になって仕方がない現象の1つである。

|

« 古きに学ぶ責任論 | トップページ | 芸能人、そこまでしなくちゃいけないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古きに学ぶ責任論 | トップページ | 芸能人、そこまでしなくちゃいけないのか? »