« なつかしのアニメソング 番外編1 怪傑ハリマオ | トップページ | Favorites ホンダCM「負けるもんか。」 »

2012年10月29日 (月)

なつかしのアニメソング 番外2 その他ドラマいろいろ

Bangai08思わず長いシリーズになってしまったが、一旦これで終わるつもりだ。
これも番外編だ。
ということはアニメではない。

今回の懐かしソング収集中に「これは取っておきたい」と思ったドラマテーマ音楽がいくつかあった。

「コンバット」
今から考えると「米軍=正義、ドイツ軍=極悪非道」と言う感じで、これが戦争中だったら「国威発揚」ドラマに間違いない。
どうも私たち昭和20年後半から30年代に生まれた世代は、完全にアメリカの「日本人再教育プログラム」の中で育てられているようで、つい最近まで「あの巨大なアメリカに、弱小日本が立ち向かった愚かな戦争感」を植え付けられていた気がする。
大きなテレビや冷蔵庫のある広い家に住むアメリカ人のドラマが数多く放映されていたのも、その一環だろうし、給食がパンだったのもアメリカ戦略だったと最近知った。

それはさておいて、この「コンバット」は、まだ生々しい戦争の記憶がある時代だったせいか、結構リアルなドラマだった気がする。
ただ、これも幼かった私としては記憶が定かじゃないが、とにかくオープニングテーマは、とても鮮明に覚えている。

「七人の刑事」
これも今から考えれば、黒澤映画の「七人の侍」の影響のドラマなんだろうが、実に重々しい男性ハミングのテーマだ。
小学校だった私は、このテーマがテレビから流れると「大人のドラマだ」と感じた気がする。
まだまだ当時は「こどもの世界」「大人の世界」がちゃんと分かれていて、それがテーマ音楽にも反映されていたのだろうか?

「ザ・ガードマン」
最後がこれ。宇津井健率いるガードマン集団の活躍のドラマだが、これも今考えると「たかが民間ガードマンが・・・」と思える。
当時一大ブームになっていた「エレキギター(古いなこの言い方)」を全面に出したテーマ音楽はとても印象深い。
このドラマ、夏になると『怪談話』を放映していて、とても怖かった記憶がある。

と、こんな感じで、取り上げてきた懐かしテーマソングたちだが、また思い出したら載せてみるので、それまでお楽しみに。

|

« なつかしのアニメソング 番外編1 怪傑ハリマオ | トップページ | Favorites ホンダCM「負けるもんか。」 »

コメント

このシリーズ、なかなか良いでしょ?
前回も書いたけれど、実はこのシリーズからスピンアウトして、他にもいろいろ取り上げるから、楽しみにしててください。

「うちのママ」は、残念ながら記憶にない。
「ジョニーエンジェル」は名曲なので知っているけれど、ドラマは・・・。
たまたまウチで見ていなかったのか、これが揚巻さんとの年齢差なのか?

投稿: nobulog | 2012年10月31日 (水) 15時40分

コンバットはオープニングのナレーションを暗記してしまうほどインパクト強かったな。
父がコンバット好きで、毎週欠かさず見ていました。
その影響で見ていたんだけど
「ヒューマンドラマ」だったような?
確かにどれも、記憶に深く残るテーマソングですね〜

多分同じ時期、アメリカのホームドラマ
「うちのママは世界一」だっけ???の中で
娘さんが歌った「ジョニーエンジェル」は
今でもモノクロの映像と歌をそのまま記憶している私でした。

投稿: 揚巻 | 2012年10月31日 (水) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なつかしのアニメソング 番外編1 怪傑ハリマオ | トップページ | Favorites ホンダCM「負けるもんか。」 »