« TV番組2つ | トップページ | 電動歯ブラシの威力 »

2013年6月24日 (月)

久しぶりの司馬遼太郎で

前回、少し書いたけれど「八重の桜」の影響で、会津目線の幕末小説を探した。
ネットで調べると、意外に少なく司馬遼太郎の「王城の護衛者」がヒットした。

司馬遼太郎は、このブログでもしばしば登場するが、若い時から好きで、結構読んでいたが、この作品は短編と言うこともあってか、読んでいなかった。

Oujo「八重の桜」のイメージを持ったまま読んだ影響もあるだろう。
容保を中心に描かれているのは良いけれど、かなり「あっさり」した感じだった。
そこで思いだしたのが、今から7年前にこのブログに書いた(「平岩弓枝さんの本」)、佐高信が書いた「司馬遼太郎と藤沢周平~『歴史と人間』をどう読むか」のことだ。

この本の内容や感想は、いろいろあるが私の感覚に一番近い感想が「佐高信「司馬遼太郎と藤沢周平」を読んでみた」に書かれているが、とにかくこの本がきっかけで今の「時代小説の愛読」という趣味が生まれたのも事実だ。

この本に書かれていることで覚えていたのは
「司馬遼太郎=ビルの上から俯瞰でモノを書いているから、庶民感覚が伝わらない」
「藤沢周平=市井に生きる人々を丁寧に描き、時代の空気を感じさせる」

だった。

たしかに藤沢周平から始まった最近私の読む「江戸時代小説」は、藤沢周平的なものが多く、それにどっぷり浸かっていることを至福と感じている。
そして「八重の桜」も当然、ドラマなのだからフィクションも含めて、人にフィーチャーしながら進行している。

そんな感覚を持ったまま「王城の護衛者」を読み、そして久しぶりの司馬小説を読んだ時に
「今、自分が感じたいことは、こういうことじゃないんだよなぁ」
と思ってしまった。

司馬遼太郎が、佐高氏の評するように「庶民感覚が伝わらない」小説家かと言えば、ちょっと違うと思っている。
だって「竜馬がゆく」に出てくる土佐郷士の苦しみと悲しみは、ずいぶん伝わったし、あの感情を理解せずに土佐藩のことは見えないと司馬さん本人も言っている。

じゃ、なぜ「王城の護衛者」には、会津藩の、容保の無念さはあまり表現されていないんだろう?
司馬さんは書いている。
「容保の記録はあまり多く残っていない」
やはり敗者の記録は残されないのが歴史の常なのだろうか?

会津戦争で亡くなった骸を、新政府は埋葬することを禁じたという悲しい出来事を、私はつい最近知った。
司馬さんは「歴史を振り返るには、時期がある。感情や悲しみが浄化されてカラカラに乾燥してからでないと、歴史の真実は見えない」というようなことを述べている。

「王城の護衛者」を書かれた時には、まだまだ会津の悲しみは終わっていなかったから詳細には書かなかったのだろうか?
いずれにしても、もう少し会津目線の幕末小説を読んでみたいものである。

|

« TV番組2つ | トップページ | 電動歯ブラシの威力 »

コメント

いえいえ、そうかなぁ〜と思ってましたよ。

投稿: nobulog | 2013年6月28日 (金) 06時35分

ごめんなさい、名前の書き込みを忘れてしまいました。

投稿: 楽美 | 2013年6月28日 (金) 04時24分

コメントありがとうございます。
(名前が記載されていませんので、どなたか分かりませんが・・・・)

司馬遼太郎は20~30代に最も読んだ作家だったので、その時の昂揚感とのギャップがあったと思います。
それと「八重の桜」は、おっしゃるように「容保!ファイト!!」感が強いので、それとのギャップもあったかもしれません。

「王城の護衛者」を読んだ感じとしては、司馬さんは「政治や調略に愚直なまで鈍感で、古い仕来りや門閥にがんじがらめになり、本来の武士の持っている『矜持』のみが純粋培養された会津藩」がとても愛おしかったのではないでしょうか?
こういう好意的な書き方ではありませんでしたが、とにかく会津藩が政治的無能であったと、書かれていました。

投稿: nobulog | 2013年6月27日 (木) 08時05分

こんにちは。
「八重の桜」で、容保公頑張れ!の私にとっては
最後のほうに出てきた漢詩は
めちゃくちゃ悲しかった。
そういえばクールな筆致ですよねぇ。
司馬さんにとっては共感できる人物じゃなかったのかなぁ。

「八重の桜」番宣の動画で
「なにから書きはじめていいかわからないほどに、この藩についての思いが、私の中で濃い」と
「街道を行く」の一節が紹介されてました。
どう濃く感じたのかと気になってます。
探して読んでみようと思います。

早乙女貢の「会津士魂」。すごい会津藩贔屓です。
新選組登場の箇所だけ、拾い読み(^-^;
長いのですよね、読み切るには気合いがいるかも。

投稿: | 2013年6月27日 (木) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TV番組2つ | トップページ | 電動歯ブラシの威力 »